玄関前に謎の衣類、近所から洗濯物を盗んだ猫の仕業と知り飼い主唖然(米)

アメリカに住むある夫婦の自宅玄関前に、毎日のように靴下やボクサーパンツなどが置かれる謎の事態が起きた。不審に思った夫婦は犯人を突き止めようと玄関先に監視カメラを設置したが、その犯人はなんと自分達が飼っていた猫だったことが判明し驚いたという。『People.com』『WWLTV.com』などが伝えた。

米ルイジアナ州ジェファーソン郡メテリー在住のヘザー・バルディさん(Heather Bardi)宅で先月下旬頃、玄関前に何者かが衣類を置き去っていくという不思議な出来事があった。置かれていたのはタンクトップとナイキの靴下だったようだ。

当初ヘザーさん家族は、近所の人がバーなどの帰りに「酔った勢いで置いていったのでは?」と思っていた。しかしその後も水着やボクサーパンツ、台所用布巾やタオルなどが毎日のように置かれており、どれも洗濯されたばかりの綺麗な物だったという。

ヘザーさんは夫のジョーイさん(Joey)と共に、原因を突き止めるため玄関前に監視カメラを設置した。そして後日、映像を確認したところ夫婦が予想だにしなかった犯人が明らかになった。映像には白と黒の模様の猫が黒い靴下のような物をくわえて持ってくる姿があった。

謎の衣類を置いていく犯人は、夫婦が飼っている“アドミラル・ギャラクティカ(Admiral Galacticat)”という名の猫だったのだ。どうやらアドミラル・ギャラクティカは近所の家から洗濯済みの衣類を盗んでは自宅に持ち帰り、玄関先に置きっぱなしにしていたようだ。

ヘザーさんはメテリー地区に住む住人が集うFacebookに、お詫びのメッセージを投稿した。

「監視カメラを見たら、近所の家の洗濯物を持ち帰ってくるうちの猫が映っていました。きっと近所の誰かが服が失くなっていることに頭を悩ませていると思うんです。犯人はうちの猫のアドミラルです。」

「もし、皆さんが失くなった洗濯物を回収したい場合は、うちのアドミラルの唾液などがついていると思うので、きちんと洗ってお返しします。うちに洗濯物を取りに来た際、もしアドミラルを見かけたらこの愚かな猫を笑ってやってください。それではメッセージをお待ちしております。うちの猫は泥棒猫です。今回は本当に申し訳ございませんでした。」

ヘザーさんの投稿に対して、洗濯物を盗まれた怒りなどを露わにする人は全く見られず、逆に多くの人に笑いをもたらしたようだ。靴下を盗まれた被害者の1人で近所に住むケーシー・オニールさん(Casey O’Neal)は、次のように語っている。

「(投稿を見て)猫に服を盗まれるなんてどんな人達なんだ…なんて思ってたんけど、まさか自分だったなんて。彼女の投稿写真にナイキの靴下が写ってたけど、それは僕の靴下だったから。僕は猫の頭を撫でながら『君は盗みをやめなくちゃね』って言ってやったよ。」

オニールさんは笑いながら語り、ヘザーさん夫婦と和解したことを明かしている。

画像は『People.com 2020年7月8日付「‘Kleptomaniac’ Kitty Caught Stealing Neighbors’ Clean Laundry, Bathing Suits, Socks and More」(PHOTO: HEATHER BARDI/ INSTAGRAM)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ