“初体験” 牧島輝を三代目JSB山下健二郎&久保田悠来&藤田玲がいじり倒す!『八王子ゾンビーズ』公開記念舞台挨拶

めるも取材班!!!

2020/7/18 12:20

 

映画『八王子ゾンビーズ』の公開記念舞台挨拶が7月18日(土)、都内劇場にて行われ、出演する山下健二郎さん(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、久保田悠来さん、藤田玲さん、牧島輝さん、松岡充さん、鈴木おさむ監督が登壇した。

 

 

2018年8月に上演された同名舞台の映画化となった『八王子ゾンビーズ』は、圧倒的なパフォーマンス力を誇る三代目JSBの山下さんが主人公の夢破れたダンサーを務め、“ワケあり”ゾンビたちを成仏させるために奮闘するコメディ。

八王子ゾンビーズを演じるのは、この日登壇した久保田さん、藤田さん、牧島さん以外に、丘山晴己さん、高野洸さん、三浦海里さん、才川コージさん、小澤雄太さん(劇団EXILE)と、2.5 次元ミュージカルで活躍する面々がずらりと揃っており、豪華出演者についても注目を集めている。

 

「ダンスの設定を聞いて、どう思った?」と尋ねられた登壇陣。主演の山下さんは、「正直、意味がわからなかったですね。おさむさん、何を言ってるんだろう……って。けど、脚本がすぐあがってきて読んで納得できた」と振り返ると、久保田さんと藤田さんも同意した。牧島さんも「僕も……」と話し出したが、「今日、彼は人生初の舞台挨拶!」と出演者に緊張している様子を突っ込まれる。久保田さんが「さっきからずっと動いてるよね(笑)。牧島輝の初体験、太字にしてもらおう!」と言えば、山下さんも「いつもより白いですよね!!」と、牧島さんの緊張を愛を込めていじっていた。

 

 

その後も牧島さんのいじりタイムは続き、「これはすごいと思ったアドリブは?」とMCから質問が飛ぶと、山下さんが「牧島いけ!!」と答えるよううながされる。さらに「アドリブは緊張する人? 燃える人?」と質問されると、また山下さんは「牧島―!!!」と常に一番年下、かつ初めての舞台挨拶の牧島さんを気遣っていた。ちなみに、アドリブについての牧島さんの答えは、「僕は見ての通り、緊張するタイプです」というもので、山下さんは「ずっと白くなるやんな。まだまだ白くなるよな~」とうなずいていた。

 

 

また、「ルールを守らない人」として、鈴木監督が「久保田さんは、すぐ下ネタになったりする。放っておくと男子校ノリ!」と久保田さんのアドリブについて暴露。当の本人は、「僕はそれが一番ベストだと思った。チームとしては成功だったのかな」と涼し気な顔をしてみせるも、「それ、映ってた?」と周りがザワつくと、「……カットされているところが多くて(笑)」と、下ネタカットについて観念していた。

 

 

 

映画『八王子ゾンビーズ』あらすじ
オーディションに落ち続け、ダンサーになる夢を諦めた羽吹は、“自分探し”のために八王子の山奥にある希望寺で修業体験をすることに。「夜になったら裏手にある廃寺には行ってはならない」というルールがあったが、踊りたい気持ちを捨てきれない羽吹は、満月の夜に廃寺でダンスの練習を始める。そんな羽吹の前に、うめき声と共にイケメンゾンビ集団“八王子ゾンビーズ”が現れた! 満月に向かってダンスをすることで成仏ができるという彼らにせがまれ、羽吹はダンスを教えることになったのだが……。

『八王子ゾンビーズ』は全国公開中。(取材・文・写真:赤山恭子)

 

WRITER

  • 赤山恭子
  •        

  • エンタメ雑誌編集部に勤務後、ハリウッド映画の版権を買い付け日本国内で販売するディストリビューターを経て、フリーの映画/エンタメライターに。現在は、監督・俳優のインタビューを中心に、現場取材、映画紹介コーナーほかも担当。相手の心に寄り添い、時に突っ込みながら深めてゆくインタビューが持ち味。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ