『左ききのエレン』の目黒広告社がWantedlyにページ開設 スピンオフ作品も公開中

ガジェット通信

2020/7/29 13:00



少年ジャンプ+」で連載中の人気漫画『左ききのエレン』(原作:かっぴー、漫画:nifuni)に登場する企業「目黒広告社」が、Wantedlyページを公開しました。

他の企業ページ同様に業務内容やメンバー紹介が閲覧できるだけでなく、オリジナルスピンオフ作品「覚醒の転機」(前編)を無償で公開しています。



『左ききのエレン』は広告業界を舞台にクリエイターの葛藤を描いた人気漫画。目黒広告社は、駆け出しのデザイナー・朝倉光一が務める大手広告代理店で、武蔵野美術大学を卒業後に広告代理店でアートディレクターを務めたかっぴー氏のならではの視点で群像劇が描かれます。

Wantedlyは登録会社数3万5000社、個人ユーザー数250万人を突破したビジネスSNSで、今回のコラボレーションは、株式会社ナンバーナインとかっぴー氏によるクラウドファンディングプロジェクト「【舞台化記念】原作版『左ききのエレン』初の紙版単行本&『0巻』制作プロジェクト!」への支援を行い、実現に至ったとのこと。



目黒広告社のWantedlyページはかっぴー氏が監修。8月5日(水)に予定しているスピンオフ作品後編の公開に合わせ、内容のアップデートも予定しているそうです。

目黒広告社Wantedlyページ:

https://www.wantedly.com/companies/meguro-ad

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ