藤田玲×三浦海里×才川コージ 座長の山下健二郎には「尊敬しかない」<『八王子ゾンビーズ』リレーインタビュー>

 

山下健二郎さん(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が主演を務める映画『八王子ゾンビーズ』が、7月17日(金)より全国公開を迎えます。

ダンサーになる夢をあきらめ、お寺で修行する羽吹隆(山下さん)と、寺に棲みつき、とある理由で成仏できないイケメンゾンビ集団“八王子ゾンビーズ”のすったもんだをコミカルに描いた本作。

 

 

歌あり、ダンスあり、笑いあり、涙あり(!?)の新感覚エンターテインメントとなっており、さらに“ゾンビーズ”勢には2.5次元で活躍する俳優がずらり出演していることでも話題です。

めるもでは3回に分けてキャストにリレーインタビューを実施。第1弾には丘山晴己さん&牧島輝さんに登場いただきましたが、今回の第2弾では、琉斗を演じた藤田玲さん、三太役の三浦海里さん&四太役の才川コージさんに、爆笑トークを繰り広げてもらいました!

 

 

――『八王子ゾンビーズ』は舞台の映画化です。三浦さんと才川さんは映画からの参戦になりましたが、舞台版から続投した藤田さんは、おふたりに何かアドバイスされましたか?

 

藤田玲:特に何も言っていないです。ふたりは双子の役なので、ある意味、キャラが決まっているんですよね。だから、ふたりで話し合ってやってくれたら、あとはゾンビーズチームの久保田(悠来)くんと、俺とハルちゃん(丘山晴己さん)あたりが大きな流れを回すので、どんどん入ってこられるように「頑張って! 自由にやってね!!」みたいな感じでした。「みんなの弟キャラ」みたいな感じで、かわいいふたりでしたよ~。

 

 

才川コージ:玲さんや久保田さんが、僕たちがどんなネタをぶっこんでも、ちゃんと拾ってくれるんです!

三浦海里:いくらスベっても玲さんが突っ込んでくれたので、安心してできました。

藤田:拾うのが仕事だったからね。たまに雑な突っ込みも入れたりしていましたけどね(笑)。一応、(『八王子ゾンビーズ』設定上の)上下関係みたいなものも、そういうところに出たのかなと思いました。

 

 

三浦:僕は今回、皆さんと「はじめまして」だったんです。めちゃくちゃ人見知りもするので最初は縮こまっていましたけど、玲さん、久保田さん、健二郎さんがすごくいい空気を作ってくれていたので、本当に演じやすくて。ナチュラルに話を振ってもくれて、うれしかったです。だからか、本番とオフの差があまりないように感じていました。

全員:確かに、なかったね!

三浦:なので、僕としては、すごく居やすかったです。

藤田:「これ、(カメラ)回ってないの?」というときも、あったもんね(笑)。

 

――チームワークがばっちりなので、いつ撮られても大丈夫だったんですね。アドリブもすごく多かったと伺っています。

 

藤田:ほぼほぼアドリブだよね!

才川:はい(笑)。三太と四太は、ふたりが揃ってしゃべる役だったので、アドリブが始まってしまうと、どこのタイミングでふたりで同時に話すのかっていうのが難しくて……。

三浦:そう! わからなかった(笑)。

才川:(きっかけの)台詞の後、ふたりで台詞を言うのに、きっかけの台詞がこないんですよ(笑)。三浦くんと目を合わせて、「いついく?」「ここかな?」みたいな感じでした。

 

 

――それも、現場の空気感を大事にされている鈴木おさむ監督ならではの撮り方なんでしょうか?

 

藤田:おさむさんは、リハで「ネタ見せて」みたいな感じなんですよ。「バラエティみたいだな」と思っていました。自由に撮ってもらって、面白かったところを使う感じなので、ほぼアドリブに見えるのは、おさむさんスタイルなんだと思います。出たとこ勝負も多かったです。

才川:「お任せします」みたいな1行の台本もありましたよね!?

三浦:あった、あった!

藤田:大体そう書いてあるのはハルちゃんと牧島だから、ふたりが何をやるか、俺らが「今日、何用意してきたの~?」と、ちょっと楽しみにしているのもありました(笑)。僕とハルちゃんは兄弟役の設定なので、基本的に僕が拾うんですけど、彼のアドリブが理解を超えてくるんですよ(笑)。(丘山さんは)すごく頭がいい人なので、すごいボケをしてくれるから、全部キャッチしに行くのが僕の最大の仕事でした。なのに……久保田さんもボケるから、もう大変でした!

 

 

――今回、タイトなスケジュールの中での撮影だったようですが、だからこその思い出はありますか?

 

三浦:本当に、スケジュールはすごかったですよね……! 朝一から始まって、夜に終わって、また朝から……っていう。

 

 

藤田:しかも、ずっと同じスタジオだったんだよね。1個のセットでずっとやっていたので、今、何をやっているのか、わからなくなるときもありました。

才川:どこのシーンか、わからないんですよね。

 

 

藤田:毎朝スタジオに入って、みんなで読み合わせをしていたんですね。健二郎くんとか、特に台詞量がすごかったですし。その後、「ここにどんなネタやる?」という、もはや企画会議が始まって、おさむさんに見せるところから始まるんです。アドリブでいろいろやるときにセットをイジり出すんですけど、同じ場所なので、だんだんイジるところがなくなってくるんですよ(笑)。もう大変でしたよ。

 

――合間、皆さんで息抜きする時間とかもあったんですか?

 

三浦:みんなで買い物とか、行きましたよね! めっちゃ楽しかったです!

藤田:アウトレット、行ったね! (三浦に)すごい買ってたよね?

三浦:違う、買わされたんですよ(笑)!

藤田:すごい格好いい消防士みたいな洋服があったから、「すげえ似合ってる、絶対に買ったほうがいい」とアドバイスはしました(笑)。

全員:(笑)。

才川:悩んでいたら、さらに違う洋服を玲さんが持ってきたりしてね!

三浦:もれなく買いました……(笑)。

藤田:すごい似合ってたから、よかったよ!! 大人組は別でまたアウトレットに行くくらい、お気に入りの場所でした。『八王子ゾンビーズ』でいただいたギャラ、全部そこでなくなったと思います(笑)。

 

 

――(笑)。本作は、舞台版から続いて山下さんが座長を務められました。皆さんにとって、山下さんはどういう存在ですか?

 

藤田:健二郎くんは壁を一切作らない人なんです。今回のゾンビーズ側の出演者は、健二郎くんよりほぼ年下じゃないですか。でも、そういうのを気にさせるようなオーラもなくて。いくらでも突っ込ませてくれるし。座長が作る空気感が、この作品を作る上でめちゃくちゃ大切だったと思っています。誰も遠慮せずにいけたことは、健二郎くんの持っている良さだったんですよね。これで全然違う感じの人だった場合、たぶんあのスピード感で、あの日にちで撮り切れなかったと思うので。健二郎くんは役者さんとしても素敵ですし、何と言っても人間性が素晴らしくて、それがにじみ出ていたように思います。

 

 

三浦:もともとテレビで一方的に観ていたので、(この組に)入る前から健二郎さんのことを存じ上げていました。最初にお会いしたのが、撮影前のお祓いのときだったんです。挨拶させてもらったときに、本当に分け隔てなく、フランクに「よろしくね!」と笑顔で言ってくださって。それから、さらに好きになりました。撮影中は、すごくお忙しい人なので疲れているんでしょうけど、その疲れている感を楽屋でも出さないんですよ。人として本当に大きいんだなと思って、尊敬しかないです。

 

 

藤田:ちょっと待って……いいことばっかり言っちゃったね……。(才川に)じゃあ、落としてね!!

才川:健二郎さんは………釣りのことしか考えていない。漁師の人。

 

 

全員:(笑)。

藤田:いいよ! ちょうどいいよ(笑)!

 

――いろいろなお話、ありがとうございました。最後に、本作の公開が夏ということにかけて、皆さんの心に残っている夏の思い出を教えていただけますか?

 

才川:最初に話していいですか!?

藤田&三浦:どうぞ!

才川:僕、サバイバルが大好きなんです。

藤田:サバイバルゲーム?

三浦:無人島生活的なほう?

才川:無人島系のほうです! ディスカバリーチャンネルにハマって、おととしの夏、山でナイフだけを持って1日サバイバルしようと野宿しました。けど、魚を獲ろうと思っても獲れないし、トカゲとかも捕まえられなくて、お腹が空いて仕方なくなったんです。しょうがないから、そこら辺にいたアリ100匹くらいとセミを4匹食べて、飢えをしのぎました。夏の思い出です。

 

 

藤田&三浦:……………まじで…?

才川:はい!

藤田:……セミとかさ、甘いの?

才川:生のだと、アンモニア臭がしましたねぇ……。焼いたほうがうまいんですけどね。その後、『八王子ゾンビーズ』が決まったので、役作りにちょうどよかったです!

全員:(笑)。

藤田:このエピソードの後、話すの、きついね(笑)。

三浦:もう俺はめっちゃ普通にいきます! 2~3年くらい前の夏、舞台終わりにみんなで近くのビアガーデンに行ったことです。初ビアガーデンだったので、すごく楽しかったです。

 

 

藤田:その話で思い出した。『八王子ゾンビーズ』の撮影中、地方でみんなで泊まっていたんです。集会所みたいなところがあったので、みんなでいろいろ持ち込んで、飲み会とかをやったよね。夏のいい思い出でした。

 

 

全員:めちゃめちゃいい夏の思い出でした!(取材・文:赤山恭子、写真:林孝典)

 

 

映画『八王子ゾンビーズ』は2020年7月17日(金)より全国公開。

 

 

出演:山下健二郎、久保田悠来、藤田玲、丘山晴己、小澤雄太、高野洸、牧島輝、三浦海里、才川コージ ほか
公式サイト:hachioji-zombies.com/

WRITER

  • 赤山恭子
  •        

  • エンタメ雑誌編集部に勤務後、ハリウッド映画の版権を買い付け日本国内で販売するディストリビューターを経て、フリーの映画/エンタメライターに。現在は、監督・俳優のインタビューを中心に、現場取材、映画紹介コーナーほかも担当。相手の心に寄り添い、時に突っ込みながら深めてゆくインタビューが持ち味。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ