どう思ってる? 女性に泣かれた時の男性心理とは

fumumu

2020/7/29 05:00

傷つく女性(AntonioGuillem/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
泣くつもりはなくても、ふいに涙がこぼれてしまうこと、ありますよね。それが好きな人の前だった場合、「重たいと思われたかな」「嫌われたらどうしよう」などと、不安に思ってしまう人も多いでしょう。

女性に泣かれた時、男性はどのようなことを思っているのでしょうか?

fumumu取材班が、詳しい話を聞きました。

■好意的な意見

(1)心を許してくれていると思う
「泣き顔を見せてくれる相手は、自分に対して心を許してくれているのだと思います。大人の女性なら、そう簡単に人前では泣かないと思うので。特別感を感じます」(20代・男性)

(2)力になりたいと思う
「『頑張り過ぎてない?』『大丈夫?』と、心配になります。涙を流すほど辛いのなら、力になりたいと思います」(30代・男性)

(3)守ってあげたくなる
「仕事でクライアントからの心無いクレームを受け、会議室を出た瞬間に涙が溢れ出てしまった先輩女性を、人目につかないところまで引っ張っていきました。


こんなことくらいしか、後輩の自分がフォローできることはありませんが、思わず守ってあげたくなりました」(20代・男性)

関連記事:「今日は休みたい…」当日会社を休むとき、どんな理由を使う? 経験者に聞いてきた

■否定的な意見

(1)泣く理由が分からなく困る
「我慢していても涙してしまうことはあると思いますが、泣く理由が分からないと対処に困ります」(30代・男性)

(2)どうしていいか分からないし面倒
「お酒を飲んでいる時に、酔っ払ったせいか、突然泣き出した女性。どうしていいか分からないし、正直、面倒でした」(20代・男性)

(3)人前で泣くのはズルい
「仕事のミスを注意しているのに泣かれてしまうと、注意している自分の方が悪いように見られることもあります。


コンプライアンス的に女性と二人きりで個室に入れないので、人前で注意するしかないのですが……『ズルいな』と、思ってしまいます」(30代・男性)


涙を好意的に受け止めてくれる男性は、何かしらのかたちでフォローしてくれるでしょう。それ以外の場合は、否定的に受け止められている可能性があるかもしれません。

・合わせて読みたい→男性が「かわいい」「かわいくない…」と思うツンデレの違い

(文/fumumu編集部・志都)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ