1日1杯の甘いドリンクで身体に異変 指関節がピンポン玉のように膨れた少年

fumumu

2020/7/17 20:00

タピオカ(Makidotvn/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
夏が近づくにつれ、定番となってくるのが片手で気軽に楽しめる「タピオカミルクティー」。

以前、ミルクティーフリークの女性が意識を失ってしまう事件が起こりましたが、この度中国で再び「ドリンク」を原因とした健康被害が報告されました。

■わずか14歳で痛風に


現地メディアの報道によると、近日ミルクティーを1日1杯は必ず飲んでいたという18歳の少年が「手足が痛すぎて歩けない!」と保護者に訴え、広東省の病院に搬送されたとのこと。

彼は14歳の頃から痛風の症状に見舞われており、当時から医者に「食生活には気を付けること」と注意されていたにも関わらず、特に気にすることなく好きなように飲み食いしていたそうです。

しかし、今年に入り手足の痛みが日に日に増していき、最終的には歩けない程になったことから、今回助けを求めたのだとか。


関連記事:新宿で持ち歩きたい! 女子大生のおすすめタピオカミルクティー8店

■指関節に異変


医師の診察に対し少年は、ここ最近毎日ミルクティーを一杯は必ず飲んでいたと告白しました。

その結果4年前よりも痛風をこじらせており、歩くことができないどころか尿酸値が異常な高さであることもわかっています。

糖分をとりすぎたあまり、発作が起きてしまったのでしょう。また、指関節には、ピンポン玉程の巨大な腫瘍がいくつも出来るという異常事態も発生しています。

■アジアのドリンクはどれも巨大?


小さめサイズで値段もお高め…な日本と異なり、アジア諸国のタピオカミルクティーは一杯がとても巨大かつ安価。故に、若者が頻繁に買えてしまうという事情があります。

日本のファストフードで購入できるドリンクLサイズくらいの大きさがデフォルトなので、それを毎日飲むということは、毎日角砂糖を数十個摂取していると言っても過言ではないのです。

近年、若者の間で冷たく甘いドリンクが大ブームとなっていますが各国の医師が「決して飲みすぎないで」「運動をしない人は飲むべきでない」「生活習慣病まっしぐらです」といった警告を出し続けていることからも深刻な問題であることがわかります。

■もう二度と飲みたくない


重度の痛風を患った少年は7月14日に退院。彼は「もう二度とミルクティーは飲みません」とコメントし、食生活の改善や運動、そして服薬、定期健診もきっちり行いたいと宣言しています。

とはいえ、日本に住む皆さんも他人事ではありません。甘いものの飲みすぎには気を付けて頂きたいものです。

・合わせて読みたい→台湾ティー専門店「ゴンチャ」店員が教えるオススメメニュー&裏ワザ

(文/fumumu編集部・AKO)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ