「虫刺されには唾液が良い」と主張しキス 教習所でのセクハラに悲鳴

fumumu

2020/7/14 20:15

教習所(dragana991/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
親しくない異性と二人きりになるのは怖い…と思う女性は多ですが、我が身を守るにはその感覚を持っているほうが正解なのかもしれません。

近日、中国の免許教習所にてセクハラ事件が勃発。あろうことか教官が生徒を襲い、わいせつ罪で訴えられるまでの騒ぎとなったのです。

■教習所でセクハラ


現地メディア「網易新聞」の報道によると、このセクハラ事件が起こったのは中国・杭州。苗字を「陳」という女性が警察に駆け込んだことから発覚しました。

聞けば、運転免許の教習所に通っていた際実習を担当した教官が頻繁に体を触ってきたというのです。

彼女は一体どのような被害に遭っていたのでしょうか。


関連記事:千鳥・大悟、フワちゃんに「ありゃ何なん?」 流行についていけないと自覚

■夏になったから…


陳さんは、夏を迎え気温が上がってくるにつれ薄着(とはいえTシャツ短パン程度)になった自身に対し、教官の男は指導と称して太ももに手を置いたり、さすったりとわいせつ行為を繰り返たと証言。

彼女が「やめてください」と拒否したにも関わらずやめなかったどころか、彼女と二人きりになるようなスケジュールをわざと組んでくるストーカーに近い言動も目立っていたようです。怖すぎる…。

■唾液がかゆみ止めになると主張して


そしてある日、陳さんの首筋に虫刺されの痕を見つけた教官は「唾液がかゆみ止めになるんだよ!」と主張し、そのまま口づけ。首や鎖骨を、教習車の中で舐めはじめたのだとか…。

陳さんはそれまで免許が取れなくなってしまうことを心配しセクハラ行為を黙ってきましたが、ついに我慢できなくなったのか警察に通報。

年齢50歳を超える教官の男は7月初旬に逮捕され、わいせつ罪で告訴されています。

全ての男性がこうだとは断言できませんが、この教官のようにあらぬことを考える人がいるのも事実。女性が異性と二人きりになる際は、どんな状況であろうと気を付けたほうが良いのかもしれません…。

・合わせて読みたい→受験終了直後に女子学生が死亡 自殺に巻き込まれる直前にSNSへ投稿

(文/fumumu編集部・AKO)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ