丘山晴己×牧島輝「ゾーンに入っていた」至高のコメディパートを振り返る<『八王子ゾンビーズ』リレーインタビュー>

 

山下健二郎さん(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が主演を務める映画『八王子ゾンビーズ』が、7月17日(金)よりついに全国公開を迎えます。

 

ダンサーになる夢をあきらめ、お寺で修行する羽吹隆(山下さん)と、寺に棲みつき、とある理由で成仏できないイケメンゾンビ集団“八王子ゾンビーズ”のすったもんだをコミカルに描いた本作。

歌あり、ダンスあり、笑いあり、涙あり(!?)の新感覚エンターテインメントとなっており、さらに“ゾンビーズ”勢には2.5次元で活躍する俳優がずらり出演していることでも話題です。

めるもでは3回に分けてキャストにリレーインタビューを実施。第1弾には、ゾンビーズから快斗を演じた丘山晴己さん、そして瀧を演じた牧島輝さんに登場いただき、撮影の思い出をたっぷり伺いました!

 

 

――『八王子ゾンビーズ』において、おふたりは特にコメディパートを担っていたかと思います。振り返っていかがでしたか?

 

丘山晴己:もう、頑張ったよね!

牧島輝:隣で見ていて、僕はとにかく面白かったですね(笑)。台本の中で「ここで面白いことをする」みたいなト書きがあったんですけど、それに応える丘山さんがすごくて!

丘山:今までと全然作り方が違ったよね。面白かったけど、何よりも、朝6時からやってたから……。

牧島:あのテンションをキープするのが大変でしたよね。

丘山:ただ単にやっているんじゃなくて、ずっとフルエンジンでいってました。いつでもいける状態にしないと、(監督の鈴木)おさむさんに、「面白くないからもう1回」と言われちゃうから(笑)。

 

――ある種、演技以外のプレッシャーのようなものも感じながら、なさっていたんですね。

 

丘山:でも、俺は本当に皆さんがいてくれたから、快斗ができあがったのかなと感じました。輝と俺のふたりだけがボケチームのほうに入っていたから、周りがどう拾ってくれるかのせめぎ合いで。

牧島:そうです、そうです!

丘山:羽吹くん(山下健二郎さん)、仁くん(久保田悠来さん)、琉斗くん(藤田玲さん)あたりが、俺たちを本当に引っ張ってくれた。だから、ありがたかったですね。

牧島:僕は背中を押しまくられました。「今じゃないんですけど……」みたいなときも「いけいけ! ボケろ!」みたいな(笑)。でも、それがチーム感として出ていて、面白かったです。

丘山:ひとつのチームとしてすごく楽しかったから、合宿みたいだったよね。いい現場でした、本当に。

 

――合宿のような形で、過ごされていたんですね。

 

丘山:うん。行きとか帰りも一緒だったし「あの夏の……やばかったよね!」という感じで思い出すんです。

牧島:撮影以外でも、めちゃめちゃコミュニケーションを取っていましたよね。サウナに行ったりもしましたし、ごはんもしょっちゅう行っていましたし。

丘山:終わった後のサウナ、ハマったよね~。

牧島:終わってみると、あっという間すぎて、「もう1年経ったんだ」という感じ、しません? 一瞬に感じました。

丘山:そう、めっちゃ早い。舞台に関しては、もう2年経ったよね? それってすごいなと思った。

 

――お話されているように、おふたりは2018年の同名舞台から続投しています。映画版に臨むにあたり、準備されたことはあったんですか?

 

丘山:準備は、ないですね!!

牧島:(笑)。僕は、めちゃめちゃ準備しようと思って、舞台のDVDを観てから撮影に入ろうとして観たんですけど、舞台ではいまいちしゃべってなくて、あまり思い出せなかったんです(苦笑)。だから、もう1回役を作り直そうと試行錯誤して。撮影初日、それぞれ役名を言って自己紹介するところがあったんですけど、自分の番がきて「瀧!」と言ったときに、全っ然違うのが出てきちゃって。

丘山:そうだ、覚えてる(笑)!!

牧島:僕は自分で作っていった感じが瀧だと思っていたんですけど、みんなに「いや、お前そんなんじゃなかったよ」と、めちゃくちゃツッコまれて。

丘山:みんな言ってたよね(笑)。

 

――牧島さんにとっては、丘山さんもですし、多彩な先輩がたくさんいらっしゃるので、心強い現場だったんじゃないですか?

 

牧島:本当に心強かったです! たとえ、僕が失敗したり、スベったりしても「何とかなる」と思わせてくれました。そうしてくれる先輩たちがいるからこそ、自分からいろいろできたりしたのかもしれないです。

丘山:俺もそうですよ。自分が何かやっても……(チラシを見て)この3人(※山下健二郎さん、久保田悠来さん、藤田玲さん)の誰かが拾ってくれる、どうにかしてくれるんだろうな、という安心感があったから、できました。恵まれた環境でしたね。先ほど話していたみたいに、「ここで面白いことをする」というト書きがあるだけに、そのハードルはやっぱりあったんです。「面白くなかったらどうなんのよ……」って。

 

牧島:でも、丘山さんが面白すぎて、みんな、丘山さんのターンが来るのを前のめりで待ってるんですよ(笑)。それに応えているから、丘山さんは本当にすごいなと思いました。

丘山:でも、あのときは、やっぱりゾーンに入ってたんだよね。今、思い返したら、あんなこと言わないじゃん、絶対。

牧島:絶対、言わないですね(笑)。

丘山:ふたりとも言わないことなのに、ゾーンに入って演じてるから、本当の快斗と瀧だったんじゃないですかね。

 

――また、舞台版から続いて山下さんが座長を務められていましたが、おふたりにとって、山下さんはどういう存在ですか?

 

丘山:本当に頼れる座長でした。みんな、それぞれ忙しかったとは思うんですけど、健二郎くんももちろん忙しいですし、中でもダントツな台詞量だったんです。1日で50~60ページある……みたいなときでも、健二郎くんは全部覚えてきていますし。それを含めた上で、僕たちのやり取りもまとめてくれて。そういった意味でも、本当に中心に立つリーダーだったと思います。

牧島:本当に、そうですよね。僕たちがこんなに好き勝手やってるのに、最終的にまとめて話を進行してくれるから、すごいですよね。それに、健二郎さん自身がめっちゃ明るいから、周りのみんなも明るくなるんです。

丘山:そうだよね。プライベートでいえば、俺は、健二郎くんと時々ごはんも行っていましたね。以前、海外旅行中にニアミスがあって、お互いインスタで「いるの!?」みたいに言ってたりとか(笑)。あと(輝と)「一緒のブレスレット買おう」と話して見に行ったことあるじゃん? それ、健二郎くんも「欲しい」って言ってて、「お揃いにしよう」ってなったよ。

牧島:渋谷に買いに行ったやつですよね!? でも、僕にはまだ早くて買えなかったので、「いつか」と思ってます。

 

――ありがとうございました。最後に、本作の公開が夏ということにかけて、おふたりの心に残っている夏の思い出を教えていただけますか?

 

牧島:僕、誕生日が8月3日なんです。去年、ちょうど『八王子ゾンビーズ』の撮影中だったので、僕の顔の描かれたケーキで皆にお祝いしてもらえたんです。すごくうれしかった夏の思い出でした。

 

丘山:楽しかったよね~。現場のお誕生日って、やっぱうれしいんですよね。俺も、やっぱりこの撮影中に誕生日を迎えたかったです。うらやましいなって、ジェラシーでした。

牧島:(笑)。

丘山:夏の思い出はー……、どういう思い出がいいですか? いろいろあるんですけど、甘い思い出がいいですか?

 

――ぜひ、甘い思い出でお願いします。

 

丘山:僕、アメリカにずっと住んでいたんですけど、夏休みになると長期休みがもらえるんですね。だから、飛行機で帰ってこようとしたときに、全部パッキングして行ったら、お決まりの…パスポートを忘れてしまって。空港とか、いろいろなところを走り回って探して、探して。……そうしたらポケットにあった、っていう……。

牧島:(笑)。

丘山:ずっとポケットにあった、っていう……。

牧島:残念でしたね。……けど、甘い思い出ではなかったですね(笑)。

丘山:苦い思い出にしてみました(笑)。

 

(取材・文:赤山恭子/写真:林孝典)

 

映画『八王子ゾンビーズ』は2020年7月17日(金)より全国公開。

 

出演:山下健二郎、久保田悠来、藤田玲、丘山晴己、小澤雄太、高野洸、牧島輝、三浦海里、才川コージ ほか
公式サイト:hachioji-zombies.com/

WRITER

  • 赤山恭子
  •        

  • エンタメ雑誌編集部に勤務後、ハリウッド映画の版権を買い付け日本国内で販売するディストリビューターを経て、フリーの映画/エンタメライターに。現在は、監督・俳優のインタビューを中心に、現場取材、映画紹介コーナーほかも担当。相手の心に寄り添い、時に突っ込みながら深めてゆくインタビューが持ち味。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ