Guiano、5曲入りのEP『あの夏の記憶だけ』を8月に配信リリース決定

SPICE

2020/7/28 18:00


19歳の次世代アーティスト・Guiano(グイアノ)が、8月12日に5曲入りのEP『あの夏の記憶だけ』を配信リリースすることが決定した。

Guianoは、当時13歳だった2014年よりボカロPとしてキャリアをスタートさせ、「シャナ」(114万再生)、「死んでしまったのだろうか」(115万再生)、「スーパーヒーロー」(527万再生)など多くのボカロヒット曲をうみだしてきた。昨年11月には、ボカロPとしての5年間のキャリアを総括した実質的なベスト盤となる1st Album『Love & Music』を2枚組でリリースした。そんなGuianoが2020年からはボカロPとしての活動に区切りを付け、自身で歌っていくことを選び、シンガーソングライターとして本格的に始動。2020年4月、その最初の作品となる配信シングル「透過夏 (feat. 理芽)」をリリースし、7月1日からオンエアされたマクドナルド「マックシェイク(R)S¥100 M¥150 ずっと好き篇」のTV-CMでは音楽を担当した。

8月12日に配信リリースされるEP『あの夏の記憶だけ』では全曲セルフボーカルに初挑戦。自身の代表ボカロ曲「死んでしまったのだろうか」のセルフカバー、4月にリリースした「透過夏 (feat. 理芽)」、8月30日(日)に開催する1st ONE-MAN LIVEのタイトルと同じ表題曲「あの夏の記憶だけ」など全5曲を収録。ジャケット写真は、FLAT STUDIOのasano66が担当している。
EP『あの夏の記憶だけ』
EP『あの夏の記憶だけ』

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ