ベルリン映画祭で称賛 奴隷労働の現実を描く『ボヤンシー』公開決定

クランクイン!

 奴隷労働の実態を描き、第69回ベルリン映画祭で称賛された映画『BUOYANCY(原題)』が、邦題を『ボヤンシー 眼差しの向こうに』として8月7日より全国公開されることが決定。併せて、場面写真、予告映像が解禁となった。

オーストラリア人監督ロッド・ラスジェンの長編デビュー作となる本作は、監督自身が長年にわたり取材した奴隷労働の現実をフィクションに落とし込んだ作品で、全編クメール語とタイ語で描かれている。

主人公は、カンボジアの貧しい田舎からタイへ働きに出た14歳の少年チャクラ。奴隷として陸から遠く離れた船の上で、絶対的な権力を持つ船長のもとで働きながら、徐々に人間性を失っていく姿を、主演のサーム・ヘンが壮絶に演じている。迫真に迫った映像は、見る者に今なお残る奴隷労働の事実を突きつけながらも、映画という手法を用いて、 “少年は家族と別れどのように生きていくのか”、“生きるためにどんな選択・決断をするのか” などの疑問を鋭く訴えかける。

第69回ベルリン映画祭でパノラマ部門に出品された本作は、観客投票で3位を記録、さらにエキュメニカル審査員賞を受賞するなど現地でも話題となり、昨年のアカデミー賞ではオーストラリア代表作品として外国語映画賞に選出された。

カンボジアの田舎の決して裕福ではない家族。14歳のチャクラは、将来を期待されている兄とは違い、労働の担い手としか扱われない自分の境遇に納得いかない。お金を稼ぎたいチャクラは、友人から仕事をあっせんするというブローカーを紹介してもらい、誰にも相談することなく、単身、家を出る。

チャクラは同じ境遇の数人たちと共にひそかに国境を越え、タイに入国する。しかしそこで待ち受けていたのは、ブローカーによる“身売り”だった。他のカンボジア人やビルマ人とともに“奴隷”として漁船に放り込まれ、劣悪な環境下で労働を強制される。1日22時間魚を捕り、与えられる食料は冷めた米飯のみ。陸から遠く離れた船の上で絶対的な権力を持つ船長は、歯向かう者や衰弱した者を見せしめのごとく拷問し、殺し、海に放り捨てていく。

脱出することも、陸に上がって逃げ出すこともできぬまま、非人間的な環境と拷問の恐怖におびえ、チャクラの心は摩耗し、人間性は失われ、破壊的な人格が芽生え始める。14歳の少年が、非人間的な状況下で選んだ、生きるための手段とは。

予告編は、通りがかる富裕層を横目で見ながら川で仲間と水遊びをする主人公チャクラの姿で幕を開ける。やがて故郷の村を出た彼は、ブローカーの手によって漁船に乗り込まされる。「だまされた」と悟ったが、すでに手遅れ。「今日からこの船がお前の家だ。死ぬまでな」と告げられるチャクラ。見せしめのための拷問など、過酷な船上労働の様子が映し出される。

映画『ボヤンシー 眼差しの向こうに』は8月7日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ