オンライン健康医療相談サービス「HELPO」を法人・自治体へ提供


ソフトバンクのグループ会社であるヘルスケアテクノロジーズは、オンライン健康医療相談サービス「HELPO(ヘルポ)」を7月29日から提供する。

「HELPO」は、スマートフォンアプリなどを通して、オンライン健康医療相談や病院検索、一般用医薬品などの購入がワンストップでできるヘルスケアサービス。健康に関する悩みをチャット形式で気軽に相談できるほか、自分の目的に合った病院の検索や一般用医薬品の購入ができる。

サービス開始時は法人や自治体向けに提供。健康経営を目指す法人や健康的な町づくりを目指す自治体に、従業員や職員の福利厚生および地域住民の健康増進の一環として活用してもらう方針だ。

サービス開始時は「オンライン健康医療相談」「病院検索」「ヘルスモール」の3つの機能を提供。オンライン健康医療相談では、24時間365日、健康に関する相談をチャット形式で行える(1回当たり最大60分間)。健康維持や病気の予防方法、症状に合った診療科や一般用医薬品選びの相談などが可能だ。子どもや両親など、家族の健康の悩みも相談できるという。

病院検索では、アプリの地図から条件に合う病院や診療所を検索できる。適切な診療科が分からない場合は、オンライン健康医療相談で相談可能。将来的には、病院・診療所向けのオンライン診療支援ツールや、病院・診療所の予約ができる機能の実装を目指す。

ECサイト「ヘルスモール」では、一般用医薬品や健康食品、化粧品、日用品などを販売。ヘルスケアテクノロジーズと提携する大手ドラッグストアが取り扱う商品をそろえる。サービス開始時点で「ヘルスモール」を利用できるのは東京都23区に住んでいる人のみ。今後エリアを順次拡大していく予定だ。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ