U-KISSのスヒョンとJUNが登場! 【K-POPの沼探検】 #131

ananweb

2020/7/28 18:00

7月29日に「夜空に咲く花」を配信するU-KISS。メンバーのスヒョンさんとJUNさんが、楽曲やファンへの想いなど、アンケートインタビューにたっぷりと答えてくれました。ananwebのために作ってくれたプレイリスト&撮り下ろし動画にも注目!
取材・文 小泉咲子

【ペンになってもいいですか!?】vol. 131

■ MEGARYUのカバーをU-KISSらしく歌う

左・スヒョン、右・JUN

――7月29日に配信される「夜空に咲く花」はスヒョンさんがカバーを提案されたそうですね。

スヒョン はい。ステイホーム期間中はたくさん音楽を聴いていたんですが、偶然、この曲がプレイリストにおすすめされて。すぐに「めっちゃいい曲!」と感じました。イントロのメロディと、「大切な君といた あの夏の夜は今も忘れられない思い出」という歌詞が印象に残りましたね。

というのも、U-KISSは毎年夏に全国ツアーをやってきてファンのみなさんと過ごしてきたんです。今年もツアーなどを計画していましたが、難しい状況が続いてて…。今、ファンのみなさんと会えないからこそ、夏の思い出を描いたこの歌に、より心惹かれたんだと思います。

JUN スヒョン兄さんが直接選んだ曲だと聞いて、驚きがありました。初めて聴いた時には、とても夏らしくて、歌詞が美しいと思いました。僕にとっても、「大切な君といた~」の歌詞が特に印象的で。ファンのみなさんにとって、大切な人との間に生まれる美しい感情を思い出しながら聴いていただけたら。

――オリジナルを歌っているMEGARYUさんに、カバーのことを伝えた時はいかがでしたか?

スヒョン とても喜んでくださって、カバーを快諾していただきました。「U-KISSらしく歌ってほしい」と言っていただき、夏のステージで、コラボのご提案もいただいたのですが…。状況がよくなったら、同じステージに立って、この曲を歌いたいですね。

――カバーならではの難しさもあったのでは?

スヒョン やはりカバーゆえのプレッシャーは感じました。素敵なオリジナル曲を活かしたい。そのうえで、U-KISSならではのニュアンスも入れたい。そうした思いが交錯して、正直、レコーディングは大変でしたね。難しかったからこそ、メロディと歌詞を心から感じることに徹しました。そうしたら、浮かんできたのが、KISSme(ファン名称)と過ごしてきた夏の幸せな思い出だったんです。

JUN レコーディングでは、オリジナル曲の方向性を失われないように努めながら、さらに僕たちU-KISSらしさを加えることを心掛けました。

■ もし行けるなら、日本のレストラン巡りをしたい!

――お二人にとって、忘れられない夏の思い出は?

スヒョン 子どもの頃は、夏になると家族といつも渓谷に行ってたのですが、必ず、僕のサンダルが、片っぽ流されてしまうんです(笑)。そこで冷やして食べたスイカの味も忘れられませんね。

JUN 僕も、子どもの頃は夏になると家族と一緒に遊びに行ってて、今でもいい思い出です。U-KISSになってからは、やはり夏のツアー! 準備期間も含めて、メンバーとたくさん思い出が詰まっています。

スヒョン 夏のツアーで特に印象的だったのは、沖縄です。美しい景色を見て、現地の文化に触れることもできて、メンバーとの夏の幸せな思い出があります。また、メンバーと、そしてファンのみなさんと一緒に、沖縄で思い出を作れたら。

――タイトルにちなんで、好きな花は?

スヒョン カスミソウ! 他の花を引き立てる花ですが、カスミソウだけの花束もかわいらしいです。

JUN サフラン。花言葉の〝後悔ない青春″が好きです。

――スヒョンさんがプレイリストを聴いていて、「夜空に咲く花」のカバーを思い立ったということで、お二人でプレイリストを作ってください!

スヒョン タイトルは「ぼくだけのヒーロー」。KISSmeのヒーローになりたいから (笑)。

1 ぼくだけのヒーロー2 Dear My Friend3 One of You4 Kiss Me Forever -一生 Japanese ver.-5 Stay Gold

JUN タイトルは「おうちで踊ろう‼‼」。おうちでも踊りたいダンス曲を選びました。

1 Come Alive2 Tick Tack3 ALONE4 Break up5 Shut up!! -Japanese ver.-

――ステイホーム期間は、どんなふうに過ごしていましたか?

スヒョン 家族とたくさんの時間を過ごしました。今までほとんどしなかった料理をお母さんと作ってみたんですけど、やればやるほどおいしく作れるようになって、楽しいです。ファンクラブ映像ではガチの部屋着でカレーを作ったけど、機会があればファンのみなさんにも作ってあげたい!

JUN 僕も料理をしました。家の近くにあるアトリエでは、好きな音楽を聴いたり、本を読んだり。ただ、ステイホーム期間は、人に会う機会が減って、笑うことも少なくなっちゃって…。少しでも前向きに考えられるように、頑張ってマインドコントロールをしてました。

――日本に来たら、真っ先にしたいことは?

スヒョン 僕が軍隊にいた間に渋谷がさま変わりしたようなので、渋谷巡りをしたいですね。一番食べたいのは、やっぱりつけ麵のお店『TETSU』。ジンギスカンもいいですね。日本にはおいしい料理がいっぱいあります。

JUN 僕もレストラン巡りがしたいです。夏に行けたら、日本の花火を見たい。花火の下で歌えたら最高です!

――8月からJUNさん出演のドラマ『グッド・キャスティング』の日本放送が始まります。

JUN 今回演じた役(わがままな俳優)は、あまり好きじゃない性格で、本当の僕とは真逆なので誤解しないでほしいです! スヒョン兄さんは、裸になるシーンも面白がってくれるんじゃないかな。理由は、みなさんのご想像にお任せします(笑)。

スヒョン 僕はすでに観ていて、本当にJUNの演技がうまくて、すっかりドラマに夢中になりました。僕が知っているJUNではなく、役を演じているJUNのキャラクターを観られて面白かったですね。キスシーンは、僕が恥ずかしくなっちゃいました。ただ少し、羨ましかった(笑)。

――現在、U-KISSは二人での活動です。改めて感じたお互いの成長や素敵なところ、できたら直してほしいところは?

スヒョン 僕が兵役中に、JUNはパフォーマンス面だけでなく、人としてものすごく成長を遂げていました。自信を持って、自分のやりたいことや得意なことをちゃんとアピールできるようになっていたんです。直してほしいところはゼロ。このままいけば、もっと素敵なアーティストになると思います。

JUN スヒョン兄さんは、やっぱりいいリーダーなんだなって改めて感じます。デビューからまったく変わらないのがいいところだけど、カッコいい面もどんどん出してほしい! 僕自身の変化としては、ステージで余裕が生まれて、今後の方向性を見つけられたのが大きいですね。

――直接会うこともままならない今、KISSmeへの想いを聞かせてください。

スヒョン KISSmeのことはいつも考えています。ステージで歌うことが、こんな状況でも応援してくれることへの恩返しになると思います。個人的にはサイン会をやりたいです。一人ひとりと話して、もっとみなさんのことをよく知りたいですね。どんな形であれ、とにかく早く会いたい!

JUN みなさん元気でいるか、体調を崩していないか、本当に心配です…。上映会後のトークやオンラインライブはありますが、直接会えないのがとても寂しいです。状況がよくなったら、ファンのみなさんと目と目を合わせたい!

スヒョンさんとJUNさんからのメッセージはこちら!

■ Information

「夜空に咲く花」は7月29日より配信スタート

オンラインライブ「U-KISS Studio Live 2020 ~Poem of Summer~」◆8月8日(土) 20:00開始 SOOHYUN&U-KISS LIVE STAGE DAY配信◆8月9日(日) 20:00開始 JUN&U-KISS LIVE STAGE DAY配信

ドラマ「グッド・キャスティング」は8/6よりKNTVで放送スタート。

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ