2年ぶりに復活、日本市場で「Audi RS 3 Sportback / RS 3 Sedan」発売


アウディ ジャパンは、プレミアムコンパクトモデル「Audi A3」シリーズのハイエンドスポーツモデル「Audi RS 3 Sportback」および「Audi RS 3 Sedan」の装備を充実、新色を設定して約2年ぶりに日本市場で販売。「RS 3 Sportback」は8月18日、「RS 3 Sedan」は9月15日より発売する。

「RS」シリーズは同社のハイエンドスポーツのモデルシリーズ。つまり、「Audi RS 3 Sportback」および「Audi RS 3 Sedan」は、プレミアムコンパクトモデル「Audi A3」シリーズのトップに位置付けられる。特に世界的に人気が高まっている、ツーリングカーレースのTCRカテゴリーに参戦する「Audi RS 3 LMS」のベースモデルとなる「Audi RS 3 Sedan」は、レーシングカー「RS 3 LMS」のストリートバージョンにも位置付けられる、モータースポーツ直系といえるコンパクト高性能セダンとなる。

オールアルミ製の2.5L直列5気筒TFSIガソリン直噴ターボエンジンは、最高出力400PS、最大トルク480Nmを発揮。これに7速Sトロニックトランスミッションとquattroフルタイム四輪駆動システムを組み合わせている。

このquattroシステムは、コンパクトかつ軽量な電子油圧制御式の多板クラッチを採用し、前後アクスルにトルクを可変配分することにより、大パワーを確実に路面へ伝達し、優れた高速安定性と操縦安定性を実現。0-100km/h加速タイムはわずか4.1秒を達成する。このエンジンは、「インターナショナル エンジン オブ ザ イヤー」の2~2.5Lカテゴリーにおいて、9年連続ベストエンジン賞に選出されている。

今回発表するモデルは「RS 3 Sportback」「RS 3 Sedan」ともに特別装備として、エクステリアにはマトリクスLEDヘッドライト、フロントダイナミックターンインディケーター、マットアルミニウムスタイリングパッケージを備えている。またインテリアには、ファインナッパレザーダイヤモンドステッチングのRSスポーツシート、レッドアクセントリング付きエアコン吹き出し口、レッドステッチ入りフロアマットを採用している。

サスペンションにはアウディマグネティックライド(電子制御可変ダンパー)を装備し、SportbackとSedanそれぞれデザインの異なるAudi Sport製5アームマットチタンルック19インチアルミホイールと235/35R19タイヤを組み合わせている。エクステリアカラーは、新色キャラミグリーンのほか、ナルドグレー、グレイシアホワイトメタリック、ミトスブラックメタリックの4色の設定となる。車両本体価格(税込)は、「Audi RS 3 Sportback」が850万円。「Audi RS 3 Sedan」は869万円。

なお、新型コロナウィルス感染拡大防止のために開幕が延期となっていたツーリングカーレースTCRジャパンは、7月25日、26日にスポーツランドSUGOにていよいよ開幕。このTCRジャパンには、今回発表の「Audi RS 3 Sedan」をベースに開発された2台の「RS 3 LMS」が、Audi Sport customer racing teamにより参戦予定となる。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ