闇のインターネット「ダークウェブ」入り口は?

ラジオライフ.com


「ダークウェブ」というワードをニュースなどで目にするようになってきました。ダークウェブは「インターネットの闇社会」などと表現されることが多いため、アングラで怖いイメージを持っている人も多いでしょう。そこで、ダークウェブとはいったいどんなネットワークなのかを解説します。

闇のインターネット「ダークウェブ」入り口は?

ダークウェブは匿名性が大きな特徴


我々が普段Googleなどで検索してアクセスするWebサイトは「表層ウェブ」といわれ、インターネット空間全体のわずか4%ほどでしかありません。それ以外の96%を「ディープウェブ(深層ウェブ)」と呼びます。

そこには、会員制サイトや大学などの学術データベースといったクローズドなネットワークが含まれ、通常の検索ではたどり着けないWebサイトが多数存在。その中に「ダークウェブ」があるのです。

ダークウェブとディープウェブとの違いはその「匿名性」です。ダークウェブは専用のソフトを使い、「Friend-to-friend」ネットワークで分散・暗号化するため、利用者の発信元(IPアドレス)が秘匿されるのが特徴になります。

ダークウェブの代表例「Tor」とは


このため、ダークウェブは犯罪の温床になりやすいのです。ドラッグ・銃・クレジットカード番号などが売買されるブラックマーケットや、児童ポルノ、殺人依頼とありとあらゆるイリーガルな情報が集まるのは事実です。

しかし、一方で「Wikileaks(ウィキリークス)」といった機密情報公開サイトや政府の検閲の目から逃れた反体制派の情報源になっている面もあります。その代表例が「Tor(トーア)」「Freenet(フリーネット)」「I2P(アイツーピー)」です。

Torは、元は米海軍調査研究所が軍事利用のために開発した暗号通信方式「オニオンルーティング」を用いたインターネット網。Torブラウザを用いてアクセスするのが一般的です。Torの利用は「Tor Project」へアクセスし、対応するOSのソフトをダウンロード。ソフトを起動するだけです。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ