天才テリー伊藤対談「奥山かずさ」(1)ミスコン1位でも意味がわからず…

アサ芸プラス

2020/7/17 05:57


●ゲスト:奥山かずさ(おくやま・かずさ) 1994年、青森県生まれ。20歳の時に仙台市でスカウトされ、モデル活動を開始。2016年、オスカープロモーション主催の「第1回ミス・美しい20代コンテスト」で準グランプリを受賞したのを機に、東京へ進出。18年、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日)で女優デビュー。今年1月期には、「SEDAI WARS」(MBS・TBS)、「ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~」(テレビ朝日)の2本の連続ドラマにレギュラー出演した。また、グラビアへの登場も多く、7月10日にセカンド写真集「AIKAGI」(ワニブックス)がリリースされる。

子供が熱狂する戦隊ヒーローの世界を飛び出し、現在は女優・モデルとして雑誌の表紙・グラビアなどで美ボディを披露、世の男性を熱く盛り上げている奥山かずさ。デビューまでの歩みから最新写真集の見どころまで語った彼女の意外な弱点には、天才テリーもあきれ顔に!?

テリー 最近、いろんな雑誌の表紙を飾っているのをよく見かけるよね。まさに正統派の美人だよ。

奥山 いえいえ、そんな。ありがとうございます!

テリー 生まれは青森県三沢市なんだってね。三沢基地のあるところでしょう。

奥山 そうです、基地のすぐ近くに住んでいました。

テリー 中にも入ったことはある?

奥山 はい。父が基地のパスポートを持っているので、中でゴルフなんかをする時に、私もちゃっかり家族同伴で入ったりして。

テリー いいねえ。お父さん、何している人なの。

奥山 元は公務員で、今は庭いじりとか? 60代前半なんですけれど、もう仕事はしていなくて。

テリー なんだよ、俺なんて70歳でまだ仕事しているのに。小さい頃はどんな子だったの。

奥山 外で遊ぶのがすごく好きで、日焼けした活発な子だったと思います。あと高校生の時まで、美容やファッションにまったく興味がなくて。

テリー 偉いじゃん。俺はそういうの、カッコいいと思う。普通だったら中学2~3年になると色気づいて化粧覚えて、「早く東京に行って、いい男を見つけたい」とか思うじゃない。

奥山 そういうの、まったくなくて。テレビも見なかったですし、いろいろと疎かったんです。

テリー インターネットの時代は、情報を入れるほうが逆に不健康だと思うから問題ないよ。じゃあ中学・高校の時は何をしてたの。

奥山 部活とか、体を動かすことばっかり興味がありました。小学生の時は野球を、中高はソフトボールをやっていて、あとは何だろう‥‥特に趣味もなくて、ボーッと生きていたような気がします。

テリー いやいや、スポーツだって立派な趣味だよ。こんなに美人なんだから、学生時代からモテたんでしょう。

奥山 中学校の時に「ミス○○中」みたいなイベントがあって、そこでなぜか1位になったんですよ。その時は、なんで自分がそこに選ばれているのか、まったく意味がわからなかったんですけれど。

テリー ということは、自分から立候補したわけじゃないんだ。

奥山 候補者のリストに私の写真が勝手に貼られていたんです。その頃の私はイジられキャラだったので、「きっと1位にされたのもネタのつもりなんだな」と思っていたんです。でも、高校の時も似たようなイベントでやっぱり1位になってしまって。

テリー 高校のミスコンでも? すごいじゃん。

奥山 いえいえ、でもその時、初めて「もしかしたら私、かわいいのかも」と思うようになってきて(笑)。

テリー 本物の美人って、そんな感じなんだろうね。コンプレックスがないから、容姿に悩むことがない。

奥山 というより、ちゃんと自分の顔を鏡で見ていなかったんですよ。芸能のお仕事を始めてからは、いろいろ気づきっぱなしで、逆に大変なんです。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ