キンプリ永瀬廉、白米への異常なこだわりを明かす

※画像は、『行列のできる法律相談所』公式サイトのスクリーンショット

 

7月26日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、King & Princeの永瀬廉が登場し、最近のプライベートを発表したり、白米への異常なこだわりを明かしたりして、出演者を驚かせていた。

 

「カレーのルーは、寿司につけるわさびくらい」

番組序盤、MCの後藤輝基から「聞くところによると、オンライン飲み会にハマッてる?」と聞かれた永瀬は肯定したうえで「世の中が自粛期間中にハマりまして、関西Jr.の子らと飲んでました」と明かす。さらに「ずっと飲んでたら夜中の2~3時くらいに関ジャニ∞の大倉(忠義)くんが来て、朝の4~5時くらいまでやってましたね」と続けると皆驚きの表情。後藤が「家で安心してるから、終わる時間決めとかないと延々続いちゃうよ」と心配すると永瀬は「それはもう、大倉くんの『眠い』の一言で終わりました」と答え笑わせた。

 

そしてVTRで永瀬は「白米へのこだわりが異常」と紹介される。本人によると「カレーを食べる時はルーを先にできるだけ全部飲み切って、それから残ったルーにちょっとつける形でご飯を食べます。一番美味しい食べ方ですね」、さらに白米が好きすぎるため「玄米は食感が若干違いますし、色も白米とは違う。赤飯は何で豆を入れるの?っていう。チャーハンはギリ許せますね」と続け、皆もあきれた表情。

 

スタジオで永瀬は「いろんな方とご飯に行くんですけど『そんなに米食うの?』って驚かれることが多いんですよね。カレーのルーも、寿司につけるわさびくらいあればいいんです」と補足し、これには後藤も「だいぶ少ないな」とツッコむ。

 

ここでスタジオには、お米マイスターによるおすすめ白米が登場。永瀬は目の色を変えて喜び試食すると「一粒一粒弾力があって、僕が一番好きな硬さです」と、いかにも白米通なコメントを残していた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ