草なぎ剛、大河ドラマで徳川慶喜に! 吉沢亮主演『青天を衝け』キャスト20名一挙発表

クランクイン!

2020/7/10 17:00

 俳優の吉沢亮が主演する、2021年放送予定のNHK大河ドラマ『青天を衝け』より、第1弾キャスト陣が一挙発表され、俳優の草なぎ剛が、主人公・渋沢栄一を重用する将軍・徳川慶喜を演じることがわかった。

「日本資本主義の父」と呼ばれ、新一万円札の顔としても注目を集める渋沢栄一の人生を描く、2021年の新大河ドラマ『青天を衝け』。渋沢家の長男として生まれ、父・市郎右衛門の教えを受け、藍玉づくりの仕事の奥深さを知ることで思わぬ商才を発揮していくことになる主人公・栄一を俳優の吉沢亮が演じる。脚本は、連続テレビ小説『あさが来た』などの大森美香。

発表された第1弾キャストは、栄一の家族や一族、その後栄一と関わってくる将軍家などのキャスト陣。中でも、栄一を重用し、終生に及び栄一と厚い信頼関係を結んだ将軍・徳川慶喜役には、主演映画『ミッドナイトスワン』の公開も控える俳優の草なぎが決定した。

そのほか、栄一の父・市郎右衛門を小林薫、母・ゑいを和久井映見、姉・なかを村川絵梨、妹・ていを藤野涼子が演じ、従兄の喜作を高良健吾、喜作の妻・よしを成海璃子が担当する。さらに、栄一の従妹で幼なじみ・尾高千代を橋本愛、その兄弟を田辺誠一、満島真之介、岡田健史が、渋沢一族の東の家の伯父を平泉成、伯母を朝加真由美、栄一に影響を与える砲術家・高島秋帆を玉木宏がそれぞれ演じる。

さらに、草なぎ演じる慶喜の父で水戸藩主・徳川斉昭を竹中直人、その側近役で渡辺いっけい、津田寛治、慶喜の側近・平岡円四郎役に堤真一、その妻を木村佳乃、勘定奉行の川路聖謨に平田満が扮するなど、豪華キャスト陣が集結する。

主演の吉沢は、「これほど豪華で、実力のある先輩方と共に作り上げる『青天を衝け』。とても楽しみです」と語り、「栄一のように、視聴者の方々を含め、この作品に関わった全ての人に少しでも幸福が訪れるような、愛のある大河ドラマになればと。自分にとって最大の挑戦。皆様、御手柔らかにお願いします。お楽しみに!!」とコメント。

徳川慶喜役の草なぎは「パワーのあるストーリーを感覚を研ぎ澄ませて演じ、みなさんの記憶に深く残る徳川慶喜にしたいです。慶喜役は、僕の人生にとっても大きな役になると思います。全力をもって挑みたいと思っています」と意気込みを語った。

吉沢亮が主演を務める新大河ドラマ『青天を衝け』はNHK総合にて2021年放送予定。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ