豊原功補企画・脚本・演出による舞台2作品が衛星劇場にてテレビ初放送 毎熊克哉&芋生悠主演作も

SPICE

2020/7/28 18:00



2020年9月26日(土)、俳優・豊原功補が企画、脚本、演出による舞台2作品、芝居噺『名人長二』芝居噺弐席目『後家安とその妹』がCS衛星劇場にてテレビ初放送されることが決定した。

芝居噺『名人長二』は、三遊亭圓朝の『名人長二』を原作に11人の役者が17人のキャラクターを演じ分け、演劇と落語を融合した芝居噺シリーズ第一弾。江戸から明治への転換期、伝統的な話芸に新たな可能性を開いた落語家三遊亭圓朝が、フランスの小説家モーパッサンの短編小説『親殺し』をもとに、近所に住んでいた実在の指物師(箪笥や箱などを作る職人)長二郎をモデルに新聞連載として創作した長編人情噺『名人長二』。しかし、自ら高座へあげた事はなく、古今亭志ん生ほか数人しか手を付けていない幻のような作品だ。今作では、豊原が企画、脚本、演出、主演の4役に挑み、高橋惠子、山本亨をはじめ舞台初出演となる森岡龍、そしてモロ師岡、梅沢昌代、花王おさむ他ベテラン勢が脇を固める。






芝居噺弐席目『後家安とその妹』は、『名人長二』に続く芝居噺シリーズ第二弾。遊亭圓朝と古今亭志ん生の落語を原案に、今作も俳優豊原功補が企画、脚本、演出を手掛ける。主演は連続テレビドラマ『まんぷく』や『恋はつづくよどこまでも』など、数々のドラマ・映画に出演している注目の俳優、毎熊克哉。ヒロインには数々の映画に出演し、8月公開予定映画『ソワレ』では主演も務め、日本インディーズ映画界から出演オファーが絶えない芋生悠。御家人を追われた恨みを腹に持つ年若い兄妹に翻弄される人々の運命を描き出す。






芝居噺『名人長二』は、9月26日(土)午後7:20放送、芝居噺弐席目『後家安とその妹』は、9月26日(土)午後9:50放送だ。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ