ライアン・レイノルズは「カナダの“救世主”」 ある女性の大切なテディベア発見に一役買う

先日、亡くなった母親の肉声が録音されたテディベアを失くした女性のために俳優ライアン・レイノルズが「発見者には5000ドル(約40万円)の賞金を出す」と申し出たニュースをお伝えしたが、現地時間28日に女性のもとに無事テディベアが戻ってきたことが明らかになった。

カナダ出身の俳優ライアン・レイノルズは現地時間25日、亡くなった母親の肉声が録音されたテディベアを失くした女性のために「発見者には5000ドル(約40万円)の賞金を出す」「このテディベアが持ち主の元へ帰れることを皆が望んでいる」とバンクーバーの住民に呼びかけけていた。

その女性はマーラさんと言い、今月24日に婚約者と新居への引越しの最中にかばんが盗難に遭ってしまった。中にはパスポートや小切手、iPad、Nintendo Switchなどが入っていたが、そこにはマーラさんが他の何よりも大切にしていたテディベアが入っていた。マーラさんのテディベアは、世界で1つだけのぬいぐるみが作れることで人気の「BUILD-A-BEAR」のカスタムベアで、昨年長いがんの闘病生活を経て53歳の若さで亡くなった母親の肉声が録音されている特別なもの。『愛しているわ』『あなたを誇りに思っています』『私はいつもあなたそばにいます』といったメッセージが入ったこのテディベアは、生前故郷トロントで暮らしていた母親からのクリスマスプレゼントだった。

マーラさんは地元メディア『CityNews』の取材に対し、

「カバンに入っていた他のものは、どうなっても構いません。戻ってきてほしいのは、あのテディベアだけです。」

「皆さんからの温かい励ましのメッセージに、胸がいっぱいです。」

と語っていたが、このニュースにひどく心を痛めたライアンはこれを自身のTwitterで拡散。さらに

「バンクーバーの皆さん:このテディベアをマーラさんに返してくださった方には、5000ドル(約40万円)を差し上げます。質問は1つもしません。このテディベアが持ち主のもとへ帰れることを、皆が望んでいます。」

とツイートしたのだった。

日頃から熱心にチャリティー活動に従事し“いい人エピソード”には事欠かないライアンだが、今回も

「ライアンがいい人すぎる。」

「なんて優しい心の持ち主!」

「人間国宝級の素晴らしさだ!」

とその行動を称賛するコメントが相次ぎ、「私も寄付させて」「どうか無事見つかりますように」といったコメントが多数寄せられた。

その後『CBC』は、マーラさんが手袋とマスクを着用し、通りを行き交う人々にビラを配ったり、連日バンクーバー市内の裏通りやゴミ箱を必死に探し回る姿を放送した。そして現地時間28日、マーラさんはある男性から「テディベアに関する情報を持っている」とメールを受け取り、事態は急展開を見せた。マーラさんは身の安全を考慮し、この男性との面会に『CBC』のレポーター女性を同伴、テディベアの引き渡し場所に『CBC』のビルを指定した。のちにその人物が約束通り待ち合わせ場所に姿を現したことで、マーラさんは無事に亡き母の声が録音されたテディベアと再会を果たすことができたのだった。マーラさんはまず自ら賞金額の一部を手渡したそうで、残額はおそらく後日ライアンから支払われることになりそうだ。

29日の早朝にはライアンが早速自身のTwitterを更新し、無事にテディベアが見つかったことを報告。マーラさんが満面の笑みでテディベアを抱える写真をアップした。

「嬉しいお知らせ… あらゆる場所をくまなく探してくれた皆のおかげだよ。テディベアを盗った人へ、安全にキープしておいてくれてありがとう。バンクーバーは最高だよ。」

早朝に“#FoundMarasBear”(マーラのベアが見つかった)とハッシュタグをつけてツイートしたライアンには、

「朝からなんて素晴らしいニュースなんだ!」

「テディベアのことでここまで胸がいっぱいになったのは初めて!」

などハッピーエンディングに歓喜する声が多数寄せられた。

ライアンにはこうしてまた一つ“いい人エピソード”が加わったわけだが、ハリウッドセレブという自身のステータスを最大限に利用し、世の中をよりよい場所にすべく人々にそっと寄り添い続ける彼の姿には、

「バンクーバーが生んだリアル・スーパーヒーロー」

「あなたはまさにカナダの“救世主”」

「カナダの“秘宝”とも言えるね」

「社会がライアンみたいな人格者であふれればいいのに」

などカナダ国旗の絵文字を添えたツイートや、地元市民らによるコメントが多数届くのであった。

マーラさん本人ものちにTwitterを更新し、

「ありがとう、ライアン! これもあなたの絶大な影響力のおかげです!」

「テディベアには、かすり傷1つありません」

とライアンに感謝の気持ちを綴っている。

同じくカナダの俳優キアヌ・リーブスも、その人柄の良さは“国宝級”と称えられることが多いが、今後もそんな彼らの“いい人エピソード”は世の人々の心をほっこりさせてくれることだろう。

画像2枚目は『Ryan Reynolds 2020年7月29日付Twitter「In happier news...」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ