「ハケンの品格」で輝いてる大泉洋。三谷幸喜の舞台ではジミな裏方役を…

女子SPA!

2020/7/30 08:46

 大泉洋はこの荒れ果てた世界の救済者である。最近、しみじみそう思っている。

まずは「ハケンの品格」(日本テレビ系 毎週水よる10時から)。スーパーハケン・大前春子(篠原涼子)が派遣先の会社で大活躍するドラマ。正社員という既得権益にしがみついている者たちの鼻を明かし不遇な派遣社員たちの溜飲を下げるストーリーが愛されている。

そこで大泉洋は春子が働く食品会社S&F正社員・東海林を演じている。

13年前に放送されたシーズン1では最初、春子たち派遣を蔑視していて、小泉孝太郎演じるもうひとりの社員・里中のほうが春子や派遣擁護派だった。春子と東海林はしょっちゅういがみあっていたが、じつは東海林は孤高に生きる春子に惹かれている。やがて、東海林は派遣社員の側に立つようになり左遷という憂き目に……。

要するに、大泉洋演じる正社員は派遣に偏見をもった人物代表で、彼の目線を通して派遣の実情に迫り共感を高める役割で、彼はそれをパーフェクトに演じていた。

◆大泉洋が登場するとたちまち活気づく

13年後にはじまったまさかのシーズン2では、春子が13年ぶりにS&Fに戻ってきて、東海林も北海道から戻ってくる。相変わらず春子は彼につれないが、東海林はいまだに彼女に思いを残していて、今度こそうまくいくのか?……というところ。

東海林は第1話に出たあと、2、3話には出てこず、そうするとやっぱり少し物足りない。4話から再び登場するとたちまちドラマが活気づき、いなくなって改めて大泉洋の偉大さを感じた。

大泉が演じる東海林がいるからこそ春子は生きるのである。春子はクールで誰にも媚びない一匹狼で、そんな彼女にいちいちつっかかっていく東海林のおかげで春子に親しみがもてるようになる。

大泉はツッコミをやってよし、ボケをやってよしで、春子にどんな仕打ちを受けても、「枯れたマリモ」と天然パーマをからかわれても、振られても、振られても、笑いに転じさせる。春子がスーパーハケンなら、大泉洋はスーパーアクターである。

◆三谷幸喜の舞台「大地」、土日はネット生配信

大泉洋には、世の中の嫌なことを受け止めて正直にぼやくことで、見ている私たちにガス抜きさせてくれる力がある。その才が存分に発揮されているのは舞台「大地」(PARCO劇場)。三谷幸喜が台本を書き、演出している演劇で、コロナ禍で上演が危ぶまれたものの、初日を延期したうえ、感染対策で客席数を大幅に減らして上演している。

そのため、土日には生配信も行っているので、三谷幸喜の舞台はチケットがとれないと諦めている人も、そもそも地方在住だから見にいけないと嘆く人も、三谷作品を映画やドラマで見られるからそれ以上は望まないという控えめな人も、誰もが三谷幸喜の舞台(配信とはいえ)を見ることができる、めったにない機会が現在訪れている。

「大地」はとある共産主義国で反体制と目された俳優たちが施設に収容され強制労働させられている物語。何人かのグループに分けられて集団生活を送る俳優たち。

ひとつの部屋にベテラン舞台俳優(辻萬長)、演出家でもある俳優(相島一之)、大道芸人(浅野和之)、モノマネが得意な芸人(藤井隆)、女形俳優(竜星涼)、映画スター(山本耕史)、若い俳優(濱田龍臣)が共同生活していて、大泉洋が演じているのはそのなかのひとり、演劇の裏方・チャペック。

日頃、舞台では表に出ることのない彼がこの収容所では先頭に立って働いている。

◆スター・大泉洋が地味な裏方を演じる面白さ

演劇人が描く演劇人の物語なのでひとつひとつのエピソードにリアリティーがある。すてきなところもあれば困ったところもあり、でもそれがあってこそ俳優。

三谷幸喜は俳優にあて書きをするので、それぞれの俳優に、その人そのものではないが、その俳優から想起される役柄を描いている。

例えば、山本耕史はザッツスターな感じで、肉体を鍛えあげている。竜星涼は劇団☆新感線「髑髏城の七人」に出たときのことを思い出すような属性が付与されていた(女形の所作指導は篠井英介が担当)。浅野和之は得意のパントマイムを披露するし、若手の濱田龍臣はこれからの若者として先輩たちの背中を見て学ぶというような役割である。

そんななかで、大泉が演じるチャペックは裏方役なのである。裏方だって立派に演劇をつくるメンバーのひとりではあるが、各々技をもつ俳優たちとは並ぶことはできない。ほかの俳優役の俳優たちがなにかしら芸の見せ場があるのにチャペックには何もない。

現実ではスターの大泉洋が、この芝居のなかでは地味な役割であることことが面白い。ひときわ輝いている俳優が舞台のうえで哀しい目にあったり笑われたりすることで、観客の心はなんだか浄化されることがある。憂さ晴らしができるのだ。

「ハケンの品格」で大前春子に相手にされない東海林と同じく、大泉洋はなにかとフィクションのなかである種の生贄(いけにえ)として身を捧げている。それができるのは選ばれた人なのである。三谷は「大地」を「俳優論」として書いたそうだが、大泉洋に当てた役割こそ俳優が背負った十字架だと感じた。

◆私たちは大泉洋に救われている

また、コロナ禍で緊急事態宣言が出されていたとき、三谷幸喜が朝日新聞の連載の特別企画として、ミステリー小説「一瞬の過ち」を発表したとき、「人気俳優・大泉妙」という名の人物が出てきた。あきらかに大泉洋をもじった人物だとわかる名前である。

この大泉妙も重要な役だった。それには大泉洋と三谷幸喜の関係性もあるだろうし、なにより大泉洋が、一見軽やかに見えて、いろんなことをその身に引き受けている俳優だからなのだと思う。

私たちは大泉洋に救われている。目を閉じれば、みんなのために尽くすキリストをぼやきながら演じる大泉洋が見えてくる。

<文/木俣冬>

【木俣 冬】

フリーライター。ドラマ、映画、演劇などエンタメ作品に関するルポルタージュ、インタビュー、レビューなどを執筆。ノベライズも手がける。『みんなの朝ドラ』など著書多数、蜷川幸雄『身体的物語論』の企画構成など

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ