【ゴミだった】デカ過ぎる「Enterキー」を買って1発叩いてみたら信じられないレベルの怪奇現象が発生したでござる…



大は小を兼ねる」という諺(ことわざ)があるように、大きいものは小さいものの代用となるし、大きいものの方が使い道が多く、役に立つとされている。つまり、基本的には大きければ大きい方がいい。レジ袋も悩んだら「大サイズ」を選ぶのが無難だろう。

しかし、例外もある。というか、大体のモノが適正なサイズを大幅に超えると、ただのゴミと化すのだ。たとえば、今回ご紹介する「Enterキー」もそう。ストレスの発散に……と思って購入したものの、マジで想像以上にゴミだった。ゴミ以外の何物でもなかったのだ。

・巨大エンターキー
Amazonで購入した「巨大パソコンEnterキー(1480円)」。パッと見は “ただのクッション” だが、ちゃんと使えるらしい。使えるなら買ってみようかなと思い、購入した……この時の判断を未だに後悔している。タイムマシンで過去に戻れるなら伝えたい「絶対に買うな」と。

サイズは通常のエンターキーの約1700倍とのこと。さっそくパソコンにUSB接続してみると、想像どおりの存在感。悪くない。むしろ、イイ。普段から「カタカタッ、ターンッ!」と気持ちよくタイプしているが、さらに思い切り「ドーンッ!」と叩けるはず。気に入った。

よし、それではこのまま仕事に取り掛かろう。いつも通り、Wordで文字を “カタカタッ” と入力してから……

巨大Enterキーを……

ドォォオオオオーンッ!

と、ブッ叩く。気持ちいい。スポンジ素材だから拳を痛めることもない。ここまでは良かった、ここまでは。問題はこの先である。画面を見ると……

待て待て待て、すごい勢いで改行してるぞおい。

説明書が無いから止め方が分からん。

結局、Enterキーを持ち上げることでストップできる……っぽいことを発見して、どうにか改行を止めたのだが、マジかよ

26ページ分も改行してるううぅぅ。たったの1発で(止めようとして色々触ったけど)約1000回もEnter押しちゃってるゥゥゥウウウウウウ! 全然使えねえじゃねえか。いや、これはこれで使い道がありそうな気もする……けど、やっぱり全然使えねえだろ。でもまあ……

スポンジ素材だから、として使うのがいいかもしれない。ただし、ケーブルを抜いておかないと、死ぬほど「Enter」押されるから要注意。結論、ただのゴミだな。こいつを再び「Enterキー」として利用することはないだろう。鬼ほど連打をしたい方はぜひ。

参考リンク:Amazon「巨大エンターキー」
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ