上沼恵美子、逆ギレ騒動に「違うからびっくり」「“宝”だった」『えみちゃんねる』終了理由激白

1995年7月10日に始まり、2020年7月24日に1056回で長い歴史に幕を閉じた上沼恵美子の冠テレビ番組『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)。25年続いた同番組の突然の終了には、上沼が番組制作サイドに激怒したためだという報道が見受けられたが、7月27日放送の自身のラジオ番組で上沼本人がこれを否定し、終了の理由についても激白した。

トークバラエティ番組『快傑えみちゃんねる』では、5年以上出演していた梶原雄太(キングコング)の降板騒動が今年6月にあり、それから間もなく番組終了が発表された。10月の改編期を待たず7月に終了するということで余程の理由があるものと推測されていたが、その理由として番組制作サイドが上沼にあれこれ提言したところ、上沼が「辞める」と逆ギレして番組が終了することになった―と一部で報道されていた。

24日に『快傑えみちゃんねる』は終了したが、27日放送のラジオ番組『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)で、上沼恵美子本人が約30分にわたりこの騒動について語った。上沼は「正直言っていい? 私は何が起こっているか知らなかった。ネットとか分からないし」と切り出した。週刊誌の記者が自宅前にいたため尋ねたところ、話題になっていることを知ったという。上沼は「私と関西テレビさんが大変なケンカをしているという記事らしいんです。ちょっと違うからびっくり」と驚き、「綺麗ごとなんて絶対言いません」と前置きをして「関西テレビさんには足を向けて寝られない」と感謝しかないと何度も力説した。

番組終了にはコロナ禍ということも関係したそうで「お客さんを呼べない。ソーシャルディスタンスということで2m空ける。ゲストの数は減る」とそれまでと変わった点を挙げた上沼は、「『なんでやねん!』とかは横に座っているから言える。しゃべりにくい」と距離がありツッコミができなくなったと嘆く。そんなコロナ禍で関西テレビから「9月までお願いしたい」と話があり「ありがとうございます」と応じた上沼だが、「なんせ私がエンジン、ブンブンブンブン(しないと)。私の士気がカーっと上がらないとできないんですよ」と自身に変化があったことに触れ、通常テレビの新番組は4月から始まるが「間に合わなかったから7月から」同番組はスタートしたため「7月から始まった番組なので7月いっぱいで…最後の我儘として」願い出たところ、「『いいですよ』と言ってくださって」と了承を得たという。終了に際し番組開始時のプロデューサーからはエルメスのスカーフと手紙をもらい、上沼からはネクタイを贈ったそうだ。

「やりにくくなったコロナのせいもある、25年という節目だった。それと私の我儘ですね。数年前だったらすぐにかかったエンジンが今はかからへん。それを9月までコロナの座り方で続けるのはきついなあという話をさせていただきました」と番組終了の理由をまとめた上沼恵美子は、1056回で終了したことには後悔を見せた。「56回ちょっと多かったな。1000回で卒業(すべき)だったな」「緞帳下げてやる時期って番組にはあるんです。やっぱりちょっと色気(欲)があったんだな」とこぼした。

『快傑えみちゃんねる』について「私のライフワーク」と何回も口にした上沼は番組への深い愛情を見せ、全放送回の平均視聴率は12%台だったと誇らしげに報告して「長い間ありがとうございました」と視聴者にも感謝した。「25年間好きにやらせていただいた」と振り返る上沼、現在は「達成感と疲労感、悲しみ」といった心境だという。「いろいろな番組をやってきましたが、『えみちゃんねる』は宝でした」と言い切る上沼にとって、関西テレビとの仲たがい説は寝耳に水だったのかもしれない。今回、上沼恵美子の引退説も流れたが「私は年寄りですけど、もう少しやります」と上沼はきっぱり現役続投を宣言した。

画像は『北村総一朗オフィシャルブログ 2020年7月24日付「怪傑えみちゃんねる!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ