週間 火曜をピークに雨量さらに増える 警戒続く1週間

日直予報士

2020/7/13 12:00

記録的な大雨が続く中、九州から関東はあす14日(火)をピークにさらに雨の量が増える見通し。週末にかけてもまだ雨は続きそうです。

●雨のピーク あす昼頃にかけて

あす14日(火)も前線の活動が活発です。特に午前中は九州から関東に発達した雨雲がかかり、さらに雨の量が増えそうです。
九州北部や中国地方は朝にかけて、九州南部や四国は昼頃まで局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。東海や北陸、甲信も雨のピークは昼頃にかけてで、大きな被害が出た岐阜県でも、非常に激しい雨の降る所がありそうです。
関東は断続的に雨が降り、午前中は南部で活発な雨雲がかかるでしょう。朝の通勤時間帯は広くザーザー降りの雨に。神奈川県では局地的に激しい雨が降り、大雨となりそうです。
東北は雲が多く、南部を中心に雨が降るでしょう。日差しがある北海道も所々でにわか雨がありそうです。
沖縄はおおむね晴れますが、午後はにわか雨に注意して下さい。

●週の後半 前線の活動弱まるが・・

あさって15日(水)以降も低気圧や梅雨前線の影響を受けますが、前線の活動は少し弱まる見込みです。ただ、週末にかけても九州から東北は太平洋側の地域を中心に雨の降る日が多いでしょう。前線の活動の程度によっては18日(土)頃にかけて大雨となるおそれがあります。
九州では7月3日の降り始めから約2週間にもわたる記録的な大雨で、緊張感の続く毎日です。週の後半ほど蒸し暑くなりますので、風通しを良くする、こまめに水分をとるなど、熱中症にも注意しながらお過ごし下さい。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ