三浦翔平、胸中を吐露 「頭がおかしくなりそう」「春馬。大好きだよ」

fumumu

2020/7/25 17:30

三浦翔平((C)バーニングプロダクション)
俳優の三浦翔平さんが、18日に急死した三浦春馬さんへ向けて、メッセージを綴りました。

■「現実逃避してるよ」


25日、10日ぶりに自身のインスタグラムを更新した三浦翔平さんは「最後の顔を見てから、寝てるだけなんじゃないか。またすぐ会えるんじゃないか。あの笑顔をまた見せてくれるんじゃないか。何度も現実逃避してるよ」と悲痛な思いを綴りました。

20日、三浦春馬さんの所属事務所・アミューズは、親族と相談のうえ、密葬を執り行ったことを報告。また、前日19日には、同じ事務所所属で親交の深かった俳優・佐藤健さんやONE OK ROCKのTakaさんらとともに、翔平さんも最後のお別れをしていたことが報じられています。


関連記事:三浦春馬さんが死去 「撮影に励んでおります!」が最後の投稿

■「まだまだ時間がかかる」


続けて「君の死を受け入れるのは、まだまだ時間がかかる」「君を想う全員が深い悲しみの中にいて、きっと誰かと話して、誰かと支え合いながら、また泣いて、胸が苦しくて、何かをしてなきゃ頭がおかしくなりそうだと思う」と心情を吐露。

しかし「いつまでも泣いてたら安心して眠れないよな? だから少しずつ、一歩ずつ、受け入れる様に頑張るから」と春馬さんへ問いかけ、時間をかけて前を向けるよう、春馬さんに約束をしました。

■「俺たちは一生懸命に生きて…」


そして最後に「俺達は一生懸命に生きて、お前の意志を受け継いで、お前が見たかった景色を絶対見せるから。だから見守っててね。君と過ごした大切な思い出を、これから先もずっと胸に。春馬。大好きだよ。どうか安らかに」と、春馬さんへの思いを記しました。

メッセージとともに投稿された写真は、カメラ目線でとびきりの笑顔を見せる春馬さんの姿。一緒にサーフィンを楽しみ、翔平さんが撮影していると思われる1枚です。

■昨年9月「楽しすぎた」


昨年9月には、ツーショット写真を何枚もアップし、「W三浦」「楽しすぎちゃった」と久々にサーフィンを楽しんだことを報告していた翔平さん。

2008年に『ごくせん』で共演した2人は、9月スタート予定のドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』で11年ぶりの共演を予定していました。

■三浦翔平さんのインスタグラムはこちら

・合わせて読みたい→三浦春馬さんが死去 「撮影に励んでおります!」が最後の投稿

(文/fumumu編集部・冬野 とまと)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ