俳優・杉江大志インタビュー<前編>「こんな時だからこそ、信頼できる俳優たちと一緒に挑みたい」

 

毎回イケメンをお迎えする大好評のインタビュー企画『夢彼と同棲してみたら…』。記念すべき第10回のゲストは、そこにいるだけで周囲の空気を明るくする俳優・杉江大志さんをお迎えしました!

 

※本インタビューは6月の半ばに実施されたものであり、内容については当時のものです。本連載の中で語られる一部の舞台については、新型コロナウイルスの影響で掲載後に公演スケジュールや内容に変更が発生する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

 

 

大切な人と一緒なら、何をしても楽しい

 

 

杉江大志さん(以下、杉江さん):よろしくお願いします!

 

めるも編集部(以下、めるも):(光のオーラがすごい……!)本日は、ありがとうございます。
この連載は「もしも憧れの俳優さんと同棲することになったら……?」というテーマで毎回撮影をしているのですが、前編は『休日のデート』の雰囲気でお願いしたいと思っておりまして。

 

杉江さん:いいですね!

 

めるも:ありがとうございます。
さて本連載で毎回、ご出演いただく方にお伺いしているのですが、杉江さんは大切な人とどんなふうに休日をすごしたいですか?

 

杉江さん:んー……。大切な人と一緒だったら、何をしても楽しいですよね……。
ただ僕は、こんなにおしゃれな服を着てデートに行かないですけど(笑)。好きな人の前では、普通の僕でいたいから。

 

めるも:「普通でいたい」……とっても素敵です。無理をしない、作らない、という感じでしょうか。
でも、今日みたいなお洋服や自転車に乗っている姿も、とてもよくお似合いです。

 

 

杉江さん:これ、いいですね。こういうラフな服、好きです。

 

めるも:杉江さんって、ちょっとした仕草や動きが絵になるというか、しなやかで美しいですよね。そしてカメラマンの動きもすごく組んでくださって。

 

杉江さん:そうですか? 動き方でいうと、子どもの頃からブレイクダンスと弓道をやってたからかな。
一方は“いかに体を丸めるか”、もう片方は“いかに背筋を伸ばすか”っていう真逆の競技なんですけどね。姿勢はいいほうかもしれません。

 

めるも:相反する、けれどその2つのいいとこ取りをすると、所作の魅せ方の上ではすごく強みになりそうです。

 

 

 

ここ最近、しばらく外出ができない期間が続きましたが、杉江さんはどのようにすごされていましたか?

 

杉江さん:NetflixとHuluと、アマゾンプライムにさんざん助けてもらいました。
あとはね、「そうだ、絵を描こう!」と思い立って、スケッチブックと色鉛筆を買ってきたんですけど、見事に1ページも描いてないです(笑)。

 

めるも:もともと絵がお好きだったんですか?

 

杉江さん:まったく。

 

めるも:え!全然だった!?

 

杉江さん:ふふふ。絵とか音楽って、やっぱり基礎が必要だから。
やりたいと思っても、それなりの基礎練習をしないと『表現する』というところまで進めないんですよね。でも『何か表現したい!』という欲求は、僕の中で高まっていました。

 

 

 

朗読劇『サイレント ヴォイス』との出会い

 

 

めるも:外出自粛期間中でしたが、リモート配信の朗読劇『サイレント ヴォイス』に出演されたのが久々のお芝居で?

 

杉江さん:そうです、そうです。お話をいただいて「こういう時期だからこそ、僕にできることをやってみよう」とお受けして。
舞台とも映像作品とも違う、上半身だけの表現が難しいと思ったし、面白いとも感じました。

 

 

めるも:準備期間も相当に短かったとか。

 

杉江さん:そう。台本をいただいて、稽古もリモートで。出演者同士での打合せもなかったですね。

 

めるも:そ、それは……!そうですよね、このご時世ですもんね。

 

杉江さん:ね、短いでしょ。『朗読劇』というのも、また難しいところで。
どこまで表現するか、すごく悩みましたね。
台本を覚えてしまえば、意識的に表情や仕草を芝居として表現できるけど、朗読劇で中途半端に表現すると、また朗読に戻るタイミングでお客さんの集中力が切れちゃうかな、とか。

 

めるも:なるほど……。リモート配信型の劇だったこともあり、同じ部屋に他のキャストさんがいなかったんですよね、確か。
そうなると間のとり方も一般の舞台・芝居とは違いそうです。
さらに、杉江さんが演じた佐久田は、実在の無差別殺人犯をモデルにした非常にセンシティブでむずかしい役で。

 

杉江さん:モデルになった事件は知っていたんですが、今回は準備期間が短かったこともあって、モデルになった事件や犯人のことは調べずに、脚本を読んで感じた印象をそのまま表現しました。
だから、役者としての「こう表現したい」というエゴがなく、シンプルに演じられてよかった気もしています。
あれはあれで一つの完成形だった。

 

めるも:無差別殺人犯、しかも彼に救いの手を差し伸べる人をすべて拒絶し、ある種裏切っていく冷酷な役を杉江さんが演じるのは、観客としてかなり意外だったのですが。

実際に劇中で登場されたとき、鳥肌が止まりませんでした。

まばたきの回数も少なくて、声のトーンも小刻みな動きも……普段の杉江さんを存じ上げている分、とにかく衝撃的で。佐久田という人間の底しれぬ恐怖と狂気に、さらに釘付けになりました。

 

杉江さん:明るくて元気な役も好きなんですけどね。
でも僕の中では、こういう役に挑戦したい気持ちが前々からありました。

 

めるも:それは『メサイア』シリーズでずっとご一緒されている、演出家・西森英行さんの作品だからという部分もあるのでしょうか。

 

杉江さん:それは、ありますね! もう長いお付き合いですから。
西森さんが「これは大志にやってほしくて」と言ってくれたのは、うれしかったな。ただ、佐久田は非常にむずかしい役なので、もっと時間をかけて向き合ってみたいという気持ちもあって。いつか舞台版でも演じられたらいいですね。

 

めるも:キャストは3人ですが、とても豪華な顔ぶれでした。

 

杉江さん:弁護士役がマッキー(荒牧慶彦)さんで本当によかった。マッキーさんの人柄の良さが、役にぴったり当てはまっていて「素敵!」って思っちゃいました(笑)。

要所要所で佐久田に揺さぶりをかけてくれる。
マッキーさんに言われると、本当に心を動かされるんですよ。

 

めるも:山崎大輝さんは、荒牧さんを手伝う新人弁護士の役で。

 

杉江さん:大輝の場合は、逆に僕が揺さぶりをかけてました。だからまんまと大輝が「腹立つんすよー、あいつ!」って言ってて(笑)。佐久田の煽りに素直に乗ってくれる彼もまた、役者として素晴らしいなと。
安心して身を委ねつつ、狂気に振り切って、僕は佐久田になることができました。

この劇を、この演者とスタッフで、そしてこのタイミングできたことが、奇跡のように感じます。

 

めるも:とても素敵な信頼関係ですね。

さて、そろそろ前編のお時間がきてしまいました……。
次回ご出演作は『剣が君』、現場はいかがでしょうか?

 

杉江さん:みんな久しぶりに芝居をしているから、すごく楽しそうにやってるし、僕としても居心地のいい現場です。
それぞれ「こうしたい」という強い気持ちがありつつも、どうしたら舞台としてうまくいくかを考えているので、有意義なディスカッションができる。
締めるとこ締めつつ、和気あいあいと。いいメンバーなんですよ。ぜひ楽しみにしててください!

もっと深くお話をうかがいたいところですが、残念ながら今回はここまで。<後編>はファンの皆さんとの関係性や、これからの展望などについてうかがう予定です。

記事下にはおまけショットも!

引き続きチェックをお願いします!

 

 

企画立案・編集:那須恵里香(studio KAORO)/ライター:小塚祐子/カメラ:石原麻里絵(fort)/ヘアメイク:辻有見子(BELLEZZA /衣裳協力:P.E.O.T.W AG

 

撮影協力:エイト コーヒー 新宿店

アクセス/東京都新宿区新宿1-15-5、新宿御苑前駅徒歩2分
営業時間/月~金7:00~19:00 、土・日・祝 8:00~19:00
定休日/無休

 

おまけショット

 

 

 

直筆サイン入りチェキをプレゼント!

 

 

杉江大志さんの直筆サイン入りチェキを抽選で3名様に。
「めるも」公式Twitterをフォローのうえ、指定TweetをRT、感想をリプライして、ご応募ください。

 

 

 

■杉江さんの今後のスケジュール

オリジナル朗読劇『顎⾨(あぎと)の如き、雲の峰』
・原 案
 Noruto

・脚 本

 藤丸悠理

・演 出
 ⼭⼝磨美

・キャスト
石渡真修 杉江大志 廣野凌大 吉田知央

・日程
公演日
2020年7月26日(日)
昼の部:視聴開始 15:00
夜の部:視聴開始 19:00

・チケット

3,300円(税込)
購入は以下より
・制作協⼒
株式会社碗-one-プロダクション

・運 営
 有限会社スタージャムコーポレーション

・企 画

実川信⾏、尾形光広、⼤喜多州統

・製 作
 菊⾕隆、鷲⼭裕⼈

・主 催

 株式会社KADOKAWA、株式会社⾓川メディアハウス

・詳細URL

Reading Cinema × 2020 Summer Special
『Rusted kingdom それはまるで棘と茨の囁きでした』

・作・演出 凌崎イサミ

・キャスト
杉江大志×碕理人×橘りょう×村上喜紀×河原田巧也

・日程
2020年8月1日(土)~2日(日) 全6回公演

・場所
浜離宮朝日ホール
◎通常座席数を半分以下にしての販売とさせて頂きますので、何卒ご了承お願い致します。
チケット
◆全席指定・前売:¥6,800(税込)
※未就学児のご参加はご遠慮ください。
※本公演は中止の場合、チケットは全額返金させていただきます。

◆先行発売:6月27日(土)10:00~7月5日(日)23:59☆
受付→Be With ★ Ticket Store

・詳細URL
http://www.bewith-gogo.com/stage/2020summerspecial.html

刀剣乱舞-ONLINE-」五周年記念 「刀剣乱舞 大演練」

・日程
2020年8月11日(火)18:00

・場所
東京ドーム
※残念ながら『刀剣乱舞 大演練』は今年の実施を見送ることとなりました。

・スタッフ
【原案】
「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)

・詳細URL
https://toukenranbu-daienren.jp/

杉江大志オフィシャルファンクラブ「Be Ambitious」

・詳細URL
http://www.jtb-entertainment.com/taishi/

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ