コロナを機に婚活を始める独身40代が増殖中。陥りがちなダメパターンは…

日刊SPA!

2020/7/30 08:54

―[結婚につながる恋のはじめ方]―

皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

コロナの終息はいまだ見えず、コロナとどう付き合っていくかということが問われている今、「モテる40代男性」たちの婚活ニーズが高まっています。

◆コロナをきっかけに人生を考えた40代男性たち

さんざん遊び倒してきた男性たちがコロナ自粛を経て、今まで自分がいかにお酒や女性にお金を使って遊んでいたことを振り返る。時間とお金の使い方を見直したとき、本当に大切な存在を本気で作ろうと決めて、結婚相談所に入会された方が少なくありません。

私から見ると、そのような男性たちは女性との出会いも多く、経済的にも豊かなので、「結婚相談所に入らなくても、すでに出会っている女性の中で見つけようと思えば見つかるんじゃないのかなあ……」という印象を持ちます。

しかし、そのような男性たちが口を揃えていうのが、遊びで出会った女性ではなく自分が今まで出会ったことないような真面目でしっかりとした経済観念を持った女性がいいということです。

男性の40代独身は、「このまま遊び続けるか」「きちんと家庭を持ち地に足をつけるのか」を考える節目。今回はそんなたくさんの女性と遊び倒してきたモテる40代男性の婚活も含め、40代男性が陥りやすい婚活の罠についてお話しします。

人間は「時間」と「お金」をかければかけるほど、それを取り戻したいと思う心理が働くといわれています。たとえば、皆さんの周りで「この上司にいつも怒られて嫌なんだよね。会社辞めたいなぁ」と言っている人も実際のところは辞める人は少ないでしょう。

なぜかというと、「これだけ怒られて我慢をしている時間を使ったのだから、もう少し我慢をすれば報われるかもしれない」と回収をしたい心理が働いているから。恋愛も一緒で時間とお金をかければかけるほど、それをしっかりと回収しようとしてしまいます。

なので、私は女性にアドバイスする際、「とにかく男性には自分にお金と時間をかけてもらったほうがいい」と教えています。自分とのデートに時間を使ってもらうことやデートコースを考えてもらうなど、時間とお金をかければかけるほど「この人と付き合うまで頑張る」と男性は回収しようと執着してきます。

40代の婚活男性は「ここまで独身だったんだから周りが一目置くような素敵な女性と結婚したい」と、自分自身が結婚に至らなかった時間とお金を回収しようとしてしまう心理が無意識のうちに働いています。

さらに年を重ね、さまざまな周囲の例を見てきている40代男性の婚活の特徴として「失敗したくない。失敗できない」という強い気持ちがあるということです。

◆「もっといい相手がいるはず…」という男性心理

コウイチさん(仮名・43歳)は、30代にそれなりに恋愛をし、合コンや飲み会などでの出会いもあり、結婚の話も進んだけど結局、至らなかったという過去を持つ男性でした。

彼は44歳になる6か月前に弊社の結婚相談所に入会しました。43歳には見えないほど若々しく、コミュニケーション能力も高い彼だったので、私はすぐに結婚が決まるだろうと感じましたし、実際、爽やかで見た目もよかったので、お見合いはたくさん決まりました。

そして、38歳の素敵な素敵な女性と交際が進展したときのことでした。その38歳の女性もコウイチさんに対し、前向きな気持ちを示してくれ、コウイチさんのほうも「彼女とだったら結婚生活を送れるかもしれないなぁ」と私に言っていました。それにもかかわらず、お見合いの申し込みはやめない彼を見て、私は「コウイチさん、素敵な女性と出会っているので、新たな女性と出会うのに時間を使うよりも今の方と関係を深めるための時間に使いませんか? もうお見合いをする必要はないと思いますよ」とアドバイスをしました。

すると、コウイチさんは、「確かに38歳の彼女はすごく一緒にいて居心地がいいです。ただ、もしかしたらまだいるかもしれないので、もう少しお申し込みさせてください」と言ってお見合いのお申し込みを止めることはありませんでした。

さらにお見合いの申し込みの女性を見てみると26歳、29歳、32歳……とにかく若くてきれいな人ばかり。女性よりも男性のほうが今までかけた時間とお金を大きく回収しようという気持ちが強くあることを改めて感じました。

「もしかしたらもっと若くてきれいな子が、自分のことをいいと思ってくれるかもしれない」と考えるようになってしまうことを私は「キャバクラ現象」と呼んでいます。コウイチさんはまさしくこのキャバクラ現象に陥っていたのです。さらにこの行動にはもう一つ、40代男性が持つ心理を見ることができます。それは「失敗したくない」という気持ちです。

◆「結婚に正解がない」ことを改めて心に刻む

失敗したくないと思えば思うほど、その不安と恐れから次の行動に出るのが怖くなってしまいます。目の前に運命の人がいるはずなのに、「この人と結婚して本当にいいんだろうか」「本当にこの人なんだろうか」「いったいみんな結婚をする決め手は何にしてるんだろうか」……と正解を探し始めてしまいます。

しかし、結婚は結婚してから2人で新たな価値観を作り上げていくものです。結婚前にこの人と結婚したら絶対に失敗しませんよという正解はありません。コウイチさんのお金と時間をかけた分だけ、しっかりと回収したいという心理と失敗したくないという心理はどの40代男性はほとんどすべての方に見られるように感じます。

誰もが自分の環境を新たに変化させていくことに不安と恐れを持っています。ここを乗り越えなければ、その先の幸せな結婚生活は手に入らないのです。

現在、コウイチさんは38歳の素敵な女性と結婚生活を送っています。コウイチさんを結婚まで導いてくれたのは実は彼女自身でした。とにかく彼が決断をするまで静かに待ち続け、信じ続けてくれたのです。

きっと彼女のほうが不安や恐れの感情を持っていたと思います。しかし、その忍耐強さに私と彼女の仲人さんは感銘を受け、とにかく彼が決断をしやすいように全員で環境作りをしました。彼女の仲人さんからはデート後、必ず連絡をいただき「こんな話が出たみたいですよ」といういただいた情報から私がコウイチさんにアドバイス。その結果、コウイチさんが設定していた44歳の誕生日までに結婚するという目標を達成することができたのです。

40代から男性が婚活をスタートさせるのは本当に大変なことだと思います。しかし、いつからでも自分が婚活しようと決めたときに真面目に活動すれば、必ず運命の人は現れてくれます。

過去に使った時間とお金を回収しようとするのではなく、今をきちんと見て行動してみてください。そして、失敗を恐れずに「結婚に正解はない」ということは覚えておいてください。

「この人と2人の人生を作っていこう」。そんなふうに決断ができたら必ずいい結婚生活が送れますよ。

―[結婚につながる恋のはじめ方]―

【山本早織】

1985年、東京生まれ。アイドル、銀座のホステスなどを経て、現在は恋愛コンサルタントとして結婚したい男女に向けて情報や出会いの場を提供する。メルマガ「結婚につながる恋のコンサルタント山本早織があなたの恋のお悩み解決し、最高の結婚生活の作り方も教えます」が配信中。公式ホームページ「結婚につながる恋のコンサルタント 山本早織」

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ