亀田史郎、ぼったくりバーに潜入取材 店長の態度に「ヤバすぎ」と騒然

fumumu

YouTube(pressureUA/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
多くの人が注意喚起をしながらも、被害が減らないぼったくり飲食店。中でもぼったくりバーは、強面のお兄さんが出てきて…と、なんとも怖い話がネット上に転がっています。

そんな中、ボクシングコーチでユーチューバーの亀田史郎さんがぼったくりバーに潜入する動画をアップ。注目を集めています。

■変装して潜入


亀田さんが訪れたのは大阪・ミナミの宗右衛門町通り。メガネ、帽子、カツラ、チェック柄のシャツで変装して、潜入を試みます。声は亀田さんですが、見た目はうまく変装できていたせいか、程なくしてキャッチに声をかけられ、潜入に成功。

烏龍茶を自分たち用にふたつ注文した亀田さん。カウンターの女性ふたりにおねだりされ、一杯ずつだけと限定して注文し、お菓子も少量出てきて…と準備が揃ったところで、会計することに。告げられたのは「11万8000円」という驚きのぼったくり価格でした。


関連記事:SNSで話題! 衝撃的なビジュアルの「生どら焼」セブンイレブンから

■2杯のはずが27杯も飲まれていた


当然、おかしいと訴える亀田さんですが、女性たちは「おかしくないで~す」「一緒に頂いたんで~」と舌足らずに反論。亀田さんが粘ると、裏から店長なる男性が呼ばれる展開に。

もともとキャッチから「ウチ3000円ポッキリでいけるんで」と聞いていた亀田さん。女性たちが飲んだドリンクが2杯のはずが27杯分の料金になっていることを告げると、「え、ドリンクあげるって言ったんですよね?」「他にも女の子いてるんで」「正規料金でやってますんでね、払ってもらわんと困るんですよ」「お金ないんやったらATM行きましょうよ」と会話が噛み合いません。

■撮影がバレてしまい…


そして、ここで密かに撮影していることがバレてしまい、「話変わんぞ! 下げろ!!」「撮ってんねんやったら見せろ!」とキレられる急展開に。

必死でなだめてカメラを見せない亀田さんに対し、店長は「めちゃくちゃやんけ!!」と激高。めちゃくちゃな商売をしていることを棚に上げ、キレ続けますが、亀田さんはなおも「2万円で辛抱してください」と丁重に対応します。

11万8000円がぼったくり価格なのを忘れているのか、店長は「そんなちょっとマンガみたいなことないから」と声を荒げると、さすがの亀田さんも「マンガみたいなことされてるのこっちやから」と反論。結果、2万円で手を打つことになるのですが、店長は「二度と来んな!」とブチギレしていました。

■リベンジに期待する声


ぼったくりバーのろくでなしな実態がよく伝わった今回の動画。注意喚起という意味では十分な印象でした。

しかし、スカッとする展開を期待していた視聴者が多かったのか。「いや、間違いなく、カツラ帽子などの変装取った方がむしろ面白かったし、それが観たかった」「めちゃくちゃ面白かったけど全然スッキリしない。リベンジしてほしい、ガツンと」などの声が寄せられています。

ぜひ次はスカッとする展開を見せてほしいものです。

★亀田史郎さんの動画はこちら

・合わせて読みたい→「寝ても疲れが取れない…」 どんなことで解消できた?

(文/fumumu編集部・柊青葉)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ