『文アル』第12話先行カット公開! 文学に囚われた友人に対し、男は…。

現在放送中のTVアニメ『文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~』の第12話先行カット&あらすじが公開となった。

『文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~』の原作であるゲーム『文豪とアルケミスト』は、様々な文豪と共に戦い、人々の記憶から文学が奪われる前に侵蝕者から文学書を守りぬくことを目指す文豪転生シミュレーション。総勢60名を超える文豪たちが豪華声優陣によって現代に甦る! 累計登録者数110万人を突破した、DMM GAMESが誇る人気のPCブラウザ&スマートフォンアプリゲームだ。

第12話はテレビ東京ほかにて7月31日(金)より放送開始。あらすじ、先行カットはこちら!

<第12話 「歯車 前編」>
その男は追憶する。周囲の者は皆、彼を否定しているのではないかと疑っている。繊細で臆病な彼にとって、自分は唯一の友人であった。世間の期待に応え、全てが完璧ではないといけないと、日毎に衰弱していく彼を見ているのは辛かったが、止めることもできず見ていることしかできない。最後まで文学に囚われてしまった彼に対して、男がとった行動とは…。

脚本:熊谷純、絵コンテ:渡部穏寛、演出:是本晶、作画監督:藤原未来夫、総作画監督:牧孝雄、美術監督:緒続 学

先行カットのすべてはこちら!>>>

(C)DMM GAMES/文豪とアルケミスト製作委員会・テレビ東京

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ