ニューノーマルに負けないメンタル強化法 第1回 ポストコロナで見直す価値観 - 新常態でのメンタル悪化に備える


こんにちは。私は主に外資系企業で年間1,000人を超える働く人と、心と身体の健康相談をしている産業医の武神と申します。緊急事態宣言以後の産業医面談は、電話やZoom等で行っておりました。その内容は、緊急事態宣言開始前から新型コロナ感染症に関する質問や不安、緊急事態宣言下での生活における在宅勤務や同居家族のストレス等の相談がありました。

緊急事態宣言終了後、私は、業務時間の2~3割が実際に出社して仕事、残りは引き続き在宅勤務し、そして引き続き、新常態への不安やストレスに関する働く人たちの声を聞いております。

そこで、新常態の中で、メンタルヘルス不調になってしまう人とならない人の傾向の違いについて、お話させていただきます。

○産業医面談で分かったこと

最近の産業医面談を通じて分かったことは、「新常態とは、人ぞれぞれにとって異なる」ということです。

例えば私のクライアントでは、6月から全員出社が始まった企業がある一方、9月末まで全社員在宅と決まった企業もありました。ここまで極端な例ではなくとも、6月は50%程度の出社率で始め7月から100%出社を目指す企業がある一方、12月までは20%の出社率で調整することで決定したところも。

この記事を執筆している7月16日現在、新型コロナ感染者数の増加と共に、在宅勤務を選ぶ社員が増えている印象です。

社員は社員で、出社することを「在宅からの開放」と喜ぶ人、通勤を嫌がる人、業務が捗ると喜ぶ人、仕事は家でもできるとわかり出勤を嫌がる人、等々いろいろな声がありました。総じて、週2~3日の出勤業務、残りが在宅業務というのが最も多い理想のようです。

同じ会社においても、子どもが家にいるので在宅を希望する人は多数いましたが、そのお子さんが未就学児や小学校低学年から、高学年までとさまざまでした。通勤時に無症状で感染し、同居する高齢ご家族やペットの猫へ移してしまうことを心配する声もありました。

このような面談者の声をたくさん聞く中で、私自身は、いずれにおいても、その社員個人にとっては、その社員の価値観・ワークライフバランス観に基づく行動判断であり、他人が「正しい」「間違いだ」という尺度で測り判定できるものではないということを気付かされました。
○新しい生活に慣れる確実な方法は無い

新常態に上手に早く適応するための魔法の薬はありません。自分の価値観にあった形の出社や在宅勤務ができる新常態であっても、新しい生活様式に適応するのは、時に簡単にいかないことがあります。自分が適応できるまでは、健康的な食生活と睡眠により、規則正しい生活をすることに尽きます。

観劇や卓球など、室内での趣味を持っていた人は、以前のように継続は難しい場合も多々あるようです。ですので、新しい生活様式に合う形での新しい趣味・好きなことを作ることもお勧めしています。好きなことをしている間は、色々なしがらみを忘れられますし、気持ちの良い楽しい時間を過ごせます。そんな日は、きっとよく眠れるでしょう。趣味はいい気分転換になるのです。

一方、 出社したくないのに出勤、または、仕事がはかどらない在宅勤務の継続など、不本意ながらの新常態を迎えている人は、もう少し注意が必要。不安やストレスを感じながらも、新常態にいずれ適応できる人はいいのですが、産業医としての私の経験上、他社他人の新常態を羨み、妬み、ひがむ傾向がある方は、新常態の中でメンタルヘルス不調になってしまいがちのようでした。
○出社に納得できず不満が溜まる

Oさんは夫婦共稼ぎで、小学5年生の男の子を持つ40代のベテラン男性社員。緊急事態宣言中は家族全員在宅で過ごしました。

日頃、夫婦同士もお子さんとも接する時間が少なかったため、在宅勤務の2カ月間は家族の絆を再確認し、家庭内ではストレスのない時間を過ごしたようでした。奥様の会社は6月から全員出社となり、Oさんとお子さんがしばらく2人での在宅となりましたが、男2人での生活もOさんは楽しかったようです。

6月中旬より、Oさんの会社でも出社が始まりましたが、部署・業種ごとに出社か在宅かが決められました。たまたまOさんの業務は出社することが求められましたが、このことが腑に落ちず、在宅組を羨んだり、自分を出社組にした上司を妬む気持ちがあったり、7月に産業医面談に来られました。

面談では、在宅組の同僚達の家族構成や家庭事情を引き合いにだし、子どもがいる自分こそが在宅となるべきだと主張するOさん。よくよく状況を聞くと、コントロールのできない怒りやイライラのため、家族に怒鳴るようになってしまったことや、寝付けないことが増えてきているとのことでした。

冷静になれば、上司が当て付けではないこと、ご家族は何も怒られるほどのことはしていないことは分かるようでした。Oさんには、しばらくはカウンセリングに通うことをご提案し
ました。
○不本意な出社が悪影響

別の会社のTさんは、入社5年目の働き盛りの30代女性。緊急事態宣言で在宅勤務になる同僚たちがいる中で、彼女は数少ない出社組に任命されました。もちろん、これは彼女の業種や能力を見込んでの上司の判断だったのですが、その説明にも彼女は納得できませんでした。上司の説明を受け、その理由に納得できない中、社命のため出社しました。

不本意な出社が続く中、緊急事態宣言が解除され、同僚たちも出社してくると、緊張の糸が切れたのか、朝目覚めると頭痛や倦怠感に襲われ、起き上がることができなくなってしまいました。

第2波がきたら、また自分だけ出社組なのかと思うと、時々不安に襲われるとのことでした。次第に睡眠障害も出始め、医療受診し、現在休職中です。

多くの人にとって、緊急事態宣言の約2カ月間は、これまでに自分が無意識的に持っていた価値観、ワークライフバランス観などについて、見つめ直すきっかけになったようです。

自分の新しい価値判断や優先順位は、ぜひ大切にしてほしいと思います。まずはそれぞれが自分の新常態に適応することが大切。しかし、同時に、他人の新常態、つまり他人の新しい価値観も、ぜひ尊重してほしいと感じる今日この頃でした。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ