遊園地で楽しく!? 『GREAT PRETENDER』第4話あらすじ&先行カット

詐欺師を主人公とするオリジナルアニメ『GREAT PRETENDER(グレートプリテンダー)』の第4話あらすじ&先行カットが到着した。

『GREAT PRETENDER』は、『鬼灯の冷徹』『91Days』などの鏑木ひろが監督を務め、『ALWAYS 三丁目の夕日』『コンフィデンスマンJP』などのヒット作を手掛ける脚本家・古沢良太がTVアニメシリーズの脚本・シリーズ構成に初挑戦。
さらに『新世紀エヴァンゲリオン』『サマーウォーズ』の貞本義行がキャラクターデザイン、『進撃の巨人』『甲鉄城のカバネリ』など、ハイクオリティな映像で話題作を続々手掛けるWIT STUDIOがアニメーション制作を手がける、ジャンルを超えた今世紀最強のチームが贈るオリジナルアニメだ。

世界を股にかけた壮大な「コン・ゲーム」を描く物語。自称「日本一の天才詐欺師」こと枝村真人(えだむら・まこと=エダマメ)が、マフィアさえ手玉に取るコンフィデンスマンのローラン・ティエリーに騙されたことをきっかけに、世界を舞台に桁違いの「コン・ゲーム」に巻き込まれていく。

7月29日(水)より順次放送の第4話のあらすじ&先行カットをチェックしよう!

<Case 1_4: Los Angeles Connection>
「サラザールさ見逃せ……!」:
麻薬製造工場の改修が始まり、エダマメはカッサーノのボディガード・サラザールと共に過ごすことに。
遊園地でサラザールの息子トムと遊ぶうちに、かつての自分を思い出すエダマメ。
そこへカッサーノとローランの逮捕を画策するFBI特別捜査官ポーラ・ディキンスが現れる!

>>>第4話の先行カットをすべて見る

(C)WIT STUDIO/Great Pretenders

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ