『セーラームーン』はただのキラキラ物語じゃねえんだ!セラムン好き姉妹に聞いた、推しへの愛。作品力が深く、改めて素晴らしさに気付かされて感動のフィナーレを迎えた話。

今年で28周年を迎えた、日本を代表する漫画&アニメ作品の一つ、『美少女戦士セーラームーン』。

何年たっても色褪せない魅力を持ち、リバイバル作品やショー、イベントなどがいまでも展開され続けています。

熱狂的なファンたちが大人になっても変わらず『セーラームーン』の世界に心酔中!子どもの頃以上にハマってしまったオタク女子も急増しているとか。

そこで今回めるも編集部では、幼少期からずっと『セーラームーン』が一番近い存在だったという筋金入りのセラムン大好き姉妹に直撃インタビュー!

“イマドキのセラムンオタク事情”を聞かせてもらいました!

 

『セーラームーン』との出会いは?

小学生の頃から使っている下敷き

 

【姉】:私たちは幼少期を海外で過ごしていたんですね。『セーラームーン』が連載開始した年に生まれたので、本当なら世代がちょっとズレているんですけど、海外にいたおかげで数年遅れてアニメが現地に入ってきて!その国でのリアルタイムで観ていました!

好きになった理由は、やっぱ女の子のあこがれが詰まっているし、それに星とか宝石に元々興味があったので。それらと名前がリンクしている『セーラームーン』を好きになるのは早かったですね。

向こうでも『セーラームーン』は人気で、私は当時髪の毛が長かったので友達に「セーラームーンみたい!」ともてはやされていました(笑)。姉妹でよく『セーラームーン』ごっこもしたし、『セーラームーン』の衣装やグッズも日本の帰省時に買って、海外の家に持ち帰るほどハマってましたー!

【妹】:私もお姉ちゃんと一緒にアニメを観て、物心ついたときから好きでした。私は世代的にもうちょっと後に放映された別のアニメも好きだったんですけど、姉の影響もあって大人になった今でも『セーラームーン』が好きですね。

 

お二人の“推し”は誰ですか?

【姉】:私は美奈子ちゃん。セーラーヴィーナスです!最初は主役のセーラームーンが好きだったんですけど……。だんだんとヴィーナスのブレない明るさやキラキラとした女性らしさに惹かれたの!女子ってそういうのにあこがれるじゃないですか。だからヴィーナスって結構人気なんだよね~!

 

【妹】:私は強くてかっこよくて、頼もしいタイプ、それでいて繊細で乙女なセーラージュピターが一番好きです。『セーラームーン』に出会ってからずっとまこちゃん(ジュピター)一筋!

姉妹で推しが違うのでケンカもないし、グッズもシェアできたりするので助かっています。だからずっと2人一緒にファンで居続けられるのかも。

 

ファンクラブ(FC)には入っていますか?

FCの会報

【姉】:はい!もちろん入ってます。FCができる前から『セーラームーン』が好きすぎてSNSとかフォローしていたので……。そこのお知らせで知り即入会しました!

毎会員カードが1年ごとに1枚が届くんですよ!5枚あるから……もう5年経ってまるな?思ったより長く入会してたわ!(笑)。

FCに入ると、会報が送られてきたり、FC限定のグッズ販売があったり、イベントの先行受付もやってくれるんですよ~。あとFC内限定のパズルゲームも結構遊んでますね。

徐々に年会費が高くなってもう3割近く値上がりしているんですけど……やっぱり退会なんてできない!(笑)。物足りないので逆にもっとコンテンツを充実させていって欲しいくらいですね。公式さんお願いします!貢ぎますので!!(笑)

『セーラームーン』のショーは最高だった

 

【姉】:麻布十番のショーレストランですよね?もちろん嬉しくて嬉しくて、すでに10回は行きました!しかも半年足らずの期間で!!(笑)。

え?金額?1回につき8,500円だから……短期間で東京ディズニーリゾートの年パス以上につぎ込んでるわ!

ご飯を食べた人だけが貰える限定のお皿とか、めちゃくちゃ集まった(笑)。ご飯もおいしいんですが、このレストランの一番のおすすめはドリンクなんです!キャラモチーフのカラードリンクになっていて、リボンや宝石が装飾されたストローもついていて見た目もかわいいし、味もマジウマイ!さらに各キャラのコースターもついてくるので毎回頼んじゃったわ。

【妹】:私もこのショーレストランに、お姉ちゃんと同じ額をつぎ込んでます(笑)。ここはメニューが定期的に変わるので、常連のファンも飽きずに通い続けられるんですよね。海外からのファンも多かったです。

いまはコロナの影響で休止中ですが、再開したらまたソッコーで行きます!10回じゃ足りない!生活費以外にお給料をつぎ込むところって、ここだけなんですよ、もう生きる糧です。このために働いてますからね!

 

外出自粛してたけど、セラムン会いたさに出てもうた

 

【姉】:あ!最近でいうと、ずっと外出自粛してたのに、有明の屋内型ミニチュア・テーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO(スモールワールズ TOKYO)」の『セーラームーン』のジオラマ展に行ってきた!それまではホントにスーパーぐらいしか出かけなかったのに、このためだけにわざわざ電車乗って外出した。この年パスを含めたお土産つきの専用チケットを買って妹と一緒に!たしか2万円ぐらいしたかな……?

そこでは自分で作ったミニチュアを『セーラームーン』のジオラマに置けちゃうんですよ!スゴくないですか?でも主役のセーラームーンの隣は空いていたのに、私の推しのヴィーナスの周りは他のファンのミニチュアで埋まってました……。ここでまさかヴィーナスの人気を再確認することになるとは……。

このジオラマ展は『セーラームーン』の原作の編集者さんの裏話も聞けたりして、本当に満足度が高かったです!期間限定のイベントじゃないので、買った年パスを使って、これから何度も通うつもりですよ。

ぶっちゃけグッズ等でどれだけ貢いだの?

【妹】:私はWEGOとのコラボスウェットを買ったので、ショーに着ていくためにDIYしてオリジナルデザインに仕上げようと思ってます。あとはコラボコスメとか、小物系をよく買っているかな。

そうそう、ネットのオーダーメードでセーラージュピターのスマホケースを5,000円で作ってもらいました!店舗で作ってもらったら諭吉が飛んでいくから、ものすごく破格ですよ!

【姉】:私も他のファンと比べてそこまで買ってないと思うんですけど……。あ、でもコロナの自粛中に「ショーも無くなってつまらない」と思ってフィギュアを追加購入した(笑)。

あと原作の完全版の漫画を全巻集めたときもけっこう使いましたね。11,500円+税で全部で18,000円以上かかったな~。あと『セーラームーン』のコラボイベントが開催されるたびにそこの入場券や年パスも買ってますね。でも楽しめるから全然アリです!もっと開催して欲しい!

あとは2人ともイベントの限定品とかを行くたびにちょこちょこ買ってるから、合計したらなかなかの大金になると思います……。私たちが大金持ちで倉庫をコレクション部屋にできるなら、グッズを全部買いたいよね~。

あ、この前、ジオラマ展でグッズを端から全部買ってるファンを見かけたんですよ。『セーラームーン』のグッズってどれも「大人ファン向け価格」でけっこうするので、うらやましいです……!

 

『セーラームーン』はただの作品じゃあない!

 

【姉】:『セーラームーン』って、よくよく見れば子ども向けの作品じゃないんですよね。幼いころはなんだかキラキラしていて変身とかにあこがれて見ていたんですけど、敵側の苦悩とか、仲間の大切さとか想いとか……大人になって見直すと気づく奥深さがあって。まさに何歳でも楽しめる全世代向けの一大コンテンツだと思います。

 

【妹】この作品って25年以上も前なのに「ジェンダーレス」の概念が散りばめられていたところがすごいんですよ!たとえば女性同士が思い合う、いわゆる「百合文化」を少女漫画で初めて表現していたり、あとはオネエ言葉を話す敵キャラの女装家男性も登場していたり。ただのライトな少女漫画じゃないんです。社会に向けた重要なメッセージも込められた、とてつもない作品なんですよ。だから子どものころ好きだった大人たちにもう一度読んでもらいたいです!

最後に作品への愛を一言お願いします!

【姉】:『セーラームーン』の世界観が大好きです!続編やキャラ11人を深堀りしたスピンオフが出て欲しいです!あと今後もこのコンテンツが長続きするように、FCとかでもっと貢げる仕組みを作って欲しいです!(笑)。

【妹】:『セーラームーン』は、武内直子先生だからこそ描けた奇跡的な作品だと思っています。だから続編やアニメの新作は、ぜひ武内先生の作品で見たいです!それまでこれからも姉と一緒に、アニメを繰り返し見続けて応援していきます!

30年近くも夢中にさせ続けるポテンシャル

年齢=『セーラームーン』推し歴といえるほど、作品とともに生きてこられたお二人の熱意はまさに本物。30年近くも多くの人を魅了し続け離さない、『セーラームーン』という底知れないポテンシャルを秘めた神作品の存在は尊いといえるでしょう……!

何歳になっても女性を純粋な少女にしてくれる『セーラームーン』は、きっと今の世代の子供たちをも魅了し、今後も愛され続けるでしょう……

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ