ジャスティン・ビーバー、ついに美肌をゲット 愛妻ヘイリーによる“内助の功”で

これまでニキビだらけの肌を度々批判されてきたジャスティン・ビーバー。しかし米時間23日、Instagramストーリーにアップした顔面ショットでツルツルの美肌を披露しファンを驚かせた。どうやら自主隔離中の愛妻ヘイリーによる入念な手入れが実を結んだようだ。

デビュー当時はキュートなルックスや独特のヘアスタイルで、世界中の女子を熱狂させていたジャスティン・ビーバー(26)。しかし20代以降はパパラッチが激写した写真がネット上に出回るたびに、伸び放題のボサボサ髪やニキビだらけの荒れた肌が「ホームレス?」「薬物中毒者みたい」「肌が汚い」「顔色が悪い」などと言われるようになってしまった。

自身の肌荒れについては本人も相当気にしているようで、ジャスティンはこれまでFacebookウォッチ『The Biebers on Watch』のエピソードでも度々大人ニキビについて語っており、自身の抱えるフラストレーションを次のように告白していた。

「昔はストレスが溜まるとニキビができていたけど、すぐに消えたんだ。でも最近のは膿がたまり盛り上がったニキビで、全然消えない。」

「もう本当、相当イラつくよ。だから最近は帽子をかぶるようになっちゃったけど、たぶんそれも症状を悪化させる原因になっているんだろうな。」

「グラミー賞授賞式でのパフォーマンス前とか、『エレン』(米人気トーク番組)出演前とか、ニキビができるのは毎回必ずそういうタイミングなんだ。長い間ずっとニキビができてなかったのに、そういう時に限って鼻とか顎に特大ニキビが現れるんだよ。」

自宅で愛妻ヘイリー・ビーバーによる入念なフェイシャルを受けながら、ニキビに対するフラストレーションを赤裸々に語ったジャスティン。

「ニキビは、マジで自信喪失につながるよ…フィルター機能を使ってカンペキな美肌を見せている人達のインスタなんかを見ると、それが現実なんだと思って落ち込むし。」

「けど実際は、肌のことで悩んでる人は多い。君は一人ぼっちじゃないよ。悩んでるのはみんな一緒だ。」

世界的スーパースターがこのように本音を明かす動画は、多くの人の共感を集めていた。

そんな告白から数か月が経った今月23日、ジャスティンはInstagramストーリーに1枚のクローズアップ写真を投稿した。「ありがとう、ヘイリー・ビーバー」と言葉を添えた写真では、かつてジャスティンを悩ませていたニキビはすっかり消え、顔の色つやも良い。

自主隔離生活中は、酵素洗顔やデトックスフェイシャルマスクなどを使った、ヘイリーによる丹念な手入れを受けていたジャスティン。どうやらそんな愛妻の日々の努力が実を結び、ジャスティンは念願だった美肌を手に入れたもよう。その後アップされたモノクロショットにも、すでに146万件を上回る「いいね!」が寄せられ、ファンは「オー・マイ・ゴッド!」「ヘイリーありがとう!!」とジャスティンの美肌セルフィーに歓喜の声をあげている。

5月にはヘイリーが『The Biebers on Watch』のなかで「隔離生活が終わる頃には、きっと完璧な肌を手に入れているはずよ」と夫を励ましていたが、どうやら妻の“予言”は当たったようである。

画像は『Justin Bieber 2020年7月23日付Instagram』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ