【12星座別 7/12~7/18の運勢】夏本番を迎える前の“小休憩”

カナウ

2020/7/13 09:43


【12星座別 7/12~7/18の運勢】夏本番を迎える前の“小休憩”

12日に逆行していた水星が順行に戻りますが、それ以外では星の動きに乏しい一週間です。イレギュラーだった業務が通常運転に戻ったり、少し偏っていた関係が正常化したりと、仕事も恋愛も良い流れに整っていくでしょう。
梅雨のジメジメが続きますが、7月は連休を迎える頃に夏本番の運気が流れ込みます。今週は色々なものが活気づく前の“小休憩”になりそうです。
そんな7/12~7/18の運勢を12星座別に詳しく見ていきましょう。

目次

おひつじ座(牡羊座)3月21日~4月19日生まれ


牡羊座

13日は、プライベートを優先したいのに仕事が忙しくて自分のことに集中できないかもしれません。身動きが取りづらくなればイライラしがちになりますが、職場や大切な人の前では笑顔を忘れずに。
家族や家のことでゴタゴタがあった場合、週明けからスッキリしてくるでしょう。落ち着いて見直すと、実は誤解があったとか、解決の糸口を見つけられるはずです。

恋愛運は「準備」と「計画」に適した一週間です。
この週は具体的に何かあるというより、次の一手を考えておくタイミング。
うまくいっていないと感じる人は、何が原因なのかを突き詰めて潰すようにしましょう。順調に進展している人は、もっと良い状態に持っていくにはどうするかを考えてみてください。
次週は、恋の花が一気に咲き乱れるような運気に包まれます。勝負をかけるなら連休あたりがいいかもしれません。

仕事については、「公私のバランスをうまく取ること」がカギに。忙しくても場当たり的に行動するのではなく、よく考えてから動きましょう。
また、頭の中のアイデアを実現する足がかりを作るには良い時期です。熟考することで、今まで気づかなかった自分の本音に気づく可能性もあります。

おうし座(牡牛座)4月20日~5月20日生まれ


雄牛座

先週までに比べるとコミュニケーションがスムーズになります。
13日までは少し思惑が外れるかもしれませんが、火曜以降は比較的スムーズ。すれ違いをしていた人と解り合えたり、都合が合わず実現しなかったアポが取れたりするでしょう。

先月あきらめたことがある人は、この週でもう一度声をかけてみてください。
「あの人とじっくり話してみたい」「この企業とコンタクトを取りたい」など、気になる相手がいるならリベンジできるはずです。
また、15日は周囲と関わることで自信がつくラッキーデー。
上司に褒められるとか、友だちに慰められるなど、あたたかな気持ちになれそうです。「私はこんなにも素敵」と自分の魅力を再確認できるでしょう。

恋愛運は先週より良い感じ。派手に恋事件が起こるとはいかないまでも、会話やLINEなど言葉を交わすことで動きがあるはずです。
ただ、チャンスがめぐってくるのを待つだけでは、幸せを手に入れるのに効率が悪いでしょう。自分からアクションを起こしてきっかけ作りをすると良さそうです。

フリーの人は自分磨きに専念を。友人との恋バナで得する情報を教えてもらえるかもしれません。
仕事については、新しいことを学ぶのに良い時期です。少し先の未来まで考えて、自分に必要な知識やスキルを考えてみましょう。

ふたご座(双子座)5月21日~6月21日生まれ


双子座

安定した運気に包まれています。自覚はそれほどないかもしれませんが、自分が思う以上にチャンスがあちこちに散りばめられているでしょう。
人間関係は特にプラスになることが多く、楽しそうなお誘いには乗っておいた方がいいかも。ソーシャルディスタンスを考慮しながらも、女子会や異業種交流会、オンラインで知り合った人たちとのオフ会などでは充実した時間が過ごせるはずです。

ただし、13日は自分と周囲の思惑にズレがあってギクシャクしそう。冷静に周りの意見を聞いて、自己中な行動を取らないように気をつけて。

恋愛運は、受け身でいてもチャンスはあるでしょうが、そのかわり選り好みはできない様子。
好きな人がいるなら、もっと仲良くなるきっかけを自分で作って。
フリーの人は待ちに徹しても良いですが、恋人の条件がハッキリしているなら「誰でもいいから誘って」と待つのはあまり意味がないかも。マッチングアプリやオンライン婚活で条件に合う異性を探しましょう。

仕事については、「何が売上につながるのか?」を考えると良さそうです。
事務職や専門職など売上にあまり関係ない業務に携わる人は、生産性を高めることにポイントを置いて。
物事の境界線をきっちり区切るより、あえて曖昧にさせた方がいいかもしれません。自分とは違う考えを持つ上司・同僚の意見にも耳を傾けると、目からウロコの発見があるでしょう。

かに座(蟹座)6月22日~7月22日生まれ


蟹座

先月から「何をしてもイマイチ」と感じていた人は停滞感から抜け出せそうです。
考えても答えが出なかったことに光を見出したり、良い意味で自分の振り返りができたりするでしょう。

仕事については特に、今までとは真逆の見方ができるようになるなど、目からウロコが落ちる気づきがあるはず。自分の専門外でチャンスをつかむ、普段なら接点がないようなグループとコラボするといった可能性もあります。
2020年下半期は仕事運に勢いがあって、一気に頂点へのぼりつめる人もいれば、忙しさに翻弄されてしまう人もいます。
この半年間で自分は何を頑張るのかをハッキリさせておくと、運命に振り回されずに済むはず。有意義な時間が過ごせるでしょう。

恋愛運はパートナーシップに注目。
好きな人がいる人は13日に気をつけて。デートや顔を合わせる予定が入っているなら、急な残業や上司からのお誘いで邪魔されるかもしれません。

フリーの人は、新しい出会いがあってもピンとこない可能性が。ただ、後から仲良くなる場合もあるので名刺やLINEの交換はしておいて損はなさそう。
交際中の人はギクシャクしがちに。今週に限ってはあまり一緒にいない方がいいかもしれません。お互いに気配りを大切に。

しし座(獅子座)7月23日~8月22日生まれ


獅子座

この一週間はあまり無理をしないことが大切です。
恋愛にしても仕事にしても、気合を入れて突き進むなら次週の連休あたりが良さそう。それまではエネルギーを温存して、「準備期」と考えるといいでしょう。

交友関係がにぎわい、飲み会や人が集まるイベントに誘われる機会が増えるかもしれません。
普段はあまり絡まないタイプの人や、めったに顔を合わせない人と会うチャンスもありそうですが、感染対策の関係上、どういうシチュエーションで会うのかはよく確認を。狭い店内でギューギュー詰めの宴会は避けてオンライン飲み会にするなどの配慮が必要です。

ただ、今週は、人には恵まれても恋愛のきっかけはつかみづらいはず。
自分から動かないと何もなく一週間が終わってしまうので、彼氏が欲しい人は積極的になりましょう。

恋に関して「こうしなくちゃいけない」と強く思い込んでいることは、第三者目線でジャッジすると縛りが解けるかもしれません。一人で考えて答えが出ない時は、一人で悩まず友人に相談すると良さそうです。

仕事運は、頭の中のアイデアを具体的な形にすることがカギに。
13日は出鼻をくじかれる日になりそうですが、チームワークを大切にして周囲からサポートしてもらえば大丈夫。やることがたくさん出てきたら、独断で処理するより上司に優先順位を聞いたり、同僚と手分けしたりすると片付けやすくなります。

おとめ座(乙女座)8月23日~9月22日生まれ


乙女座

恋愛運は13日が注意デー。周囲の思惑に翻弄されてマゴマゴしそう。友人のアドバイスやネット記事に迷わされる時は、本当に注目すべきことをよく見極めて。
何かに頼りたくなるのは「自信がないから」ではなく、分析や観察が足りないからかもしれません。

15日、16日は恋のチャンスデー。ムリめな相手や遠距離の恋人とも気持ちが通じ合えるはずなので諦めないで。報われない恋に悩んでいた人は、ホッとできる瞬間がありそうです。
男友達や同僚を好きな人は一歩踏み出すことが大切。今までの関係を壊して新しく作り替えるつもりでアプローチしてみましょう。

仕事については、的確な指示をもらってサクサク動けるはず。
一方的にどんどん命令を下す上司や、パワハラと思えるような発言をする先輩にはカチンと来るでしょうが、仕事ができる人の話はとりあえず聞いておいて損はなさそう。
文句を言うにしても、その人の指示通りに動いてからがいいかもしれません。「言い方がムカつく」と感じるにせよ、ちゃんと結果が出るなら指示としては間違っていないでしょう。

このところ、人間関係にイマイチ感があったなら週明けからスッキリするはず。
「仲良しと思ったけれど、実はそうでもなかった」と思う人とは距離を置くといいですし、今の自分に必要だと感じる人は自然と関わりが続いていくようです。

てんびん座(天秤座)9月23日~10月23日生まれ


天秤座

仕事については「見直し・やり直し」を経て、いよいよゴーサインを出すタイミングです。
準備や振り返りがちゃんとできていれば、どこに向かって何をすればいいのかがわかるはず。
大きな決断を下す人もいれば、ポジションや環境をガラッと変える人もいるかもしれません。

あるいは、しばらく試行錯誤していた案件がスルスルと動き出す可能性も。週明けの月曜には状況が一変しているなど、変更が出ることがきっかけになりそうです。
ただ、仕事の重要度が増すほどプライベートとのバランスが偏りがちに。
好きな人がいるなら、恋愛が後回しになりやすいので気をつけてください。交際中の人は、会えなくても恋人にはマメにLINEするといいでしょう。

13日は特にバタバタしやすい日です。
目先のことを追うのではなく、広い視野でベストな選択を見極めて。恋と仕事の板挟みに遭っても打破できるポイントが見つかるはずです。

月曜を過ぎると運気は上々。勢いに乗れるので好きな人との関係がトントン拍子に進んだり、新しい出会いに恵まれたりするかもしれません。
普段はあまり接点がない人やSNSで知り合う人がキーパーソンになる場合もあります。

さそり座(蠍座)10月24日~11月21日生まれ


蠍座

15日は恋のチャンスデー。好きな人がいるなら、距離を縮めるだけでなく関係性をガラッと変えられそうです。
受け身にならず、自分から好きな人に声をかけたり、いつも以上に大胆なアプローチをしたりするといいでしょう。

さそり座さんには奥手なところがあり、ストレートな愛情表現は苦手かもしれません。ですが、態度で何となく示すより明確な言葉で気持ちを表した方がうまくいくはず。
「恥ずかしいから言えない」と遠慮していると損をしてしまいます。

フリーの人は、場当たり的に動くより先の見通しを立てて動くと良いようです。
どんな恋が自分の理想なのかを考えると、マッチングアプリで『いいね』を送る基準が変わるでしょう。

仕事については、大切な役目を任されるとか肩書が変わるなど、気合が入るきっかけがあるかも。
やらなければいけないことが増えて忙しくなる可能性もありますが、上司や取引先からはうれしい言葉をもらえそうです。「周りはちゃんと見てくれていた」「正当に評価してくれた」と満足できるでしょう。

いて座(射手座)11月22日~12月21日生まれ


射手座

恋愛運は攻めのスタンスで勝ちを狙っていくタイミング。
13日は注意デーとして気を付けたいのですが、それ以外はおおむね運気良好。高いテンションを維持できて楽しい場面もあるはずです。
自分を信じて積極的になるほど甘い展開が期待できるので、チャンスをただ待つよりは自ら動いた方がいいでしょう。

13日は自分と相手の思惑がすれ違い、横やりが入るなどつまずきがちに。特別な約束がないなら、恋愛より仕事や友人との付き合いを優先した方が良い日です。

仕事については、「自ら求める・作り出す」ではなく「与えられるものに応える」と良さそう。
何をやりたいのか、どんなスキルを持っているのかと聞かれる機会が多くなるかもしれません。また、すでに出来上がったステージに引っ張り上げられるような場面もあるので、いざという時にはしっかり自己アピールすることが大事。

また、「私はこういうことができる。こんなことをしたい」と職場やSNSでアピールしておき、自分を必要としてくれる人が現れるのを待つというのもアリ。
副業や新しい挑戦をするなら、そういうやり方がいいでしょう。インスタグラムやツイッター、facebookを上手に活用すると活躍の場が見つかりやすくなります。

やぎ座(山羊座))12月22日~1月19日生まれ


山羊座

大切な人との関係性に注目したい一週間です。
恋愛面も仕事面も、自分にとって大切な人とのやり取りは慎重かつ丁寧に。気が抜けない展開があったり、すれ違いが起きたりしてハラハラするかもしれません。

ただ、ギクシャクしても言葉を交わすことでちゃんとフォローできるはず。気まずいからといってだんまりを決め込まない方がいいでしょう。見て見ぬふりをすれば、お相手との信頼関係にヒビが入ってしまいます。

恋愛運は上々。今まで「あと一歩のところでつまずく」と停滞していたなら、この週で決着がつけられるでしょう。
モタモタしていた関係がスルスル進展するとか、何を考えているかわからなかった恋人の気持ちがハッキリするなど心が晴れるようです。

15日、16日は恋のチャンスデー。フリーの人はマッチングした人とデートをするのに良いタイミングです。3密を避けながらにはなりますが、飲み会や合コンも期待できるので頑張って。
好きな人がいるなら、ラブラブなおしゃべりが楽しめるでしょう。ぜひ二人で過ごす約束を。

仕事については、日々の業務に自分の個性を反映できそうです。
「こうしたらいいのに」「こうすればもっと良くなる」と思うことは、どんどん発言してみてください。周囲も賛同してくれれば仕事の進め方や内容が変わるかもしれません。

みずがめ座(水瓶座)1月20日~2月18日生まれ


水瓶座

恋愛運が好調。心浮き立つ一週間になりそうです。
自分がドラマの主人公になったかのように振る舞うと意外にうまくいくはず。「こんなこと言って恥ずかしいな」と思いながらも、キザな発言や意味ありげな態度が相手の心を揺さぶるでしょう。

また、この週は頭の中で思うだけでなく、希望や意見はきちんとアピールすることが大事。「こうなったらいいな」と期待して待つだけでは時間だけが過ぎてしまいます。
17日は特に、少し強引なくらいがちょうど良いかもしれません。ハッキリと意思表示することでチャンスをつかめるはず。

好きな人がいる人は、次週の連休あたりに楽しいイベントを企画してみると良さそう。お相手との関係が盛り上がりやすく、充実したひとときが過ごせるでしょう。
仕事については、細々としたことを整備していくと日々の業務がラクになるかも。
社内ルールをしっかり固めるとか、重要度の低い雑務を廃止するといったことが一日のタイムスケジュールをシンプルにするはず。本当にやりたい仕事に時間と手間をかけられるようになるでしょう。

この7月は先月までに比べると自由に動けるはずなので、遠慮しなくて大丈夫。「これをやらなくちゃいけない」「これしかできない」と思い込めば損をするだけです。今は自分が思う以上にのびのび動けると思ってください。

うお座(魚座)2月19日~3月20日生まれ


魚座

恋愛運が良い感じ。運命の詰まりが取れたというか、つまずきなく軽やかに走っていけるイメージです。
先週まではうまくいかなかったことも、この週で再チャレンジすればうまくいくかもしれません。気になるお相手にデートをOKしてもらうとか、アプリで見つけた高嶺の花とマッチングできるなどうれしい展開が実現するはず。

この一週間は自分が主役と思って。自意識過剰がちょうど良いので、「調子に乗ると失敗する」なんて思わないように。大胆に行動を起こしていきましょう。

ただし13日だけは注意が必要。「こうしたい」と思うことが阻まれてジレンマを感じるかもしれません。
特別な約束がないなら、月曜日は恋をお休みしたほうが良さそうです。

仕事については、シンプルに自分の好きなものを追求できるでしょう。
直感がいつも以上に研ぎ澄まされて、「これは良い。これはダメ」という見極めが正しくできるはず。決断を下すときは周囲に意見を求めるより、自分の感覚を信じた方が間違いありません。

とはいえ、今は職場の人間関係も良好なので、一匹狼になりきるのはもったいないでしょう。スタンドプレーに徹するタイミングと、チームワークを重視するタイミングは吟味すると良さそうです。

(沙木貴咲/占い師)
(itabamoe/イラストレーター)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ