『アンサング・シンデレラ』第1話のあらすじは? 新たな名作誕生の予感…石原さとみの薬剤師役に高まる期待!?

#ドラマに恋して

※画像は『アンサング・シンデレラ』公式サイトのスクリーンショット

 

コロナ禍で延期となっていた石原さとみさん主演のドラマ『アンサング・シンデレラ~病院薬剤師の処方箋~』(フジテレビ系、毎週木曜よる10時)。その第1話がついに7月16日に放送されました。

 

『アンサング・シンデレラ~病院薬剤師の処方箋~』ってどんなドラマ?

『アンサング・シンデレラ~病院薬剤師の処方箋~』は、月刊コミックゼノンで連載中の荒井ママレさん(医療原案:富野浩充さん)によるマンガ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師葵みどり』が原作のヒューマンストーリー。

 

病院内にある薬剤部で患者の薬の製剤や調剤を行う病院薬剤師たちの舞台裏を描く本作。主人公は石原さとみさん演じる薬剤師・葵みどりです。

実は薬剤師は「医師の出す処方箋に唯一意義を唱える」ことができるのだそう。

葵はキャリア8年目で「薬は患者の今後の生活に繋がるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持っていますが、そのため患者に深入りしてしまいがち。仕事が非効率的だと他の薬剤師に怒られることもあります。

 

しかし、その患者への真摯な対応に心を動かされる人も……。

 

葵の先輩で薬剤部副部長の瀬野章吾を田中圭さん、新人薬剤師・相原くるみを西野七瀬さん、薬剤師部長の販田聡子を真矢ミキさん、薬剤部主任の刈谷奈緒子を桜井ユキさん、謎の男・小野塚綾を成田凌さんが演じます。

豪華キャスト陣も話題の『アンサング・シンデレラ~病院薬剤師の処方箋~』の初回はどうなったのでしょうか。あらすじなどをご紹介します(ネタバレ注意)。

 

 

ネタバレ注意!第1話のあらすじは?

新卒で萬津総合病院に就職した薬剤師の相原くるみ(西野七瀬さん)。くるみの世話役となった葵みどり(石原さとみさん)は「患者の身になって薬を提供する」という信念と情熱を持つゆえ、時には薬剤師という枠を超え患者のケアをし医師から疎まれることも。しかも、みどりのおかげで命が助かった患者家族も医師にしかお礼を言わない。それに疑問をもったくるみに対し「相原さんは感謝されたいの?じゃあこの仕事は向いてないかな」とみどりは言うのだった。

 

ある日、出産間近の妊婦が突然激しい偏頭痛を訴える。緊急事態にみどりは戸惑うが、その原因を独自に探った結果特殊な症候群によるものである可能性が高いと推察。薬剤師は投薬できないため、みどりは担当医の林雅樹(飯田基祐さん)に投薬を必死になって訴える。林はしぶりながらも承諾し事なきを得たが、薬剤師という立場を超えたみどりの行動に激怒した。

 

みどりが担当する患者に新たなトラブルが巻き起こる。糖尿病のためインスリン注射が欠かせない生活を送っている森本優花(永瀬莉子さん)と渡辺奈央(安藤美優さん)の2人の女子学生は、みどりとも大の仲良しだった。ところがある時、奈央が入院中にきちんと注射を打っていなかったことが判明し、そのことを問いただすと奈央は「学校で隠れて注射を打ち続けているうちに、友達と距離が出来てしまった。病院で優花と一緒にいる方がいい。学校にいくのが辛い」と吐露。患者の気持ちを汲み取ることができていなかったとみどりは激しくショックをうける。

 

林は、病院内の医療安全委員会でみどりを一時謹慎にしようと会議で提案。しかし、薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭さん)のフォローやみどりの「患者を救いたい」という一途な思いに肯定的な他の医療者たちはそれに反対し、さらに薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキさん)は、林がミスをしていたという「証拠」を直接見せつけ、林も翻意。みどりは無事仕事を続けられることとなる。

 

そして奈央の退院日。去っていく背中にみどりは何も語りかけることが出来なかったが、引き続き入院していた優花に対し投薬の大切さを訴えた上で、奈央と一緒にこれからも仲良く未来を歩んでほしいと強く説得。優花は出ていったばかりの奈央を追いかけ「これからもずっと仲良くしていこうね」と優しく呼びかけた。みどりの情熱が患者を動かした、そんな様子を見ていたくるみは病院薬剤師は必要だと言うのだった。

 

 

薬剤師という職業にスポットを当てた新しいドラマ作り

あわただしい病院内の様子から始まる物語。普段見ている薬剤師さんとの姿と違い、驚いた人も多かったのではないでしょうか。

配属されたばかりの新人薬剤師・くるみも目を見張ります。

 

そんな中でテキパキと働く葵と瀬野。薬の処方が効かないという患者さんの服を探り、常備薬を発見し、医師に進言をする葵に「おお、薬剤師ってそんなことまでするんだ!」と驚いたんですが、どうやらこれは少し行きすぎた対応のよう。しかし結果的には患者さんの命を救うことになります。

そんな風に葵は患者さんに入れ込みがち、そして、患者さんの命を救うためなら医師にも噛みつきます。

 

作品内では「処方箋について、医師に唯一意見を言えるのが薬剤師」というセリフもありましたが、そういえば、薬局で薬を処方してもらうときに「どういった症状を訴えてこの薬を処方されたのか」と聞かれることがあります。そこでもしこの薬がふさわしくないと分かれば、医師に再度確認して……ということもあるようです。

お医者さんだって人間。間違えることもあります。ドラマ内ではそういった薬剤師にまつわるあれこれが数字で表されているのも分かりやすかったですよね。

 

しかし、葵は少し強引なところがあり、それがきっかけで医師と衝突することに。

お医者さんがこんなにいい加減でいいの!? と思ってしまうシーンもありましたが、こうして、いろんな専門的分野から見てくれている人がいるというのは患者側として安心できるというもの。

 

今回の糖尿病患者さんのように、一生薬と付き合っていかなければならない場合もあります。そんなとき、薬剤師さんは長い付き合いに。それだけに患者さんのことを知っておくという点は大事なことなのかもしれません。

 

 

個性豊かな登場人物たちに今後の期待が膨らむ!

どこか緩い雰囲気も感じられる新人薬剤師のくるみ。靴もおしゃれなものを履いていますが、1日目にしてその足はボロボロに。しかし、葵をそばで見ていてラストでは動きやすいスニーカーに。「その靴ひも、いつか踏んで転んでしまいそう」とハラハラしていたので一安心したのと同時に、葵の行動が人の心を動かした証拠なのだということが分かり、微笑ましく感じられます。

 

そして、上司となるのが田中圭さん演じる瀬野。ツンツンしてばかりですし、一体どうしてそんな態度を……? と気になりますが、遠回しに葵のことをかばっていたり……新たなときめきを視聴者に提供してくれそうです。そんな瀬野の過去も何か明らかになるのか……気になるところです。

それにしても田中圭さんに西野七瀬さんが一緒のドラマに出ていると、あの別のドラマを連想してしまいます……。

 

また、気になるのが小野塚です。突然現れた謎の青年がどのように葵たちに関わっていくのか……。清原翔さんに代わって出演となった成田凌さんの演技にも注目です!

 

 

どうなる第2話!?

右腕の骨折で入院してきた大宮(小林隆さん)。しかし、病室で娘と口論をしているなど何か事情がありそうで……。

葵ら薬剤部はどう困難を乗り越えていくのか?

ストーリーや俳優たちの演技など、第2話も見逃せません!

 

見逃し配信サービスも!

第1話を見逃したという方は民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』で7月23日(木)20:44まで無料で配信。さらに『FOD』でも配信(有料)しておりますので、そちらでもどうぞ。

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『FOD』

 

※本記事内のTwitterは、埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ