清水あいり、YouTubeの広告審査に落ちまくっている理由 「反省します」

しらべぇ

2020/7/29 19:20




グラビアアイドルの清水あいりが21日、公式YouTubeチャンネル『清水あいりのおイタがすぎまんねんTV』を更新。YouTubeの広告審査で落ちまくっていることが明かされた。

■チャンネル登録が伸び悩む


この日、反省会で会議室に呼び出された清水。YouTube開設から2ヶ月経ったものの、登録者数は2.6万人(7月29日現在)と伸び悩んでおり、清水自身も「登録者数が思ったより少ない」と述べる。

本人的には2ヶ月で4万人程度には届くと思っていたようだ。


関連記事:清水あいり、おイタが過ぎて最高の動画公開 「たっぷり抜いてあげるからな」

■広告審査に落ちまくっていると判明

((C)︎清水あいりのおイタがすぎまんねんTV)
そして、スタッフが分析したデータが明かされるのだが、刺激が強すぎて広告審査に落ちるという問題が提示される。この動画の前までに20本の動画がアップされているが、すでに5本に広告がつかず。チャンネルを運営するうえでは死活問題だ。

(なお動画内では具体的な言及はないが、撮影日とのラグなのか上記は13本目の動画までが記載されており、4割弱が広告審査を通っていないことになる)。

■原因は清水の自宅に?


そして、広告審査に落ちてしまった5本の動画のうち、4本が清水の自宅で撮影したもの。「あたしの部屋の雰囲気も、ちょっとヌーディー(カラー)な感じになってるじゃないですか。そういうのもあるんじゃないかなって」とスタッフに問われた清水は分析する。

また、谷間が見えそうな衣服を着たことも要因と分析し、「反省します」と語った。

■伸び悩んでいる原因を自身でも分析


また、登録者数だけでなく、その伸び率も止まっていることもスタッフは指摘。すると清水は「すごく真剣に話すと」と前置きしたうえで、「喋るのが遅い」「テンポ感がない」と分析していく。

「なにかしらのツッコミがあったから成り立っていた」バラエティ番組とは違い、自身が主役のYouTubeチャンネルではうまく笑いが作れず、それがネックになっているのではと語った。

■「喋りはそのままで」多くの声援


真面目に現状を分析した清水とスタッフ。バラエティ番組では抜群の存在感を発揮している彼女でも、YouTubeという戦場では苦戦を強いられているようだ。

もっとも、視聴者からは「しゃべりが遅いのも個性やから工夫せんでもいいかと」「このテンポ感が好きです」といった声も寄せられており、中には「あいりちゃんのおっとりとした話し声は安心できて癒されますので絵本とか読んでもらいたい」といったリクエストも寄せられている。

一口にYouTubeと言っても、今はASMRや商品紹介など様々なスタイルがある。彼女の魅力を活かせるものが見つかることを期待したい。

・合わせて読みたい→清水あいり、“童貞を生かす空手”誕生 女性との食事で選ぶべき店は…

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ