エミネム戦々恐々か マライア・キャリーの自叙伝に「何を書かれるのか…」

米ラッパーのエミネム(47)は、過去に交際疑惑が浮上した米歌手マライア・キャリー(50)が9月に発売する自叙伝についてストレスを抱えているという。エミネムは2001年に出会ったマライアと交際していたと公言したが、これをマライアが全否定したことから楽曲上で激しいバトルが繰り広げられた。そのマライアが自叙伝で“あること”を明かすのではないか―とエミネムは心配しているようだ。『US Weekly』などが伝えている。

エミネムの弱点は、どんな時でもマライア・キャリーという存在なのです。」

そのように明かした『US Weekly』の情報筋は、こうも語っている。

「エミネムは、マライアが彼について非常にネガティブなことを言うことを分かっており、彼女からの猛攻撃を予測しています。心のどこかでは、受けて立とうとしているのかもしれません。」

「マーシャル(エミネムの本名)は、マライアが『ベッドでは下手だった』とか『自分勝手だった』みたいなことを言うんじゃないかと、ストレスに感じています。こういったことに関して、彼はいつも不安を抱えていました。そのことはマライアも知っていますよ。」

エミネムとマライアはお互いの仲の悪さを隠すことなく、音楽を通じてディスりあってきた。エミネムは2002年に『Rolling Stone』誌のインタビューに応じ、マライアについてこう述べていた。

「彼女を歌手としてリスペクトするから、失礼なことは言いたくない。だが、個人的なレベルではそう感じない。人として嫌いだ。」

「正直になろう。俺は教訓を得た。誇大広告を信じるなってね。彼女を尊敬するが、彼女が本当にすべてを兼ね備えているわけじゃない。美人だってことだけは言っておこう。」

のちにエミネムは2002年リリースのアルバム『The Eminem Show』の収録曲『Superman』と『When The Music Stops』の歌詞で、マライアとの交際をほのめかした。一方でマライアはエミネムとの交際を全否定し、同年リリースの楽曲『Clown』でエミネムを侮辱する内容を歌っている。

さらにエミネムは2009年リリースの楽曲『Bagpipes from Baghdad』で、マライアと当時の夫ニック・キャノン(39)の2人をなじった。その6か月後にマライアは「執着する」という意味の楽曲『Obsessed』でエミネムに反撃、翌月にはエミネムが楽曲『The Warning』でマライアにリベンジするなど、激しいバトルを繰り返したのだ。

その後10年間は2人の戦いが沈静化していたが、2019年にエミネムがファット・ジョーの楽曲『Lord Above』にゲストとして参加し「俺とマライアは良い関係で終わらなかった」と歌い、再びマライアを攻撃していた。

画像は『Marshall Mathers 2018年10月16日付Instagram「KING KONG AINT GOT $#*! ON ME!」』『Mariah Carey 2020年7月9日付Instagram「The Meaning of Mariah Carey Out Sept 29」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ