森山未來、北村匠海、勝地涼が演じる“負け犬”ボクサーそれぞれが背負うものとは? 映画『アンダードッグ』特報映像を解禁

SPICE

2020/7/29 06:00


映画『アンダードッグ』が11月27日(金)に公開されることが決定。あわせて、特報とキャラクターポスターが解禁された。

『アンダードッグ』は、武正晴監督が『百円の恋』以来6年ぶりにボクシングを題材にメガホンをとった映画。原作・脚本を、同じく『百円の恋』の足立紳氏が手がけ、3人の“負け犬”ボクサーがどん底から這い上がろうとする姿を描いた作品だ。チャンピオンへの道から遠のき、〝咬ませ犬〟としてボクシングにしがみつく日々をおくるボクサー・末永晃を森山未來が、児童養護施設で育ちの才能豊かな若きボクサー・大村龍太を北村匠海が、大物俳優の二世タレントで鳴かず飛ばずの芸人ボクサー・宮木瞬を勝地涼がそれぞれ演じている。


解禁された特報映像は、3人の“負け犬”ボクサーたちのバックグランドが垣間見えるもの。森山演じる崖っぷちボクサー・末永に、龍太が「さすがにヤバいでしょ、リングでタバコ吸ってたら」と語りかけるシーンに始まり、3人の男たちのバックグラウンドの一部が明らかに。ポスターにも、「夢見る燃えカス。」「夢あふれる悪童。」「夢探す半人前。」とそれぞれのキャラクターを象徴するキャッチが添えられている。
(C)2020「アンダードッグ」製作委員会
(C)2020「アンダードッグ」製作委員会
(C)2020「アンダードッグ」製作委員会
(C)2020「アンダードッグ」製作委員会
(C)2020「アンダードッグ」製作委員会
(C)2020「アンダードッグ」製作委員会

また本作は、劇場版と配信版が製作されることも明らかに。劇場版の【前編】【後編】では3人の男たちのドラマを中心に描き、配信版は全8話で3人の男たちと彼らをとりまく登場人物の群像劇として制作されているという。

劇場版『アンダードッグ』 【前編】【後編】、11月27日(金)よりホワイトシネクイント他にて全国公開。 配信版『アンダードッグ』は、ABEMA プレミアムにて11月から配信開始。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ