FPが教える目からウロコのお得サービス 第3回 飲食店をスマホアプリでお得に利用する


私たちの身の回りには、ポイントカードやクーポンなど、貯蓄・節約につながるさまざまなアイテムがあふれています。多くの企業・店舗がこういったサービスを提供しており、活用している方も多いことでしょう。ただ、実は使い方次第でもっと「節約効果」を得られるかもしれません。

本連載では、皆さんによく知られているサービスのお得な活用法を紹介していきます。今回のテーマは「飲食店がお得になるアプリ」です。

街を歩くと飲食店のチラシに10%割引クーポンが付いていたりと、同じ食べるならお得に食べたいものです。飲食店を利用する際はレジ周辺やテーブル周りをチェックしましょう。公式アプリやLINEのお友達登録をすることで、ドリンク1杯無料などすぐに使えるクーポンをもらえることがあります。

よく利用する飲食チェーン店のアプリをインストールしておくと割引クーポンや、会員登録をすることで誕生日割引が受けられるなどのサービスを受けることができますので、よく行くお店や近所のファストフード店のアプリをチェックしてみましょう。
○ファストフード店の公式アプリ

マクドナルドの公式アプリは、ハンバーガーのセットやポテトなどのクーポンの種類が多く、表示された番号を言うだけで割引価格で提供されるのも魅力です。また、アプリからオーダーをして店舗で受け取ることもできて便利です。もちろん、クーポン対象メニューもアプリからオーダーすることができます。

ケンタッキー・フライド・チキンの公式アプリでもクーポンがあり、オリジナルチキン2ピース、クリスピー2ピース、ポテトLのセットが通常価格1280円のところ、クーポンを利用すると1,000円と280円もお得になります。

他にも、バーガーキングやロッテリアなどでも同様にクーポンサービスを実施しています。
○ファミレスの公式アプリ

すかいらーくグループアプリは、ガスト、バーミヤン、ジョナサン、夢庵などすかいらーくグループの飲食店の情報やクーポンなどこれ1つでもらえる便利なアプリです。会員登録をすることで、会員限定のクーポンが使えるようになります。また、Tポイントもしくはdポイントを紐づけることができるので、利用時に登録したポイントも一緒に貯めることができます。

他にも、ビッグボーイやデニーズ、ココスでも同様にクーポンサービスがあります。
○飲食チェーン店の公式アプリ

丸亀製麺のアプリでは、1個150円のかしわ天が無料や釜揚げうどん(並)1杯290円が140円と半額になるなど、お財布にやさしくお腹も満たされるクーポンも。利用方法は、会計時にアプリ内の「クーポンを使う」をタップして表示されたQRコードをQRコードリーダーにかざします。

焼肉チェーン店の牛角の公式アプリは、アプリをダウンロードして簡単な会員登録をするだけで、500円割引クーポンをもらうことができます。また、利用金額に応じてポイントが貯まり、500円、1,000円割引クーポンと交換することもできます。

気になる飲食店のアプリは事前にインストールをして会員登録を済ませておきましょう。そしてまたアプリは適宜アップデートをしておくと、クーポン利用時にアップデート表示が出て慌てることもありません。

また、飲食店の予約・順番受付ができるアプリ「E-PARK」でもクーポンがあります。公式アプリと重複していることもあり、比較をしてお得になるクーポンを選ぶとよいでしょう。

○子育て支援パスポート事業アプリを使ってお得になる

内閣府が主体となり、各自治体で行われている子育て支援パスポート事業は、子育て世帯や妊娠中の方がいる世帯がパスポートを受けることができます。協賛店等でパスポートを提示することで、割引などのサービスを受けることができます。

このパスポートは、自治体によってアプリで利用することができます。東京都の場合は、都内在住の18歳未満の子どもがいる、または妊娠中の方がいる世帯が対象です。詳しい条件などは自治体によって異なりますので、お住まいの自治体で確認をしましょう。

東京都子育て応援とうきょうパスポートの場合、マクドナルドのハッピーセットのチーズバーガーセット(チーズバーガー、ポテトS、ドリンクS、おもちゃ)が特別価格で提供となっています。

他にもさまざまなクーポンアプリがありますので、お気に入りのクーポンアプリをインストールして外食費を上手に節約してみてはいかがでしょうか。

○執筆者プロフィール:丸山晴美(まるやま・はるみ)
外国語の専門学校を卒業後、旅行会社、フリーター、会社員、コンビニ店長へと転職。22歳で節約に目覚め、年収が350万円に満たないころ、1年で200万円を貯める。26歳でマンションを購入。2001年に節約アドバイザー―として独立。ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザーの資格を取得し、お金の管理、運用のアドバイスなどを手掛け、TV、雑誌などで幅広く活躍している。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ