元彼と復縁したいと思ったら…連絡する前にチェックしたい4つのこと

ウレぴあ総研

2020/7/29 10:30

失恋経験のある女性の中には「元彼と復縁したい」という切ない願望を抱いている方もいらっしゃるのでは?

大切で大好きだった恋人との別れは辛いもの。もし、チャンスがあるなら復縁したいと考えるのは当然のことといえるでしょう。

そこで今回は、元カノである自分が、元彼に連絡するまえにチェックしたいことを紹介します。見切り発車にならないよう、参考にしてみてくださいね。

■元彼と復縁したいなら!連絡する前にチェックすること

■1: 自分磨きができているか

元彼と復縁したいのであれば、まずは「自分磨き」ができているかをチェックしてみてください。

元彼と別れてから、何も成長せずにいるのはNG。

中身も外見も磨き上げて、一回り成長した自分であることが大切です。以前よりも成長したあなたの姿に、元彼も別れたことを後悔するかもしれません。

復縁のチャンスが高まりますので、まずは「自分磨き」に専念してみましょう。

■2: 元彼に新たな女性はいないか

元彼と復縁したいのであれば、「元彼に新たな女性がいないか」をチェックしましょう。

すでに、新しい恋人がいる場合、復縁できる可能性はグッと低くなくなります。もしかしたら、復縁を諦めざるを得ないこともあるかもしれません。

元彼に新たな女性がいないかチェックする方法は、SNSの内容や共通の知人に聞いてみるのがベストです。

直接元彼に聞いてしまうと、思わぬトラブルに発展してしまう可能性がありますので注意してください。

■3: 冷静に考え事ができているか

元彼との復縁に意識を向ける前に、そもそも「今自分が冷静に考え事をできる状態か」をチェックしなければなりません。

冷静になれていないと、思わぬ失敗をやらかしてしまい、さらに復縁のチャンスが遠のく可能性があります。

「どうしても今すぐ復縁したい!」「寝ても覚めても彼のことが頭から離れない!」という場合は、まだまだ冷静になれていない証拠。

冷却期間として、少し時間を空けておくことをおすすめします。

■4: 自分の落ち度を反省できているか

もし、別れた理由が「自分が原因」である場合、自分の落ち度をしっかり反省できているのかを今一度考えてみてください。

人は「反省している」と頭では思っていても、本音が態度や言動に現れてしまうものです。

いざ、元彼と会うチャンスがあっても、きちんと反省できていなければ、「以前と何も変わっていない」と呆れられてしまうかもしれません。

「自分の悪かったこと」「直さなければいけないこと」などを改めて考え、しっかりと自分と向き合ってみましょう。



■元彼と復縁するために試すこと

■1: SNSで「楽しんでいる自分」をアピールする

元彼と復縁したいのであれば、いきなり連絡を入れるのではなく、まずはSNSで自分の様子をどんどん発信していきましょう。

特に「今の生活を楽しめている自分」をアピールすることは大切です。まるで、元彼のことなんて頭にない! とでも言いたげな様子は、意外にも元彼の関心を刺激します。

「もう吹っ切れたのか?」「楽しそうで、なんだか複雑…」と、元彼の心を揺らすことができるかもしれません。

まずは1ステップ目として、SNSでのアピールを実践してみてください。

■2: タイミングを見てシンプルに連絡を入れてみる

元彼との復縁のきっかけを作るためには、タイミングを見て連絡を入れてみる必要があります。

ただし、あくまでも「シンプルなメッセージ」を意識しましょう。はじめから元彼への復縁したいアピールを送ってしまうと、警戒させてしまうだけでなく、余計に呆れてしまう可能性があります。

まずは「久しぶり、元気?」くらいの、シンプルなメッセージを心がけてください。

やりとりのきっかけになれば、復縁のチャンスも広がりますので、相手の返信の意欲を削ぐようなメッセージは避けましょう。

■他の男性に目を向けてみることも大切!

元彼のことが忘れられないなら、思い切って他の男性に目を向けることも大切です。

世の中には様々な男性がいます。別の男性とデートをしたり、食事を楽しんだりしてみると、元彼とは違う男性の魅力に気が付くことがあるかもしれません。

破局すると、「元彼のことで頭がいっぱい」となってしまう女性は少なくありませんが、それは非常にもったいないことです。

元彼だけに固執するのではなく、視野を広げて、素敵な恋愛を目指してみてはいかがでしょうか。



元彼と復縁したい……と悩む女性は非常に多いです。しかし、いきなり連絡しても復縁のチャンスは低いもの。むしろ、嫌われる可能性がありますのでおすすめできません。

どうしても、元彼と復縁したいのであれば、本ページを参考にしながら「チックポイント」を把握し、しっかりと自分と向き合ってみてください。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ