“パリ愛”も綺麗ごと…石田ゆり子、男性ファンが離れ始めた?透明感ゴリ押し

アサ芸プラス

2020/7/19 09:58


 女優の石田ゆり子が7月14日、自身のインスタグラムを更新。昨年の秋にドラマの撮影で撮ったというパリでのオフショットを公開した。

石田は「あぁパリに行きたいなぁ」と書き出し「写真は昨年の秋、アナザースカイの撮影で訪れていたパリでのオフショットです。このたび出版されたリリーズクローゼットの巻末にこのときのパリでの一日のスナップショットが16ページにわたり綴られています。付録というか、お楽しみのページです。歩いているだけで幸せなパリ。愛しのパリ」とパリへ思いを馳せた。

フォロワーからは「さすがゆり子様。パリの街がよく似合ってますね」「早く行きたいところへ自由に行けるようになりたいですね。パリの町を歩くゆり子さんの姿素敵です」「スタイルブックのパリの写真みましたよ! 本当に楽しそうですね。私も行ってみたいなぁ」との声が上がっているが…。

「“奇跡の50歳”として相変わらずファンの心をガッチリ掴んでいる石田ですが、最近の自撮り写真を見ると、さすがに老いは隠しきれず、さすがのセルフプロデュース術にも陰りが出てきたともっぱら。さらに今回は、『歩いているだけで幸せなパリ。愛しのパリ』とまるでオペラの舞台のようなセリフを綴ったのですから、ドン引きした人も少なからずいたようですね。これだけの美人なのに、取り立てて代表作もなく、私生活は独身のままなのですから、ある意味、イメージで売っている女優と言っていいでしょう。最近ではあまりに“透明感”をゴリ押しするので、男性ファンが離れつつあるようです」(芸能記者)

近年のパリは移民問題で揺れに揺れ、一部街中はゴミが散乱し、観光客はスリや詐欺に遭うこともしばしばだという。憧れの“おしゃれな”パリに思いを馳せるのは結構だが、意識の高い石田にはぜひとも、社会問題に切り込んでいってほしいものだ。(ケン高田)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ