プジョー渾身の新型「208」と「e-208」は、Bセグメントの域を突き抜けた!

IGNITE

2020/7/30 12:00


プジョーのBセグメントコンパクトカー、新型「208」と電気自動車の「e-208」が同時リリースされた。



PSAグループ最新世代の「CMP(コモン・モジュラー・プラットフォーム)」を採用する両モデルは、室内やラゲッジスペース、機能などを限りなく同一とすることで内燃機関⇔電気自動車(EV)の垣根を無くし、ユーザーのライフスタイルに応じた“選択の自由”を提供する。

プジョーのブランドヴィジョン「#UNBORING THE FUTURE(退屈な未来はいらない)」を具現化する存在、それが新型「208(第二世代)」と「e-208」だ。



ボディサイズは、全長4,095(+120)×全幅1,745(+5)×全高1,445(-25)mm、ホイールベース2,540mm。()内は先代モデルとの比較で、低く伸びやかなボンネットや四隅に配されたタイヤによる安定感が際立っている。塊感のあるボディに描かれたデザインは、表情豊かで力強く、鮮烈な印象を見るものに与えるだろう。



フロントでは三本爪をモチーフとしたLEDヘッドライトやセイバーと呼ばれるサーベル状のデイタイムランニングライトが存在感を放ち、リアではトランクリッド幅いっぱいのブラックバンドが走り、こちらにも三本爪をモチーフとしたテールライトが内蔵されている(三本爪は上級グレードの「GT Line」のみ)。



サイドビューはセットバックしたフロントウインドスクリーンや極端に寝かされたCピラーが、スポーティなキャラクターを物語っている。「GT Line」では、グロスブラックのホイールアーチを採用することで、タイヤをより大きくワイドに見せる効果をもたらしている。ボディカラーは全6色。



インテリアの造形や質感の高さは、Bセグメントの域を完全に突き抜けたといっていいだろう。具体的には、3次元表示になった新世代の「3D-iCockpit(3Dアイコックピット)」をはじめ、ダッシュボードにフラッグシップの「508」と同様のソフトパッド、スタイリッシュなシフトレバー、カーボン風のスイッチなどを緻密に作り上げている。



シートは、「GT Line」にアルカンタラ×テップレザーのダイナミックシート、ベーシックグレードの「Allure(アリュール)」にファブリック×テップレザーのコンフォートシートが採用される。ラゲッジ容量は265リッター(通常時)。



「208」のパワートレーンは、世界エンジン・オブ・ザ・イヤーを5年連続で獲得している1.2Lの直噴ガソリンターボ・PureTechの進化型に、8速ATを組み合わせる。



最高出力は100ps/5,500rpm、最大トルクは205Nm/1,750rpmを発揮し、3気筒のイメージを覆す低振動&低騒音とドライバーの意図に忠実なトルクデリバリーを誇っている。燃費はJC08モードで19.5km/Lをマークする。



ピュアEVの「e-208」は、モーター最高出力136ps/5,500rpm、モーター最大トルク260Nm/300-3,674rpmを発揮。パフォーマンス重視の「スポーツ」・普段使いの「ノーマル」・航続距離を最大化する「エコ」という3つのドライブモードを備える。



また、ギアシフターで強度を選べるブレーキモードは、自然な走行感の「D」と、エネルギー回生を強化しアクセルペダルだけで減速をコントロールできる「B」が設定されている。



充電時間は、CHAdeMO急速充電で約50分(80%充電)、車載ケーブルによるコンセント型普通充電で約18時間(100%充電)。満充電からの最大走行距離は、欧州のWLTPモードで340kmと公表されている。



運転支援システムは、歩行者や夜間検知にも対応する自動ブレーキや全車速追従式のACC、レーンキープアシスト、白線に対する距離を指定できるレーンポジショニングアシスト、バックソナー/ワイドバックアイカメラなどを標準装備する。

■グレードおよび価格
208 スタイル=239万9,000円
208 アリュール=259万9,000円
208 GT Line=293万円
e-208 アリュール=389万9,000円
e-208 GT Line=423万円

(zlatan)

画像元:プジョー・シトロエン・ジャポン

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ