『仮面ライダーセイバー』全貌が明らかに! ビジュアルは?物語は?キャストは?主題歌は?


●ライダー最新作はファンタジー活劇

2020年9月6日よりテレビ朝日系全国ネットで放送を開始する新番組『仮面ライダーセイバー』の制作発表会見が7月29日、都内「EX THEATER ROPPONGI」で行われ、ヒーローキャラクターやメインキャスト、基本設定などが明かされた。

元号が「令和」になって2作目となる「仮面ライダー」シリーズの本作は、現実世界を飛び越えた"異世界"=ワンダーワールドを戦いの舞台とする「ファンタジー活劇」風味の強い作品であるという。ヒーローのモチーフには「剣」と「本」が採用され、変身ベルト=「聖剣ソードライバー」に数種類の「ワンダーライドブック」をセットすることにより、仮面ライダーに変身を完了する。

発表会見では"年間を通じて10名以上の仮面ライダーが登場する"とアナウンスされており、日本の抜刀術や、フェンシングのような西洋剣術、そして中国武術など、さまざまな種類の"剣"をモチーフとした個性的な仮面ライダーが敵と味方に分かれ、互いに"剣術"を駆使して争いを繰り広げるストーリーが示唆された。

現実世界を飛び越えて"異世界"で戦う仮面ライダーという設定からは、鏡の中の世界=ミラーワールドで仮面ライダー同士が最後の一人になるまで潰し合う『仮面ライダー龍騎』(2002年)や、魔力の強い人間の精神世界=アンダーワールドに飛び込んで怪物ファントムを倒す『仮面ライダーウィザード』(2012年)を想起させる。

また、複数の「仮面ライダー」たちがそれぞれの目的や信念をぶつけあい、激しく争うことでストーリーが転がっていく"キャラクター群像ドラマ"は、『仮面ライダーアギト』(2001年)や『仮面ライダー鎧武』(2013年)、『仮面ライダーエグゼイド』(2016年)を例にあげるまでもなく、これまでの仮面ライダーシリーズが培ってきた"持ち味"といえる。

本作『仮面ライダーセイバー』では、これまでにない異世界="ワンダーワールド"の様子がどのような映像テクニックで表現されるのか、その中で複数の仮面ライダーがいかに魅力的な"群像ドラマ"を見せるのか、大いに注目されている。

会見冒頭では、ヒーロー「仮面ライダーセイバー」と、敵対する「仮面ライダーカリバー」による大迫力のバトルパフォーマンスと、3分37秒の番組プロモーション映像が流され、本作の主要キャラクターや作品世界の全容が伝えられた。

はるか昔より、森羅万象を司ってきた1冊の書物。それには、神話、物語、生物、科学技術の源など、ありとあらゆるものが刻まれ、この知識と力によって人類は進化し、文明が発展してきた。本は"聖剣"と"選ばれし剣士"によって守られ、世界の均衡は保たれていた。しかし数千年前、その書物を奪おうとする輩が現れ、本は世界に散らばって消失。その戦いは現代まで密かに続いていた……。

●新仮面ライダーキャストの思い

ステージには、主演を務める内藤秀一郎ほか、本作のメインキャスト陣が現れ、作品にかける意気込みやこれからの抱負を熱っぽく語った。

本作の主人公・神山飛羽真(かみやま・とうま)/仮面ライダーセイバーを演じる内藤秀一郎は「神山飛羽真は小説家で、本に対して人一倍強い思いを抱いています。そして飛羽真は、誰よりも約束を大事にする男です。劇中でたくさんの人と約束を交わすのですが、その約束を守ることができるのか、守ることができない約束もあるのか……。そういった点にも注目しながら見ていただけたらなと思います」と緊張気味ながら堂々とした姿勢で挨拶を行った。

神山飛羽真は小説家であると同時に、「ファンタジック本屋かみやま」の店主でもあり、本のことを語り出したら止まらない人物。ひょうひょうとしているが熱い一面もあり、相手を否定せずすべてを肯定する優しい性格の持ち主だという。

飛羽真役に決まったと知らされたとき、感激のあまり頭が真っ白になり、ただ涙をこぼしていたと語る内藤は「20歳からお芝居をはじめて、マネージャーには『いつか花を咲かせるために、ずっと芝居を続けます!』と言っていましたが、今回『秀、やっと花が咲いたね』と言われたときは、本当にうれしかったです」と、改めて主役に決定したときのことを噛みしめ、感動を新たにしていた。

また「『仮面ライダーセイバー』では、街が異世界に飛ばされて、今まで当たり前だった生活ができなくなってしまうんです。それって今の世界とちょっと似ているような気がして……。だからこそ、視聴者のみなさんに元気や希望を持ってもらえるような作品にしていきたい」と、世界規模で"コロナ禍"の真っ只中にある現在の状況を見つめつつ、仮面ライダーセイバーの活躍を通じて子どもたちを励ましていきたいと抱負を語った。

飛羽真の役作りとしては「僕は今までアプリを使って日記を書いていたのですが、小説家の役なので万年筆を買いました。ノートでは味気ないので原稿用紙も買って、毎日少しずつ日記を書いています」と、シリーズ史上初となる「小説家の仮面ライダー」役に意欲を燃やしていた。

はるか昔から、人知れず世界の均衡を守ってきた組織「ソードオブロゴス」に属する"水の剣士"=新堂倫太郎(しんどう・りんたろう)/仮面ライダーブレイズ役・山口貴也は「倫太郎は組織の中で育った人間。戦士たちにもまれて、戦術や剣術には長けているのですが、実は現実世界のことを本でしか読んだことがないという設定です。飛羽真や芽依との掛け合いを1年間、楽しんでいただけたらうれしいかなと思います」と、自らのキャラクター設定を明かし、さわやかに意気込みを語った。

役が決まった時のことを回想した山口は「一緒にオーディションを受けていた仲間やこれまでの歴代ライダーの先輩たちの思いを受け継ぐという、すごく大きな責任も感じました。最初は覚悟が決められず、自分でもビビっていたのですが、胸を張ってやらせていただこうと思います」と、役の重さを実感するかのようなコメントを残した。

倫太郎の役作りについては「倫太郎は本を大事に読む役なので、まずは書店に通いました。でも僕自身は本を読むのが苦手だったので、最初はスポーツや料理、車の雑誌を読みました。そのあと小説も読み「本っていろんな知識が詰まっていて楽しいな」と感じられたので、倫太郎に少し近づいてきているのかな……と思っています」と、本作のキーアイテムとなる"本"に親しもうとする姿勢を明かしていた。

本作のヒロインで、飛羽真の担当編集者である須藤芽依(すどう・めい)を演じる川津明日香は「新人の編集者で、SNSや楽しいことにしか興味がない、イマドキな女の子です。さまざまな困難を乗り越えようとする芽衣の力強さと、キャラクターの面白さを見ていただけたらうれしいと思います。1年間よろしくお願いいたします」と明るい笑顔で挨拶を行った。

今年2月に20歳になって、最初に受けたオーディションが『仮面ライダーセイバー』だったという川津は「それなりの覚悟をもって受けたんです。それもあって、マネージャーさんから『受かったよ』って言われたとき、一緒にいた内藤くんの存在を忘れて『やったー!』と叫んでしまいました(笑)。その場では涙が出なかったんですけど、家に帰ってからちょっと泣きました」と、同じ事務所の内藤と共に本作への出演が決まったときの喜びをしみじみ振り返った。

元気いっぱいの芽依を演じるにあたっては「直感で行動するところや、前向きな性格が自分と似ているなって思いました。私はよく"リアクションが大きい"と言われるので、そこは素でできるんじゃないかと思います。でも、芽依は私の何倍も何倍も元気なので……朝から頑張っています(笑)」と、とにかく明るい芽依を演じるために張り切っていることを明かした。

役作りについては「監督やプロデューサーさんから"芽依のキャラクターはフワちゃんみたいな感じ"と言われたので、フワちゃんの動画や出演番組を欠かさず見ています。あと、芽衣はリアクションのとき"顔芸"をするので、鏡に向かってコツコツ表情の練習をしています」と、人気お笑いタレントの超絶ハイテンションを参考にして、コミカルな芽依のキャラクターを演じあげるための努力を語った。

●仮面ライダーセイバー変身ポーズ

ソードオブロゴスに属する"雷の剣士"富加宮賢人(ふかみや・けんと)/仮面ライダーエスパーダ役・青木瞭は「賢人は神山飛羽真の幼なじみなんです。久しぶりに再会を果たした2人が、どんな絡みをしていくのか、楽しみに見ていただきたいです」と自身の役どころを説明し、飛羽真との人間関係に注目してほしいと語った。

また青木は「自分が小さい頃に見ていたヒーロー作品のように、夢や希望を持ってもらいたい。小さな子どもたちにも"今、この状況下でもこれだけのことができるんだ"と感じてもらえるような作品にしたい」と澄んだ目を輝かせながら話して、コロナ禍で不安が続く子どもたちに作品を通じて夢や希望を送りたいという意欲を見せた。

賢人の役作りとしては「以前から仮面ライダーを見てきましたが、役が決まったと聞いて、改めて違う視点から見ることが大事だと思い、過去の作品を見返しています」と、過去の仮面ライダーシリーズを"演じる側"の視点で見つめ直そうとする研究熱心なところをのぞかせた。

ソードオブロゴスの"風の剣士"緋道蓮(あかみち・れん)/仮面ライダー剣斬(けんざん)を演じる富樫慧士は「力強さもあり、才能に満ちあふれた役です。仮面ライダー剣斬と緋道蓮のカッコいい姿をみなさんにお伝えできればと思います!」と、やや緊張しながらもしっかりとした眼差しで真摯に役についての抱負を述べた。

蓮役が決まったときのことをふりかえった富樫は「急にマネージャーから電話がかかってきて、すごく低いトーンで『お茶しよう』って言われたんです。『仮面ライダーのオーディションの合否、どうだったのかな……』と考えながら恐る恐る行くと、『読んでほしいものがある』と渡された紙に『仮面ライダーの出演が決まりました』と書いてあって……あ然としました。すごくうれしかったんですけど言葉が出なくて、涙目になってしまいました」と、マネージャーからのサプライズ発表に感激したことを打ち明けた。

映像作品への出演は本作が初めてという富樫は「ドキドキとワクワクが入り混じっています。これまではテレビでかっこいいヒーローを見ていた側だったのですが、これからは見ている方々に勇気と希望を与える側になったんだな、と改めて思いました」と、本格的なテレビドラマ撮影を体験したときの素直な気持ちを述べていた。

蓮の役作りについては「強さに自信のある役なのですが、逆にその強さが打ち砕かれたとき、どんな表情をするのか、どんな行動をするのか……について考えています。そして、本作の仮面ライダーの中で唯一の"二刀流"ですので、利き腕ではない方も違和感なく使って演じられるよう意識しながら日々過ごしています」と、内面の演技や剣技をうまくこなせるよう意識していると話した。

ソードオブロゴスで"聖剣"と"ワンダーライドブック"のメンテナンスを行う大秦寺哲雄(だいしんじ・てつお)を演じる岡宏明は「ライダーたちが使う武器やベルトを整備する、いわば"鍛冶師"のような仕事をしている男です。性格はひょうひょうとしていて、つかみどころがない。ただ、武器に対する愛は誰にも負けない、熱いハートを持っている。そんな男です。ぜひお楽しみに」と、落ち着いた口調で自身の役どころを説明した。

子どものころから大の仮面ライダーファンだと豪語する岡は「仮面ライダーシリーズはぜんぶ好きなのですが、その中でも僕が中学生時代に観ていた『仮面ライダーオーズ/OOO』が大好きなんです。『オーズ』のテーマは"欲望"で、とても深みのあるドラマが繰り広げられていました。中学生ぐらいになると、仮面ライダーと怪人のアクションだけでなく、作品が伝えようとしているストーリーの"深さ"をちゃんと理解できるようになるので、子どものころとはまた楽しみ方が変わってくる。子どもはヒーローのアクションを楽しめて、大人はストーリーに入りこんで、ちょっと考えさせられる。それが『仮面ライダーシリーズ』の魅力だと思います」と、幅広い世代にアピールすることのできる仮面ライダーシリーズの醍醐味について熱く語った。

さらには「"三つ子の魂百まで"といいますが、僕もまさにそれ。飽きもせずに大人になった今でも仮面ライダーが大好きです(笑)。大人のための変身ベルト、CSM(COMPLETE SELECTION MODIFICATION)というシリーズがあるのですが、完全受注生産で、お値段も"大人向け"なので手を出すのにもちょっと迷ってしまって、しかも予約の時間がとても短くて、迷っている間に『ああ、予約終わっちゃった』という……雲の上の存在のようなベルトなんです。そんな僕なので、今回の哲雄は変身アイテムをいじれるという、僕にピッタリな役だと思っています。哲雄は変身しない役なんですが、もしかして自分でこっそり変身アイテムを作って家の台所で変身しているんじゃないか……なんて"妄想"をしているんです」と、かなり強めの仮面ライダー愛を披露し、共演者からのあたたかい眼差しと笑顔がそそがれた。哲雄の役作りについても「ライダーベルトや剣(ソード)の整備士役なので、歴代のベルトのギミックや造形を今まで以上によく見て、これまで以上にベルトを愛せるようにしています」と語り、仮面ライダーや変身ベルトへの愛着とこだわりを今一度強調していた。

北極にあるソードオブロゴスの本拠地「ノーザンベース」から、仮面ライダーセイバーたちの活躍を見守る"本の守護者"=ソフィア役・知念里奈は「今日はじめて共演のみなさんとお会いして、とても素敵な『仮面ライダー』が新しく始まるんだなと、今、ワクワクしています。子どもたちの夢や希望や喜びを担うみなさんのことを近くで応援できることを、とてもうれしく思っています」と、穏やかな笑みをたたえながら挨拶を行った。

女優として長いキャリアを積んでいた知念が『仮面ライダーセイバー』のオファーを受けたときの心境を尋ねられると「私には中学3年生の息子がいるのですが、幼いときは仮面ライダーが大好きで、それこそたくさんの変身ベルト(玩具)を揃えてきましたし、歴代のライダーたちを応援してきました。そして今、次男がちょうど2歳で仮面ライダーに目覚めたので、毎週日曜の朝いっしょにテレビを見ています。今回お声をかけていただき、母親として株が上がるなと思って、すごくうれしくて……。すぐ『出演します』とお返事させていただきました」と、優しい"母親"としての顔を見せつつ出演の経緯を語った。

共演者たちの印象については「先ほど、舞台のソデでみんなが距離を取りつつ『緊張するね~』『頑張ろう、頑張ろう』って言っている姿を見ていて、『きっとこの1年、みんなは"青春"されるんだろうな』と思いました。ぜひ私も仲間に加えていただき、青春の疑似体験をさせていただけたら(笑)」と、主演の内藤をはじめとするフレッシュなキャスト陣の成長を見守る姿勢をうかがわせた。

神秘的なキャラクターであるソフィアの役作りについては「よくよく聞いたら、100歳をゆうに超えている設定だそうで、衣装合わせをするまで自分が何者になるのか全然わかりませんでした(笑)。善も悪もこの世に存在することを受け入れながら"本"を守っていく妖精という役柄。みなさんと一緒に役を作っていけたらいいなと思っています」と、共演者とのチームワークでそれぞれのキャラクターと共に自身の魅力を発揮させたいと抱負を語った。

キャスト陣のコメントが終わった後、「仮面ライダー」シリーズの重要な見せ場となる「変身」ポーズを内藤が披露することに。中央にスックと立った内藤は、ソードライバーから聖剣"火炎剣烈火"を抜いて構えるポーズの一連を「物語の結末は、俺が決める!」という飛羽真のセリフと共に、見事に決めてみせた。

●主題歌、ED曲はスカパラ

続いて、本作のメインライターを務める脚本家・福田卓郎氏と作品の骨子を担うパイロット(第1、2話)を手がけた柴崎貴行監督(柴崎監督の「崎」は立つ崎が正式表記)が登壇。両氏は「TTFC(東映特撮ファンクラブ)」と「TELASA」の生配信で「制作発表会見・副音声」(司会進行:オジンオズボーン篠宮暁)のコメンテーターを務めており、舞台転換のタイミングでステージに姿を見せた。

本作の見どころを問われた福田氏は「今回は"本と剣"という想像力が沸き立つようなものをモチーフにしているので、今、この時代にワクワクするような物語を届けたいと思っています。ライダーも多数登場しますし、主人公が仲間たちとどういう風に"絆"を結んでいくかというところも重要なテーマとして描いていきます」と語り、『仮面ライダーゴースト』(2015年)以来5年ぶりとなる「仮面ライダー」シリーズのメインライターに意欲を燃やしていた。

本作で初めて「仮面ライダー」シリーズのメイン監督を務めることになった柴崎監督は「初のメインなので責任感を持ちつつ、僕自身7歳の男の子の父親でもあるので、父親目線で子どもたちに伝えていきたいことを盛り込んでいます。新型コロナウイルスの影響で子どもたちの生活リズムも激変し、家にいる時間やテレビを見る時間が増えている。そんな中で楽しんでもらえるような工夫や番組作りを心掛けたいと思っています」と、穏やかな口調ながら秘めたる闘志が伝わってくるかのような熱さをともなうコメントを残した。

また、撮影時の雰囲気について柴崎監督は「感染防止に注意しながら進めているので制作現場の様子は一変しましたが、そんな中でも今までどおりのクオリティーで、お芝居やアクションを作れるような環境を整えています。キャスト、スタッフの作品への思い、精神は今まで以上に高まっていると思います」と、コロナ禍への対策として"新しい撮影様式"を導入しながらも、今まで培ってきた映像表現へのこだわりと情熱がまったく変わっていないことを強調。作品内容について確かな自信をうかがわせた。

そして「オープニングテーマ」と「エンディングテーマ」の両方を、東京スカパラダイスオーケストラが手がけることが発表され、9人のメンバー全員がステージへと現れた。

オープニングテーマ、エンディングテーマともに作詞を担当した谷中敦は、「数々のビッグアーティストが手掛けてきた仮面ライダーの主題歌を担当させてもらえるのは、とても光栄なこと。人々の"思い"が時空を超えるということを感じてもらえたらうれしい」と、楽曲に込めたメッセージを告白した。

『仮面ライダー響鬼』(2005年)以来となる「エンディングテーマ」のボーカルを担当した茂木欣一は、少年時代に買った『仮面ライダー』(1971年)主題歌「レッツゴー!!ライダーキック」のシングルレコードを手にして、興奮気味に「仮面ライダーは小さい頃から勇気や夢をもらっていた、憧れの存在。スカパラがみなさんに勇気や夢を届けるタイミングが訪れたことをうれしく感じたので、魂を込めて歌と演奏をレコーディングしました」と熱い思いを明かしていた。

オープニングテーマは「ゲストボーカル」とタッグを組むことは明かされたものの、その全貌はこの場ではまだ明かされず、後日解禁されるという。"変身"をテーマに作られたエンディングテーマのタイトルは、ストレートに「仮面ライダーセイバー」。もともと東京スカパラダイスオーケストラのファンだという山口は、茂木が熱唱するエンディングテーマを聴き「スカパラのみなさんと一緒にお仕事ができて、応援してもらえるのがうれしい」と、感激の涙を浮かべながら語っていた。

最後にマイクを握った内藤は「今回の『仮面ライダーセイバー』には、数多くの仮面ライダーが登場します。どんなライダーが、どんな役割を持って出るのか、そんなところにも注目し、楽しんでほしいです。1年間、このキャストとスタッフで作品を作っていきます。みなさんから愛される作品にしますので、応援よろしくお願いします!」と力強い言葉を放ち、現在クライマックスに差し掛かろうとしている『仮面ライダーゼロワン』に続く『仮面ライダーセイバー』も多くの人々から愛され、応援される作品になりたいという強い気持ちをアピールしていた。

(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ