金子大地、「僕を覚えてもらいたい」と本音がポロリ<映画『君が世界のはじまり』インタビュー>

 

おっさんずラブ』の栗林歌麻呂役、『腐女子、うっかりゲイに告る。』の安藤純役など、ドラマ・映画で活躍中の若手俳優・金子大地さんが、ふくだももこ監督の最新映画『君が世界のはじまり』(7月31日公開)に出演。その公開を記念して、インタビューを敢行しました!

大阪の寂れた町を舞台に、そこで暮らす女子高校生と仲間たちの人間模様をビターな味わいで描く本作。金子さんはどこか影がありそうな東京からの転校生・伊尾役に挑戦! これまでのどの役柄とも違う、また新たな表情でファンを楽しませてくれます。今回の作品で「すごく新鮮な体験をしました」という金子さんに、映画のこと、将来の目標のこと、そして自粛期間中に思わずハマってしまったというあるコトなど、いろいろなお話を伺いました!

 

 

ーー今回の作品は、若者でも大人でも、どの層が観ても心揺れ動くメッセージがある作品だと思いましたが、金子さんご自身は、このお話の中にまず何を感じましたか?

 

金子大地:僕は片山友希さんとのお芝居が多かったので、片山さんに<もらったもの>が大きかったと思います。映画やお芝居好きのふくだ(ももこ)監督は何度もテイクを重ねるのですが、演じていてすごく楽しかったですね。作品を観てというよりも撮影している時、片山さん演じる純とのお芝居がすごく楽しかったです。

 

ーー確かに、ふたりだけの関係性がありましたよね。

 

金子大地:そうですね。伊尾はある意味で純を振り回す役柄なのですが、実は伊尾が振り回されているような側面もあるんです。それは片山さんとご一緒したからこそできたことだと思いますし、試写を観せて頂いた時にそう思いました。それがすごく良かったです。目と目が合って、お芝居をして、すごく感じるものがありましたね。片山さんが持っている強さみたいなものが、そのままメッセージにもなっているのかなと思います。

 

ーー何度もテイクをと言われていましたが、映画を観ている限り、まったくアドリブがなさそうな、どっしりとした印象です。ひょっとしてふくだ監督特有の撮影方法なのでは?

 

金子大地:そうですね。何度も段取りをして、リハーサルを重ねました。映像が監督の頭の中ですでに決まっているんです。リハーサルを重ねる中で見つかることもたくさんあったので、これまで本番で起こることを大切にしてきた僕にとってはすごく新鮮な体験でした。

 

ーー演じられた“伊尾”ですが、金子さんが過去に演じられた『おっさんずラブ』の“マロ”と印象が全然違うと、よく言われませんか?

 

金子大地:言われますね。でもそれは俳優をしている上では、すごくうれしいことです。僕だと気づかなかったと言ってくださる人もいるのですが、演じているのは全部僕なので、マロもですし、伊尾も僕。普段の生活はマロっぽい? 伊尾っぽい?みたいなことを聞かれるのですが、全部僕から出たキャラクターなので、金子大地なんです。

 

ーー差を出そうと、意識するのですか?

 

金子大地:それはないですね。なにより、僕は(自分を)覚えてもらいたいんです(笑)。「この人、金子大地だったのか!」って、後で気づかれるのは嬉しくもありますが、寂しい気持ちになります(笑)。

(おでこをぱっと見せて)眉毛が出ていると顔つきも変わるので、髪型なども安定させたい。金子大地はこれ!というイメージが自分の中でもまだないので、しっかり作りたいという気持ちはありますね。

 

ーー伊尾を見て「金子さんだと思わなかった」という感想は、すごく傷ついていたんですね(笑)

 

金子大地:すごくうれしいことなんですけどね(笑)! もちろん結果として僕だと分かってくださっているからこその驚きだと思うのでうれしいのですが、やっぱり金子大地を覚えてほしいなって思ってしまいます(笑)。

 

ーーちなみにご自身の高校生活はいかがでしたか?

 

金子大地:何も考えていなかったです。

 

ーー不完全燃焼だった?

 

金子大地:そうではなくて何もしていなかったんですよね。もうちょっと本や映画など、いろいろなことを勉強しておけばよかったなと思います。でも楽しく過ごしてはいて、言ってしまえば何も悩みがなかったんです。それが悪いとは思っていないんですが、みんな高校生活でこじらせたエピソードとかあるのがうらやましかったりします(笑)。

 

ーーそれはなくてもよいのでは(笑)

 

金子大地:たしかにそうですね(笑)。ただ、一個くらいエピソードがほしいなと思いますね。僕にはたいしたエピソードが何もないので、今となるとそれはちょっと悲しいなって。

 

ーーずっと続けているような趣味は?

 

金子大地:趣味ではないのですが、最近サウナにハマったんです。初めて“整う”を経験しました。すごく気分がよくなるんです。あまりにも気持ち良かったので友だちに聞いたら、「それはな、“整う”って言うんだよ」と言われました(笑)。

 

ーーどういうタイミングで“整う”のですか?

 

金子大地:サウナと水風呂、休憩をワンセットにして、それを何回も繰り返すんです。その3セット目か4セット目の休憩の際に突然訪れます。“整う”が。人によって差があるみたいなのですが、僕は整いやすかったです(笑)。

 

ーーそれが縁で友だちもできそう!

 

金子大地:そうですね。サウナーになりたいです(笑)。

 

ーーきっかけは何だったのですか?

 

金子大地:自粛期間中に家で映画を観ていたりと、きちんと家にいて、満足に食事をしていたら10kgも太ってしまったんです(笑)。コロナによって中断してしまった作品もあって、7月に撮影が再開すると決まったので、画がつながらなくなる可能性もあると思い、汗をかいて落とすためにサウナに通いはじめて。結果、体重もちゃんと落ちました(笑)。

 

ーーちなみにその時観た、面白い映画はありましたか?

 

金子大地:昔の作品ですが、野村芳太郎監督の作品がすごく面白かったですね。衝撃でした。『鬼畜』『震える舌』など。渡瀬恒彦さんが出演されていて、何度観ても飽きない面白さです。映画の時間も長くなくて、観やすいんです。

当時の映画って、どうやって撮っているのかなとも思いました。フィルムで撮っているので、その場でモニターですぐ確認することもできない。想像もできない現場で、すごいですよね。

 

ーーところで、表現者として今何を思いますか? デビューする前とイメージが違うようなことは?

 

金子大地:僕は、最初からお芝居が楽しいと思うことが出来たので、楽しむことが仕事でもあるし、とにかくお芝居が好きです。作品を重ねるにつれどんどん好きになっている感じはありますね。

 

ーーもしも俳優じゃなかったら?

 

金子大地:何をやっていたかな……。何にもできないだろうな。やりたいと思えることがなかったので、事務所のオーディションを受けたんです。その時は興味本位だったけれど、ものすごく楽しかったので、これが合っているんでしょうね。そう思います。

 

ーー目指す人はいますか?

 

金子大地:阿部寛さん、吉田剛太郎さんと、舞台を一緒にやらせていただいたことがあるのですが、お二方の背中を観て圧倒されました。僕は初舞台だったので、とにかく衝撃を受けました。カッコよかったですね。エネルギーも強くて、あんな役者になりたいと思いました。人としてのスケールも大きいので、本当にいろいろな一面を見て、感じることがたくさんありました。僕もそうなりたいですが、まだまだ高い山。頑張りたいですね。

 

ーー今日はありがとうございました! この作品、どうおすすめしますか?

 

金子大地:観るといろいろなことを考え出すというか、男性よりも女性のほうが考えることが多いかも知れません。自分の心の声を大切にしているのは、女性の方が多いかもしれないですよね。高校生にも心の声を大切にしている人は多いと思うので、そういう人たちに観てもらいたいです。人によって伝わる内容も違うと思うので、ぜひみなさんで観て、感想を言い合ってほしいです。(取材・文:takashi.tokita_tokyo/写真:映美)

 

 

映画『君が世界のはじまり』は2020年7月31日(金)より、テアトル新宿ほか全国ロードショー。

出演:松本穂香、中田青渚、片山友希、金子大地、甲斐翔真、小室ぺい ほか
配給:バンダイナムコアーツ
公式サイト:kimiseka-movie.jp

(C)2020『君が世界のはじまり』製作委員会

WRITER

  • takashi.tokita_tokyo
  •        

  • 「映画生活(現ぴあ映画生活)」初代編集長を経てフリーに。映画とディズニー(主にパーク関連)をメインによく取材しているが、パリとクルーズが未体験なことはナイショです。また、ディズニー好きが集まって、あることないことを語り尽くす無害なポッドキャスト「田組fm」が、SpotifyやApple Podcastなどで配信中。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ