元KalafinaのKEIKO、心地が良過ぎる新曲「始まりは」MV公開

E-TALENTBANK


今年4月にソロシンガーとしての活動を開始し、5月にはソロデビュー配信シングル『命の花 / Be Yourself』を発表した、2019年3月に惜しまれつつ解散をした梶浦由記プロデュースの3人組女性ボーカルユニット「Kalafina」のメンバー「KEIKO」。

7月15日リリースの第2弾配信シングル『Ray / 始まりは』から、「Ray」に続き、「始まりは」のMusic VideoがYouTubeにて公開された。

Music Videoは、椅子に座り楽曲のリズムにノリながらグルービーに歌唱するKEIKOと同じ空間にいるかのような臨場感やライブ感を味わえる映像となっている。

歌唱音源は今回の映像制作用に実際に歌唱された音源が使用されており、1つ1つの言葉を大切に伝えるKEIKOの包み込むような歌声と、手と指の繊細な表情によって、楽曲の持つ柔らかい質感とイメージが可視化されているかのようだ。

実力派シンガーだからこそ表現ができる、心地の良過ぎる音楽と映像に酔いしれてはいかがだろう。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ