黒いビキニの“謎の美女”が人間もぐらたたきに興じる 中村倫也主演の映画『人数の町』から劇中カットの一部を解禁

SPICE


9月4日(金)より公開される映画『人数の町』から、劇中カットの一部が解禁された。

『人数の町』は、配給会社・キノフィルムズによる映画監督発掘プロジェクト『木下グループ新人監督賞』の第1回で、241本の企画の中から準グランプリに選ばれた作品。衣食住が保証され、快楽を貪る毎日を送ることができ、出入りも自由だが、決して離れることはできない……という謎の町を舞台に、借金で首の回らなくなった主人公がそこで出会う人々との交流を経て謎に迫っていく“ディストピア・ミステリー”だ。主人公・蒼山役で中村倫也が主演するほか、石橋静河、映画初出演の立花恵理、山中聡らが共演。タウンワークのCMやMVなどを手掛けてきた荒木伸二監督が脚本をてがけ、本作で長編映画のメガホンをはじめてとる。


7月23日(木・祝)の海の日に解禁された劇中カットは、立花恵理演じる“謎の美女”緑の、町の社交場“プール”での様子。町のプールは健康のために運動をしたり、町の住人たちと出会い・交流し、気になる相手にアピールする場だという。画像では、黒いビキニを身に着けた緑が数人の男性を集め、ピコピコハンマーで人間もぐらたたきに興じている。中村演じる蒼山は、ここで緑と出会うことに。プールは“町”を構成する謎のほんの一部で、バイブル、パーカー、細かく設定されたルールとシステムなど、様々な要素からなるという。さらなる町の謎にまつわるヒントは、後日解禁される。
(C)2020「人数の町」製作委員会
(C)2020「人数の町」製作委員会
(C)2020「人数の町」製作委員会
(C)2020「人数の町」製作委員会

『人数の町』は、9月4日(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ