1日のタイムスケジュールが組みやすい! フランス生まれの24時間時計「24H Watch」

E01D357D-3CCF-43CE-BE7C-B849A9B1575F
Image: Shop MakiMaki

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

約6000年前、古代エジプトで誕生したとされる時計。時を経て、機械式やクオーツ時計など、現代的な形に進化を遂げてきました。そんな中には、なんともユニークな時計が存在します。

今回例に挙げたいのが、machi-yaでクラウドファンディングを実施中の「24H Watch」。その名の通り、24時間で針が一周する独特な表示の時計です。その魅力をまとめてご紹介します。

24時間時計とは?

F3D8BCC7-56B0-4962-9BBC-810E5219966D
Image: Shop MakiMaki

普段はあまり耳にしない、24時間時計という名称。もともとはパイロットや医療関係者など、昼夜を問わず働く人々のために生まれ、愛用されてきました。その理由の1つに「過ぎた時間」と「残りの時間」が、一目でわかるインターフェースのわかりやすさが挙げられます。

上に掲載した写真をご覧ください。一番上は昼の12時、一番下は0時と表示されています。私たちが普段使っている12時間表示の時計とは違いますよね。ひと目で今のタイムラインが分かる。これこそ、24時間時計を利用するメリットです。

例えば、飛行機に乗っているとき。仮眠してから起きると、朝か夜か判断がつかないことがありますよね? そんな場面でも24時間時計があれば、瞬時に正しい時間を把握可能です。

時間の経過を瞬時に確認できる

E8C8C3A0-E293-4B89-A753-C448774978F2
Image: Shop MakiMaki

仕事に追われたり、SNSを見たりしていて「いつの間にか時間がすぎていた」という経験をしたことがある人も多いでしょう。私たちの時間は有限で、すべての人に1日24時間が与えられています。

この時間を効率的かつ大切に使うためには、1日の残り時間を意識することが大切です。24時間時計なら、寝る時間から逆算して、残り何時間あるかが一目瞭然。

1日の流れを的確につかみ、時間を大切にしたいという人にも、この時計はオススメしたい存在です。

高いデザイン性と精巧な技術

34FB6405-BDE8-4C89-AC73-D35CCBAB32C7
Image: Shop MakiMaki

「24H Watch」はフランスメイドにして、スイスの技術が結集したプロダクト。 防水性のある金属ケース、文字盤のデザインを表現するつや消し仕上げが、高級感を放ちます。

時計内部のメカニックは、精巧さを求め、本場スイスへ発注。デザイン性とタフさを兼ね備えた時計に仕上がりました。 カジュアルにもフォーマルにも、ファッションや性別を問わず合わせられるでしょう。

カラバリ豊富でカスタム可能

CB41B0C8-1EBC-471E-8669-AC5A9456B7FF
Image: Shop MakiMaki

今回用意されたダイヤルの色は、ホワイト/ブルー/ブラックの3色。ベルトは、ブラック/マロン/ネイビー/シルバーメタル/ブラックメタルの5色から自由に選べます。
E05D2514-61B8-4F84-885D-A249A76558AE
Image: Shop MakiMaki

また、ダイヤルとベルトを自由に組み合わせられるため、あなた好みの時計をカスタムメイドできますよ。

1日の時間の概念を変える「24H Watch」。警察官や医療従事者などに好まれている腕時計ですが、時間を有効に使いたいと思っている人にもピッタリではないでしょうか。キャンペーンは終了間近。この機会に腕時計を新調されてみては?

>>1本の針でシンプルに時間を表示。24時間を可視化することで時間の使い方に変化を。

Source: machi-ya

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ