ノンストレスで「それなり以上」は顔まわりでつくる|4つのおすすめスタイル

GISELe

2020/7/28 20:30

用途を1つに定めない。行き先にも予定にも動じない。分類しがたい服こそ、多くの可能性を秘めていることに着目した、垣根をなくしたワードローブによる着まわしを新提案。第一印象や固定観念をリセットし、とらわれない目を持つことでもっと長く、さらに深く、着る楽しみは持続する。

SITUATION
垣根をなくせば行き先も広がる
「予定に左右されない服」
予定や場所を限定した「◯◯のための服」という考え方で、知らず知らずのうちに活躍の場をせばめてしまうこともある。同じ服でもあらゆる行き先を。同じ予定でも発想豊かに。想像力を働かせて、さらなる変化を追求。

WORK SCENE
下より上に力を入れて仕事する?
プライオリティは「上」に置く
動作が制限されるボトムは、日常づかいから遠のくもの。ならばそのぶん、トップスも含めた顔まわりを重視してみる。ノンストレスで、それなり以上に見られたいシーンに最適な4タイプの「上下関係」。

DECOLLETE LINE
「余白のあるシャツと繊細なシルバーの計算」
まずは手を加えずとも清潔感を約束してくれるシャツを。至近距離で気づく程度の、小さなこだわりをデコルテにしのばせて。


1:15 P.M.
APPOINTMENT REQUEST
ブルーとシルバーの冷たい配色が知性を生む
ブルーシャツ 24,000円+税/LE PHIL(LE PHIL NEWoMan 新宿店) バッグ 55,000円+税/モダンウィービング(アーセンス) ブラウンローファー 13,500円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) シルバーリング 7,200円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) ブラウンリネンパンツ 19,500円+税/ELENDEEK ピアス(イヤカフとセット) 各5,000円+税/Ungrid シルバーチョーカー 16,000円+税/e.m.(e.m. 表参道) シャツのえりから見え隠れすることで、わかりやすいチェーンネックレスより目を引く繊細なチョーカー。リングやピアスもミニマルに。「見た目はきちんと、素材はラク」なリネンパンツなら、まじめな印象を損なわず気楽に過ごせる。

DRY + WET
「ドライなジャケットとウエットなヘア」
シャツとカーディガンの側面もある、ソフトなリネンジャケット。より手抜きに見せないために、リネンに映える「ヘアの質感」の見直しを。


8:30 A.M.
READING NEWSPAPER
小さく輝くピアスもドライな空気を変える一役
リネン混ジャケット 12,000円+税/Ungrid 黒タンクトップ 6,500円+税/LENO(グッドスタンディング) デニムパンツ 12,800円+税/ROLLAS(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) レザービーチサンダル 11,800円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) ピアス(イヤカフとセット) 各5,000円+税/Ungrid シルバーバングル 55,000円+税/TAPLEY(エスケーパーズオンライン) ヘアとピアスの光沢感を引き立てるべく、インナーはシンプルな黒が有効。「上」に力を入れたぶん、デニムのカジュアルダウンも生きる。ヘアケアはワックスでもクリームでもないのびのよさで、ほどよくタイトに決まる「グリース」を使用。

N.オム アクア グリース 30g(美容室専売品) 1,000円+税/ナプラ ヘアケアも垣根を越えて、ファジーなスタイルに仕上がるメンズ用を。柑橘系の香り。

LIP COLOR
「白ベースの中で知的に華やぐ丁寧なコーラル」
フェミニンにもハンサムにも振れるストライプシャツの方向性を定めるリップのワンストローク。気品のあるコーラルピンクをさし色として採用。


0:15 P.M.
LUNCH TIME
アクセを排除したぶん、リップメイクに手間をかける
ブラウンメッシュシューズ 29,000円+税/ペリーコ・サニー(アルアバイル) 白リネンショートパンツ 18,000円+税/ELENDEEK バッグ 22,000円+税/アディナ ミューズ(ADINA MUSE SHIBUYA) リネンシャツ 32,000円+税/POSTELEGANT(エスケーパーズオンライン) 服と同じぐらい、人の印象を左右するリップの色。ショートパンツも白でまとめたトーンには、ヘルシーなオレンジリップも似合うけれど、もう一歩大人の女性をめざすなら、かわいげがありつつ洗練されたコーラルピンクがベター。

ルージュ アリュール 179 4,200円+税/シャネル サテンの光沢をまとったコーラルピンク。なめらかなつけ心地と鮮やかな発色が特徴。(C)CHANEL

LAYERED + LAYERED
「トップスもアクセも重ねるひと手間」
たとえラフなトップスでも、発想次第でオフィス仕様に転換できる。色づかい、重ね方、顔まわりの小物づかい。この3つで印象操作。


4:00 P.M.
AFTERNOON MEETING
ニットの抑揚とアクセのセンスが物語る「感覚のいい人」
眼鏡 40,000円+税/ayame(アヤメ) ミントスエードパンプス 25,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa ベージュニット 19,000円+税/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) ストーンつきピアス(片耳) 19,000円+税/MARIA BLACK(ショールーム セッション) バックオープントップス 12,000円+税/G.V.G.V.(k3 OFFICE) 白パンツ 32,000円+税/ebure シルバーバングル 55,000円+税/TAPLEY(エスケーパーズオンライン) ベーシックでありながら、定番色の黒と白を使わないことが個性につながるトップスレイヤード。さらにクリアベージュの眼鏡やユニークなピアスなど、こだわりが光る小物を散らし、ねらうは「スマートな着飾り方をわきまえた人」。

当記事はGISELeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ