及川浩治ピアノ・リサイタル『名曲の花束』の開催が決定

SPICE

2020/7/29 13:09



2020年10月31日(土)サントリーホールにて及川浩治ピアノ・リサイタル『名曲の花束』が開催されることが決定した。

デビュー25周年を迎えたピアニスト・及川浩治。昨年2019年のリサイタルでは、ベートーヴェン5大ピアノ・ソナタ(「悲愴」「月光」「テンペスト」「ワルトシュタイン」「熱情」)+「エリーゼのために」というプログラムを披露し、満席のサントリーホールを感動と興奮で包み込んだ。ひとつひとつの楽曲への深い洞察、あえて大曲の中に「エリーゼのために」を織り込む計算しつくされた構成、そして圧倒的な技巧と情熱が合わさった圧巻の演奏は、ベートーヴェンの真価を余すところなく表現し、「現代最高峰のベートーヴェン弾き」としての及川浩治の評価を再認識させる重要なコンサートとなったという。その及川浩治が、ベートーヴェン生誕250周年を迎えた2020年シーズンのリサイタルに選んだのが、交響曲第5番「運命」。今回はピアノの名手でもあったリストが編曲したピアノ版を演奏する。

『名曲の花束』は、近年、及川が最も力を入れているコンサート・シリーズ。クラシックに慣れ親しんでいない方でも存分に楽める耳馴染み深い名曲ばかりを披露し、従来のクラシックファン以外からも好評を博す人気コンサートになっている。今回の楽曲は、前述したベートーヴェンの交響曲第5番のほか、バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」、ショパンの「雨だれ」、エルガーの「愛のあいさつ」、リストの「愛の夢第3番」など、誰もが知っている人気の小品。また、バッハの「シャコンヌニ短調」、リストの「メフィスト・ワルツ第1番」という小品にとどまらないスケールの大きな名曲も演奏する。

及川浩治コメント

及川浩治  (c)Yuji Hori
及川浩治  (c)Yuji Hori

今シーズンの『名曲の花束』は、後半にベートーヴェン生誕250周年を記念して、ベートーヴェンの「交響曲第5番」を孫弟子でもあるピアノ界の帝王フランツ・リストによるピアノ・ソロ編曲版でお届け致します。
私がベートーヴェンの作品の中で最も愛しているのが、9つの交響曲です。その中でも「運命」として親しまれている、この「ハ短調の交響曲(ベートーヴェンのハ短調!)」は幼い頃から私に興奮と勇気を与えてくれました。
ベートーヴェンが長い時間をかけて生み出したこの完璧な芸術作品には、苦悩に立ち向かい葛藤し最後には完全なる〈勝利〉〈希望〉が表現されています。人が苦しみの中に希望を見出すことはたやすいことではありません。
ベートーヴェンはこの交響曲で不屈の精神を持ってそれを成し遂げているのです。2020年という人類史に残る苦悩と葛藤を、ベートーヴェンの「運命」を通して皆さんと乗り越えていければという思いでいっぱいです。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ