西銘駿、飯島寛騎らWEBラジオ「おしゃべや」映画化決定 声優・田中真弓も出演

クランクイン!

2020/7/28 18:00

 WEBラジオ&動画配信サービス「オールナイトニッポン i」(ニッポン放送)にて配信中のWEBラジオ番組『おしゃべや』(毎週月曜21時)が、『ツナガレラジオ~僕らの雨降(あふり) Days~』のタイトルで映画化され、2021年春に公開されることが発表された。併せて特報とキービジュアル、場面カットが解禁となった。

『おしゃべや』は2017年7月から配信され、舞台・映画・ドラマなどで活躍する、醍醐虎汰朗、井阪郁巳、橋本祥平、ゆうたろう、西銘駿、飯島寛騎、阿久津仁愛、立石俊樹、深澤大河、板垣李光人の10人の若手俳優たちがペアを組んでパーソナリティーを務める。7月27日配信の3周年特別生配信番組『#ツナガレ男子会』では、10人がペアの垣根を越えて集合。その中で映画化プロジェクトの始動が発表された。

映画は、この10人が演じる若者たちが集まって、新たにラジオを立ち上げる姿を描く物語となる。脇を固めるのがイッセー尾形。また、アニメ『ONE PIECE ワンピース』の主人公モンキー・D・ルフィ役でおなじみの声優・田中真弓も特別出演する。監督は『ほしのふるまち』や『通学シリーズ通学途中』、『通学シリーズ通学電車』など青春ラブストーリーを手掛けた川野浩司が務め、脚本はテレビアニメ、映画、ゲームの『攻殻機動隊』シリーズ、アニメ『ダイヤのA』などを担当した藤咲淳一(Production I.G)が担当する。

公開された特報は、俳優志望のアクト(西銘)が重そうな機材を抱えながら、軽トラックの運転席のイッセー尾形に「ラジオ、やるんです!」と告げる場面から始まり、10人が自己紹介のように代わる代わる登場。躍動感にあふれた、ラジオへの気合とエネルギーに満ちた仕上がりになっている。

キービジュアルは、10人がそれぞれのキャラクターを表わすような劇中カットの一部を組み合わせた笑顔や真剣なまなざし、何かを思っている様子などが特徴的な、爽やかでどことなく懐かしさを感じさせるようなビジュアルになった。解禁された6点の場面カットは、手作りなのかポップな雰囲気のラジオブースや喫茶店のような場所でのカットなど、楽しげな様子を切り取っている。

アクト役の西銘は本作の見どころを「ラジオを通して沢山の人々の暖かさに触れ、成長していくところだと思います。時代は進歩していくのに対し、変わらない良さ、街並み、独特な世界観も見所のひとつです」と語り、「この機会に、ラジオを聴いたことが無い方や、ラジオが大好きな方、沢山のファンの方々を取り込んで、映画を通してさらにラジオの良さを伝えられたらなと思います」と意気込んだ。

映画『ツナガレラジオ~僕らの雨降 Days~』は2021年春公開予定。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ