生まれつき目が見えない女性 「不自由?」という質問に対し…

grape

2020/7/28 15:02

発達障がいに関するエッセイ漫画などをTwitterに公開している、きよまろ(@sobomiyako98)さん。

きよまろさんはある日、生まれつき目が見えない人に「目が見えないってとても不自由なのでしょうね」と聞いてみたところ、考えさせられる答えが返ってきたそうです。

障がいとは?

きよまろさんは、「多くの人が障がいについて考えるきっかけになれば」と思い、この漫画を描いたそうです。

生まれつき目は見えないけれど、自身を障がい者だと思ったことはないという女性。

目が見える人からすれば、目が見えないことはとても不自由だろうと感じてしまうものです。

しかし、目が見えない分、優れた嗅覚を活かした仕事をし不自由なく生活する彼女の姿に「障がいとはなんだろう」と考えさせられます。

【ネットの声】

・健常者の常識が必ずしも絶対ではない。当然なことなんだけど、なかなか気付きにくいよね。

・私もメガネやコンタクトがなければ視覚障がいに該当する。道具を用いているから、不自由なく暮らせている。障がいってなんだろうね。

・道具や社会のシステムを利用して生活をカスタマイズし、大した支障なしに生活できている人もいる。多くの人が、工夫をすれば不自由なく暮らせる社会がいいよね。

『障がい』という言葉や概念は、1つの偏った目線での価値観や尺度でしかないのかもしれません。

さまざまな障がいを補う道具やバリアフリーな環境の発展に加え、周囲の人が自然とフォローできるようになれば、より多くの人が不自由なく暮らせる社会になることでしょう。

障がいとは何か、自分にできることは何か、改めて考えたいものですね。


[文・構成/grape編集部]

出典 @sobomiyako98

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ